システム開発をスムーズに行う方法や方向が明確!アジャイル型開発により成功を収めている3社

更新日:2017年06月02日 | 公開日:2016年07月15日

近年、ソフトウェア開発の分野においても市場競争はさらに激しくなるばかり。
これまで以上に低価格、短納期、高品質を求められ、開発側も疲弊する状況にあります。
そこでいま業界ではプロジェクトを確実に成功させるために「アジャイル型開発」という方法が定着しつつあります。

「俊敏さ」が求められるシステム開発業界のいま

アジャイル(agile)を日本語に置き換えると「素早い」「俊敏な」という意味になります。
アジャイルでは「イテレーション」と呼ばれる期間ごとにクライアントにアプリケーションを提供しますが、このイテレーションの期間が一般的に2週間程度と従来の開発手法と比較し短く、文字通り「素早い」開発手法となっているのです。

従来のウォーターフォール型開発と違い、仕様変更や追加にも柔軟に対応できるなど多くのメリットがあるため、期間短縮であり、競争の激しい分野において採用例が増えてきています。

ということで、ここではアジャイル型開発により成功を収めている3つの業者を紹介します。

1.株式会社アジャイル開発

受託開発サービスからWebコンテンツ制作、スマートフォンアプリ開発サービス、コンサルティングサービスなどを行っている企業です。
不動産関連、会計事務所、通販サイトなど、さまざまな業界での開発実績あり、「システム・インテグレーション」というサービスを通じ、時代の変化に応じた業務支援を行い、お客様のベストパートナーとして高品質なサービスを提供しています。

株式会社アジャイル開発紹介ページはコチラ

2.スターフィールド株式会社

Eコマースを中心に様々なサービスとシステム構築を行っている企業です。
長年の受託開発の経験から、効果的なソーシャルアプリやプロモーションサイトのご提案から、基幹システムとのシステム連携などプラットフォームを問わず幅広い提案をしています。

スターフィールド株式会社紹介ページはコチラ

3.株式会社 アジルコア

主にコンピュータソフトウェアの開発、コンピュータ導入に伴うコンサルタント業務を行っている企業です。
流通、医療、金融関連の開発事例を持つとともに開発方法、技術とも多岐にわたり、お客様から高い評価をいただいています。

株式会社アジルコア紹介ページはコチラ

【まとめ】開発方法はさまざま、最も支持されているのは?

アジャイル以外で開発手法にはいくつか代表的なものに「ウォーターフォール」、「スパイラル」、「プロトタイプ」などがあります。
アジャイルを含めそれぞれメリット、デメリットがありますが、現時点ではアジャイル型が主力となりつつあります。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』には、多くのアジャイルでシステム開発を行う業者も数多く登録されており、お客様の予算やニーズによって自由にお選びいただくことが可能です。

また、システム開発に関してよくわからないといったお客様には専門のコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、まずは気軽にご利用ください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください