あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

「マネーフォワード クラウド請求書」の評判と実態【2020年最新】

マネーフォワードクラウド請求書

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」は、東京都港区に本社を置くマネーフォワードが提供するクラウド請求書サービスです。請求書・見積書・納品書・領収書の作成と、メール送信および郵送、支払い受付などが可能。飲食や不動産、小売りなど多くの業種で導入されています。

この記事では、「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」が支持される理由を調査。サービスの特徴やメリットをまとめました。クラウド請求書の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのクラウド請求書を厳選!

目次
アイミツ
クラウド請求書サービスの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」は作業性の高さが魅力のサービス

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」は、見積書・納品書・請求書・領収書を簡単に作成・送付できるサービスです。直感的な操作が特徴で、取引先・品目の自動入力や書類間の変換ができるため、従来の表計算ソフトと比較してスピーディーな各種書類が可能です。

書類検索機能や売上レポート機能などの書類管理機能、会計ソフトとの連携機能、クレジットカード決済機能も備わっているので、請求書の発行や書類管理、会計処理の負担軽減にくわえて、コスト削減も期待できます。

クラウド請求書導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりをから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のクラウド請求書の見積もりが可能です。クラウド請求書選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
クラウド請求書選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」の7つのメリット

ここでは、「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」の活用によって得られるメリットを紹介していきます。

書類作成の負担が軽減される

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」では、プレビュー画面で取引先や品目を選択するだけで、請求書をはじめとする各種書類が簡単に作成できます。見積書から納品書、納品書から請求書といった変換も可能なので、業務負担の軽減が実現します。

また、請求書の定期発行機能も用意されているので、初回のスケジュール登録後は自動で定期発行を実施。同一内容の請求書を繰り返し作成する必要がなくなるだけでなく、請求書の発行漏れを防ぐことができます。

書類送付の負担が軽減される

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」では、作成した書類をPDF化してクライアントへ直接メールを送付することが可能です。郵送代行にも対応しており、郵送ボタンをクリックするだけで印刷から封入、発送までが完了。請求書の郵送に必要な作業や、発送の手間の軽減が可能です。

メールや郵送は一括での処理が可能。メール送信した帳票は履歴が残り、郵送の場合は発送ステータスが表示されるため、送付状況を管理することができます。

人的ミスの回避につながる

請求関連業務は種類が多いことにくわえて、繁忙期に作業が集中しがちなことから、作業漏れをはじめとするミスが起こることも少なくありません。

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」には、状況把握に役立つステータス管理機能や作業履歴機能にくわえて、請求書の発行漏れを防ぐ定期発行機能、閲覧や編集を制限しユーザー間の作業の重複を防ぐ権限管理機能などが備わっているため、人的なミスの軽減に効果を発揮します。

入金管理がしやすくなる

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」には、ステータス管理機能にくわえて、支払い期限を超過した請求書を毎週メールで通知する未入金アラート機能が備わっています。これにより、顧客の入金状況を抜け漏れなくチェックすることが可能です。

また、「マネーフォワード(MF) クラウド会計・クラウド確定申告」と連携している場合は、請求書の送付時に売掛金の仕訳が自動で作成され、消し込み作業を行うと「マネーフォワード(MF) クラウド請求書」上のステータスが「入金済」に変更されます。

クレジットカード決済が手軽に導入できる

「マネーフォワード(MF)」では、クレジットカード決済機能つきの請求書の作成が可能です。導入の初期費用は0円、クレジットカード決済手数料は1.99%からと他社と比較してリーズナブルに利用することができます。

クレジットカード決済の導入は、取引先の決済手段が増えるだけでなく、請求元にとっても「銀行振り込みと比較して入金サイクルが早くなる」「新規取引先とも安心して取引ができる」といったメリットがあります。

請求業務以外の業務負担軽減にもつながる

「マネーフォワード(MF)」では、「Salesforce」や「kintone」「Zoho」などのSFA(営業支援システム)・CRM(顧客管理システム)や消込サービス「V-ONE」、「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」とのデータ連携が可能です。

データ連携によって、営業管理ツールと請求書ソフト間での顧客情報の共有や経理以外の部署での入金状況の把握、消し込み作業の効率化、会計処理の効率化などが実現するので、必要に応じて他ツールとあわせて導入するのも1つの手段といえるでしょう。

経営状況の把握ができる

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」で作成した請求書の金額は、売上レポートに自動的に反映され、転記する手間なく資料化することができます。売上レポートでは取引先別の請求金額や平均請求額の確認ができるため、リアルタイムで経営状況の確認が可能です。

また、請求書には自由にタグを設定できるため、タグの機能を活用することで、業務内容や担当者ごとにデータを確認することも可能。営業方針など戦略を決定する際の判断材料として利用することができます。

アイミツ
クラウド請求書サービスの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かった「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」を使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

請求先の件数が増えてきた会社

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」には、取引先・品目の自動入力や別種の帳票間の変換、複数納品書をもとにした合算請求書作成、定期発行請求書の自動作成など、請求書発行にかかる業務負担を大きく削減できる機能が揃っています。

請求書のメール一括送信や一括郵送などの機能も利用することができるため、請求先の企業が増えた場合でも効率的な処理が可能。定期発行請求書の自動作成やステータス管理、入金アラートなどの機能を活用することで、作業漏れも回避することができます。

担当者が社外にいることが多い会社

請求業務に関わるスタッフが不在がちな場合は、請求書の内容や請求書ごとのステータスの確認までに時間がかかるなど、請求業務のスムーズな運用が困難になるケースがあります。

「マネーフォワード(MF) クラウド請求書」では、ネット環境があればどこからでも請求書がチェックできるので、業務の円滑化が可能です。また、タグを用いた検索機能やステータス表示機能など、必要な情報をすぐに確認するための機能が充実している点も大きな魅力といえるでしょう。

資金回収を迅速化したい会社

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」では、クレジットカード決済を簡単かつ比較的安価に導入することができます。銀行決済中心でまわしている会社や、資金を迅速に回収したいスタートアップ企業など、入金サイクルを短縮させたいという場合にぴったりです。

また、入金アラートにより未入金の取引への対応漏れを防ぐことができるほか、消込サービスとの連携による債権管理や督促業務の円滑化にもつなげることが可能。多彩な機能によって、キャッシュフローの改善を図ることができます。

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」の料金プラン

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」の料金プランは、法人向けと個人事業主向けに分かれています。

●法人向け
・スモールビジネス(小規模法人向け)
年額プラン:3万5,760 円
月額プラン:月々5,980円

・ビジネス(請求書発行の多い法人向け)
年額プラン:5万9,760 円
月額プラン:月々2,480円

・エンタープライズ(上場企業やIPOを検討の企業向け)
要問い合わせ


●個人事業主向け
・パーソナルライト(お得に利用したい個人事業主向け)
年額プラン:1万1,760 円
月額プラン:月々3,980円

・パーソナル(請求書発行の多い個人事業主向け)
年額プラン:2万3,760 円
月額プラン:月々2,480円

※プラン料金に従量課金分、オプション料金が加算されます

アイミツ
クラウド請求書サービスの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」の導入実績・効果

ここからは実際に「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」を活用している企業の事例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

株式会社A

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」の導入事例ページ(株式会社マネーフォワードhttps://biz.moneyforward.com/case/invoice/02005/ 参照)によると、Aは、webサービスやインダストリアルプロダクトなど、さまざまなプロジェクトを手がけるクリエイティブ・スタジオです。
「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」を導入する以前は、表計算ソフトを使って手入力で請求書を管理しており、入力ミスや発行作業に時間と手間を要することや、請求書の発行数の増加にともなう郵送作業のコストが大きくなるという課題を抱えていました。

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」には取引先・品目マスタ機能があり、使用頻度の高い取引先情報や品目を登録することができるため、入力の効率がよくなり、ミスも軽減することができました。郵送作業が簡単にアウトソースできることや、見積もりから入金までのフローの一括管理によってコスト削減も実現。

また、テンプレート切り替え機能によっておしゃれなテンプレートを利用できるので、「管理コストを削減しつつ請求書のデザインにはこだわりたい」というニーズにもマッチしています。

株式会社B

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」の導入事例ページ(株式会社マネーフォワードhttps://biz.moneyforward.com/case/invoice/02017/ 参照)によると、Bは、e-ラーニングコンテンツ制作やインターネット生中継に対応可能なビデオスタジオのレンタルなどの事業を展開する会社です。
「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」導入のきっかけは「ログイン後に事業所の切り替えができ、複数事業所への対応が可能だった」こと。複数のクラウドサービスを試用するなかで、会計事務所と相談しながらサービスを選択しました。

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」を導入するまでは、新規クライアントからの急ぎの要望があった際に、与信が困難なことから断らざるをえないケースも少なくありませんでした。また、先方の情報の確認が難しいなど、不安を感じることも多かったとのこと。

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」は、クレジットカード決済を利用することで前日や夜間の決済に対応できるため、そうした不安の解消に大きく貢献。積極的に取引ができるようになったことで、導入前と比較して売り上げも増加したそうです。

また、サービスの改良が早いという点も高い評価を得ています。

まずはマネーフォワード(MF)クラウド請求書の見積もりを

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」は、直感的な操作や便利な機能によって請求書作成の負担を軽減するサービスです。タグやステータス表示、入金アラートなど、作業進捗やデータの管理に役立つ機能も多数備わっており、請求業務の効率化に大きな効果を発揮するでしょう。

請求業務の効率や正確性を上げたいと考えている方は、「アイミツ」に「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」の見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、クラウド請求書サービス「マネーフォワード(MF) クラウド請求書」の特徴や活用方法とあわせて、実際に導入している企業の事例を紹介しました。

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」は、請求書をはじめとする各種書類の作成や送付をサポートするサービスです。自動入力や定期発行請求書の自動作成など作業負担を削減する機能に加え、タグやステータス、外部連携、クレジットカード決済など、さまざまな機能に対応しており、多くの会社で導入されています。

「マネーフォワード(MF)クラウド請求書」は1ヶ月間の無料トライアルも提供しているので、導入を検討している方は見積もりとあわせて利用してみてもよいでしょう。

クラウド請求書サービス探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

クラウド請求書サービスが
最短翌日までにそろう