システム開発の基本設計から安心して任せられる会社を3社ご紹介!

手のひらに乗せた家の模型とノートパソコン

更新日:2017年09月27日 | 公開日:2016年07月30日

基本設計とはその名のとおり製品の基本的な設計のことであり、その構成や仕様、機能といった部分の概要をまとめたものを指します。
また、場合によっては中枢や基盤的な部分の設計を指していることもあります。
いずれにせよ、こうした基本設計はシステム開発において非常に重要となるものであることは変わりません。

システム開発を依頼するなら「設計」を大事にしている業者を選ぼう!

なお、「設計」には種類と順番があります。
ここでおさらいの意味も含めて確認しておきましょう。

・基本設計
要件定義と詳細設計の中間的なポジションとなるものです。
システム開発でクライアントから「こういうものが欲しいんだよね」というオーダーを受けて、「では、こんなシステムを作っては?」といったやり取りの後で大まかな全体像や概要などを考える工程となります。

・詳細設計
基本設計と実際のプログラミングの中間的なポジションで行われるものです。
基本設計で考えられた概要を元にして、実際のプログラムを行うまでの詳細を落とし込んでいく工程となります。

順番としては、まず基本設計が行われ、次に詳細設計という順番になります。
また、基本設計を「外部設計」、詳細設計を「内部設計」と呼ぶ場合もあります。

こうした設計を重視しながら開発を行っている会社を下記に紹介します。

1.ニシコムソリューションズ 株式会社

ソリューション事業と受託開発以外にも技術者派遣なども行っている企業です。
これまでに数多くのソリューションを手掛けており、現場改革を推進するお客様に対しIT技術を中心とした提案を目指すという姿勢で取り組んでいます。

2.株式会社アークシステム

システム開発におけるさまざまなソリューションを提供している企業です。
従業員数185名 (2017年4月1日現在)を誇るとともに、より多くのお客様にITの持つ価値を高め効果的かつ効率的にビジネスへの貢献ができるよう、最適化、コスト低減、高品質に特化した信頼性の高いシステム環境作りに取り組んでいます。

株式会社アークシステム紹介ページはコチラ

3.昭和コンピュータ株式会社

各種オープンシステムの開発を得意とし、顧客ニーズに沿ったシステム要件の提案から本番運用支援まで一貫したサービスを行い、最新の言語・ツールで開発しています。
「買い手良し、売り手良し、世間良し」の三方良しの精神で事業を遂行するとともに 、お客様の満足や信頼の対価として、社業の発展や生活向上・家族の幸せが与えられるものと常に自覚し、社業に励んでいます。

【まとめ】何事も基本が肝心のシステム開発の世界。

基本設計はわかりやすくいうと、お客様が目に見える部分システムの概要を考える作業です。

システムの全体的な概要やどんな機能があるのか、どれくらいのスケジュールで進行するのかといった点を明確にすることが大事といえます。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』には、システム開発を行っている会社が数多く登録されています。
お客様の予算やニーズをお聞きして最もふさわしい会社をお選びいただくことが可能です。

また、発注に関してよくわからないといったお客様には専門のコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでも気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください