効率的なソフトウェア開発を武器に顧客を増やしている厳選の3社

ノートパソコンとタブレット

更新日:2017年09月26日 | 公開日:2016年08月21日

ソフトウェア開発を行う上での効率は、実際に開発するシステムの規模が大きくなればなるほど低下するといわれています。

では、ソフトウェア開発で効率化を高め、生産性を上げるにはどうしたらいいのでしょう。
設計や開発、テストといった作業を人間ひとりが一日に行える量には限界があり、飛躍的に向上させる方法はまずないといってもいいでしょう。

ツールを使用して効率アップを図る

効率や生産性を飛躍的な向上ことは難しいですが、「向上させるための取り組み」という点ではいくつかの施策はあります。
例えば、これまでは人が行っていた作業を自動化すれば、開発要員の負担を減らすことにもなり、その結果生産性を向上させることができるでしょう。
さらにはプロジェクト内の成果物の作成・管理を共通のツールで行うことで、成果物の管理などを効率よく行うことも可能となるのではないでしょうか。

今回はそうした効率化に注力しながら開発を行っている3つの開発会社をご紹介します。

1.永山コンピューターサービス株式会社

「開発」「検証」「基盤運用」の3つを軸にした事業を展開している企業で、創業以来、長きに渡る歴史の中で蓄積された豊富なノウハウや実績を基に、各分野の専門スキルと資格でお客様のビジネスニーズにお応えしています。

2.アドバンスドソフトウェア株式会社

Web/PCアプリケーション開発、Android/iOS関連ソフトウェア開発、制御系ソフトウェア開発、セキュリティ関連システム開発などを行っている企業です。
分析から、設計、製造、総合テストまで、ソフトウェア開発作業全般を行っています。

アドバンスドソフトウェア株式会社紹介ページはコチラ

3.ハートランド・データ株式会社

組込ソフトウェアの受託開発をはじめ、ホームオーディオやカーオーディオに採用されているネットワークオーディオといった各種ソリューションの開発、ソフトウェア開発者向け開発サポートツール「動的テストツールDT10」といった自社製品の開発・販売など多くのお客様から価値を認めて頂ける商品を提供し続けています。

ハートランド・データ株式会社紹介ページはコチラ

【まとめ】テストツールを導入することも効率アップにつながる

プロジェクトの中でもテスト工程は開発全体の中でも特に作業工数を占めるこ割合が高くなっています。
そんな時はテストツールなどを導入し、テストを自動化することも効率化アップにつながるのではないでしょうか。
こうした開発時の効率化を常に考えている会社はとても有能で多くの顧客を持っていたりするものです。

BtoBのマッチングサイト『アイミツ』には、豊富な企業データベースの中から、お客様に最適な開発会社をご紹介させていただいていますが、有能で顧客からも信頼を得ているシステム開発会社がたくさん登録されています。

開発会社選びに関しては専門のコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでもお気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ