VBAを駆使したシステム開発を得意する頼れる3社をご紹介!

プログラミング言語

更新日:2017年09月27日 | 公開日:2016年07月30日

表計算ソフトとして有名なエクセルですが、このソフトを使ってシステム開発を行うことができるという事実を知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

エクセルにはVBAという機能があるのですが、一般的にはあまり使うことがないため、なかなか浸透しないという事実もあるようです。

VBAは本格的なプログラミング言語

VBAとはVisualBasic for Applications(ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ)の略で、れっきとしたプログラミング開発言語なのです。

現在でもプログラム開発現場で活躍しているプログラム言語の「Visual Basic」とほぼ同等な機能を持っているので、本格的なプログラムを作成する実力を持ったプログラム言語なのです。

この記事ではエクセルを使ってシステム開発や運用などを行っている会社をご紹介したいと思います。

1.株式会社クレッシェンド

Excelのマクロ(VBA)でシステム開発を行うソフトウェアベンダーです。
エクセルで完結する帳票から、DBを利用する大規模システムまで1,000件を超える実績があり、マイクロソフト社の公認パートナー企業にも認定されています。

株式会社クレッシェンド紹介ページはコチラ

2.株式会社エム・システム

開発部員全員がExcel/VBAの技術に精通しており、これまでに依頼されたお客様に心から満足していただける製品を数多く納めています。
また、他システムを開発した経験があり、システムの拡張性を考慮した開発を可能としています。

株式会社エム・システム紹介ページはコチラ

3.システムメトリックス株式会社

CAD関連アプリケーションやシステム開発/運用コンサルタントなどを主としたソフトウェアの開発・製造・販売を行っている企業です。
VBAを含むさまざまな言語による開発実績もあり、その豊富な経験と開発ノウハウを活かし、クライアントニーズに合わせた最適なソリューションを提案しています。

システムメトリックス株式会社紹介ページはコチラ

【まとめ】VBAに熟知した信頼できる業者を確実に見つけるなら「アイミツ」へ

VBAの魅力のひとつにマクロの自動記述機能があり、ユーザーが行うほとんどの操作をVBAにして自動記述します。
これほど充実した自動記述機能をもったマクロは他ではなかなかないのではないでしょうか。

「VBAをベースにしたシステム開発ができるところを探している」、そんな方はぜひ日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』をご利用ください。
『アイミツ』には、7万社以上の企業データベースの中から、お客様に最適なシステム開発業者をご紹介させていただいています。

また、お客様が抱くさまざまな疑問や質問などに業界に精通したコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでもお気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ