メールフォームレンタルが必要なら定評のあるこの4社を検討しよう

パソコンとメール

更新日:2017年09月22日 | 公開日:2017年06月30日

メールフォームはコーポレートサイトの問い合わせ窓口や、アンケート、プレゼント応募、商品購入などさまざまな用途で利用されます。
ホームページを開設していてユーザーからのコンタクトを受ける場所がまったくない、というのは不便ですしユーザーによっては不信感を抱く場合もあります。
新聞や雑誌、チラシなどの広告に必ず連絡先を入れるように、webでもコンタクトの窓口を設けるのは必須と言ってよいでしょう。

もし、自社のホームページにフォームによるコンタクト窓口がなくて電話やFAXだけしか記載していない、という場合にはぜひ手軽に導入できるメールフォームレンタルサービスを導入してみましょう。
また、ホームページからのコンタクトを期待しているのにまったく反応がないという場合には、現在のコンタクト用フォームを、この記事で紹介する高機能で洗練されたメールフォームレンタルに変えてみることをおすすめいたします。

メールフォームを有効活用して顧客との接点を増やそう!

webサイトに来てくれたユーザーからの問い合わせを受け付ける一番シンプルな方法は、メールアドレスを記載しておいて、それを自分のメールソフトの「To:」の欄にコピペしてもらったり、クリックするとメールソフトが立ち上がって自動的に「To:」の欄にアドレスが反映されていたりするものです。

確かに最低限のコンタクトはできるのですが、ユーザーからしてみればこれは非常に不親切です。
また、管理する側もメールでデータが送信されてくるたびに1通ずつ開封し、必要なデータを自分のエクセルにまとめたりしないといけませんので、手間がかかります。

レンタルメールフォームサービスを使えば、ユーザーに対して「私たちはいつでもお問い合わせを歓迎しています」という積極性をアピールできますし、送信されてきたデータの管理も簡単です。

フォームズ

「フォームズ」は非常に洗練されたデザインのメールフォームレンタルサービスです。
一昔前は無料から始められるレンタルフォームというと、デザインは二の次というものが多かったのですが、このフォームズでは機能性はもちろん見た目の好感度も抜群です。
用意されたデザインのまま使ってもよいですし、ユーザー側でデザインを自由に変更することもできます。

問い合わせフォーム、申し込みフォーム、アンケートフォームなどを自由に作ることができ、通信はSSLで保護されます。
利用実績も東証一部上場企業や自治体をはじめとして、個人ユーザーにも広く支持されています。
もちろんパソコンだけでなく、スマホ・携帯電話に対応したフォームとなっていますので、パソコンよりもスマホユーザーが多いサイトや、古いタイプのガラケーユーザーを無視したくないという場合にも最適です。
物販コーナーを運営したい場合にも、PayPal決済(クレジットカード決済)で料金の支払いをすることができます。
データ集計機能もありますのでアンケートに利用しても便利です。

3Qフォームplus

「3Qフォームplus」は豊富なテンプレートから自社にピッタリのデザインが探せる、お手軽なメールフォームレンタルサービスです。
テンプレートは、企業サイトの問い合わせフォームや求人フォーム、各種商品のホームページに最適な「ビジネス系」、どんなサイトにも合うかっこいいデザインの「クール系」、華やかなデザインの「キレイ系」、過度な装飾のないすっきりとしたデザインの「シンプル系」が用意されています。
パソコン、モバイルに対応しており、問い合わせデータはデータベースに蓄積されますので、CSV出力したあとエクセルで集計するなども思いのままです。
そのほか、メールフォームの公開期間の指定と、利用人数の上限を設定できたり、どれくらいのお客様がフォームにアクセスしたかを測定できたりといった機能も利用できます。
ベリサイン社のSSLを採用していますので安心感も抜群です。

セキュアフォーム

簡単に設置できることをアピールポイントにしているメールフォームレンタルサービスは多いですが、この「セキュアフォーム」は、「知識がなくてもOK!わずか9秒でお問い合わせ・注文・応募・アンケートフォームなどがつくれます。」(公式サイト)というすぐれものです。
もちろん単に無味乾燥なフォームが並べられるというものではなく、使いやすいシンプルなデザインからポップでかわいいデザインまで、用意された豊富なテンプレートから気に入ったものを選ぶだけです。
資料請求、お見積もり依頼、要望・ご質問、プレゼント応募フォームやアンケートフォームとして、また商品情報を設定するだけの簡単操作で注文フォームとしても利用できます。
パソコンからだけでなく、スマホと携帯にも対応しているのでスマホユーザーメインのサイトにも最適。
無料で始められて、SSL暗号化通信に標準対応していますので、個人情報を扱うことが多いお問い合わせやお申し込みフォームなども安心です。

イージーメールフォーム

自由なデザインで簡単にメールフォームを作成できる「イージーメールフォーム」は、オリジナルHTMLでフォームを自由に作成する方法と、簡易的なフォームを手軽に作成できる方法が用意されています。
メールフォームを自分で作成するにはプログラミングの知識が必要となりますが、この「イージーメールフォーム」はそうした手間が一切ありません。
メールフォームレンタルサービスのなかには、フォームを作成する際に設定ファイルをメモ帳などで書き換えるなどの難しい設定が必須なものもありますが、「イージーメールフォーム」では、すべての設定が使いやすい管理画面で完結しますので、手軽にホームページ上のコンタクト窓口の公開・管理ができます。
管理画面から設定・公開できる機能としては、フォーム送信に対する「自動メール返信機能」、ファイルを送信できる「ファイル添付機能」、メールデータをweb上に保存する「メールボックス機能」、保存されたメールデータを出力する「CSV出力機能」などがあります。
また、設置したフォームをいちいち見に行かなくても、管理画面上から「お問い合わせ」「注文」「応募」「アンケートフォーム」など複数のフォームを一元管理できます。

ホームページを通じたお客様との関係構築に手応えを感じたら次のステップを!

パソコンとコーヒー

以上、定評のあるメールフォームレンタルサービス4社の製品をご紹介いたしました。
非常に洗練されたデザインの「フォームズ」、豊富なテンプレートから自社にピッタリのデザインが探せる「3Qフォームplus」、わずか9秒で公開可能な「セキュアフォーム」、使いやすい機能的な管理画面の「イージーメールフォーム」など、個性のあるメールフォームが無料から利用できます。

こうした無料のメールフォームレンタルサービスを使っているうちに、段々と機能が物足りなくなってきたり、より洗練されたオリジナルのデザインでコンタクト窓口を充実させたい! と思ったりするケースもあるでしょう。
その場合、ひとつの方法はここに紹介した4社のサービスにはより高機能な有料版が提供されているものもありますので、それを検討することです。

さらに、高機能なメールフォームレンタルサービスを活用することで、ホームページを通じたお客様との関係構築に手応えを感じたのであれば、お客様から送信されたデータをさらに活用できるようなオリジナルのシステムを作ってしまうこともおすすめです。
問い合わせをしてくれたお客様に継続してアプローチして、やがて商品購入に結び付けるマーケティングを実施するなど、メールフォームの発展的活用方法もあります。

そうしたご要望があればぜひ「アイミツ」にご相談ください。
御社にピッタリの、信頼できるホームページ作成、web系システム構築会社をご紹介します。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

このテーマに関連する優良会社