あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

徹底した調査で分かる簡単テレビ会議システム LoopGateの評判と実態!

簡単テレビ会議システム LoopGate トップページ
目次

会議のために遠方まで出張をしている皆さん、これからの時代はもうその必要はありません!テレビ会議システムを使えば、遠く離れた人とも一瞬で繋がって会話できるのです。

今回は数あるテレビ会議システムのなかでも、今多くの企業から熱い視線が注がれている「LoopGate(ループゲート)」について詳しく紹介。そのメリット、使うべき人、料金体系など、知りたいことを余すところなくお伝えします!

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのWEB会議システムを厳選!

<総評>LoopGateはフルHD対応の高画質テレビ会議システム

<総評>LoopGateはフルHD対応の高画質テレビ会議システム

LoopGateは、東京都中央区にあるギンガシステム株式会社が提供するテレビ会議システムです。

テレビ会議システム事業創業21周年を迎え、これまでの導入社数2,300社、販売実績は累計8万台という実績を誇り、 ITトレンド人気製品ランキングでは2年連続1位を獲得しています。

最大の特徴は、フルHD対応している点です。現在提供している製品には新技術のwebRTCを採用、解像度は最大1920×1080ピクセルで、従来提供してきたものと比較しても格段に高画質です。音質もCD並みにクリアなので、実際の対面と遜色ないレベルでの会議が実現できるでしょう。

WEB会議システムを導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のWEB会議システムの見積もりが可能です。WEB会議システム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
WEB会議システム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

そもそもテレビ会議システムとは?

そもそもテレビ会議システムとは?

テレビ会議システムは、遠隔地にいる人同士が、専用機器、カメラ、マイクを通じて、実際に会っているかのように会議を行えるシステムのことです。

テレビ会議システムがあれば、物理的に離れていても移動することなくコミュニケーションを取れ、コスト削減や経営効率を高めることが可能です。

一部例外はありますが、テレビ会議システムの場合、基本的に通信できるのは専用機器がある場所に限定されるので、会議室同士を結ぶシステムとイメージして頂くと分かりやすいかと思います。

テレビ会議システムとweb会議システムの違い

テレビ会議システムと並んで、近年ではweb会議システムも注目を集めています。この2つは一見同じもののように見えますが、多くの違いがあります。

テレビ会議システムは専用機器を使って通信を行いますが、web会議システムはインターネット回線とPCがあれば利用することが可能です。一般的に専用機器を使うテレビ会議システムの方が映像、音響のクオリティは高く、大人数の会議でも参加者全体を映せるので、大規模な会議を遠隔でつなぐときにはテレビ会議システムを使うのがベストです。

一方、web会議システムは専用機器がないので導入費用はリーズナブルですが、通信のクオリティが回線状況に左右されることがあります。どちらかと言えば1対1、1対2~3人の通信に適しており、大人数が参加する会議に利用するには不向きです。

アイミツ
WEB会議会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

他のテレビ会議システムと比べてどうなのか

LoopGateと他のテレビ会議システムを比較した時、特徴的なのは固定IPアドレスが不要である点とサポート体制が充実している点です。

テレビ会議システムの中には固定IPアドレスが必要なものもありますが、ループゲートは不要なので柔軟性に富んでいます。

ループゲートのサポート体制についてはのちほど詳しく紹介しますが、他社ではサポート体制が日中のみなど対応時間が限定的ですが、この製品については24時間のサポート体制をとっています。定時を超えても会議をする会社にとっては大変心強いサービスで、安心して利用できるでしょう。

1. LoopGateの3つのメリット

1.LoopGateの3つのメリット

それでは、LoopGateのメリットを確認していきましょう。

1-1. ワンタッチでつながる楽々簡単操作

ループゲートは操作が簡単なので、ITに詳しい社員が在籍していない会社でも十分使いこなせるでしょう。テレビ会議システムは、説明書をしっかり読まないと操作方法が分からない複雑な仕様のものが多いのですが、このツールに限って言えばその心配はありません。

会議開始のための操作は、ボタンをワンタッチするだけ。操作の簡単さで言えば間違いなく業界No1でしょう。最新機器を導入しても操作が難しい場合は、次第に使われなくなってしまい、宝の持ち腐れと化してしまうことが往々にしてありますが、ループゲートは誰でも使いこなせるので、最大限有効利用できるでしょう。

1-2. 長い実績で培われた24時間の安心サポート

LoopGateは、平日24時間体制で対応しているので、深夜や早朝の会議の最中に不具合が発生しても、リアルタイムで対処することが可能です。

テレビ会議システムを利用していると、音声が聞き取りにくい、映像がうつらない、途中で通信が切れてしまう、といった不具合が発生することがあります。そのときに素早く対処をしてもらえるので安心です。

1-3. サーバー導入不要で多地点接続を実現

LoopGateは、運営会社が提供する多地点接続サーバーを利用して通信を行っており、実際の会議のときには利用分だけ費用を負担します。

通常、多地点でテレビ会議をするとき、地点が一定数以上になると、多地点接続サーバーが必要になります。しかし、LoopGateを利用した場合はその心配もなし。運用は簡単で低コストです。

2. 徹底調査でわかったLoopGateを使うべき人・会社

2. 徹底調査でわかったLoopGateを使うべき人・会社

これまでの導入企業は2,300社、現在も多くの企業で導入が検討されていますが、そもそもLoopGateを使うべきなのはどのような人・会社なのでしょうか。

2-1. コスパの良いテレビ会議システムをお探しの方

LoopGateの導入費用は、とってもリーズナブルです。LoopGate本体、カメラ、マイクスピーカー、LANケーブル、リモコンのセット価格は要問合せとなっていますが、利用料については、登録手数料 1ID 1万円(税別)、毎月の利用料は1ID 3,800円~(税別)となっており、テレビ会議システムの中では格安です。

一般的に専用機を使用したテレビ会議は高品質で通信も安定していますが、導入費用や利用料が高くなりがちです。その点、LoopGateでは最高品質のサービスを提供しつつ低価格を実現しているので、コスパの良さを求めている方には最適のツールでしょう。

2-2. 高音質、高画質のテレビ会議システムをお求めの方

現在提供している製品は、新技術であるWebRTCを採用しており、これまでのゲイトシリーズと比較しても高画質、高音質を実現しています。

独自技術を駆使することで、通信の安定度も抜群。ボタンを1押しするだけで会議ができるので、高品質の製品を簡単な操作で使いたいという方にとっては、間違いなく一見の価値のあるツールでしょう。

2-3. 無人受付コーナーを設置したい方

人員不足により無人受付コーナーを設置したい方にはおすすめです。人感センサーと組み合わせることで、来客があった場合に自動でコールセンターに接続、テレビ会議システムを通じて受付ができます。

3. LoopGateの機能・効果的な使い方

3. LoopGateの機能・効果的な使い方

LoopGateは、最新技術を駆使した高品質のテレビ会議システムです。様々な企業が会議目的で導入を進めていますが、次に紹介する方法でも有効活用できます。

3-1. 講師の移動は必要なし!講演を2会場同時開催

LoopGateは会議だけでなく、講演会を2拠点以上で同時開催したいときに利用できます。

基本的に2拠点以上で講演をするときは、講師は次の開催地まで移動する必要があります。その場合講師は移動時間や別の講演日程が空いていることが開催条件となります。

しかし、テレビ会議システムを使って講演会場をつなげば、1ヵ所の講演を他会場で配信することが可能です。講師の公演は1回で済むので開催コストは安く済みます。

3-2. 海外とのコミュニケーション上の課題を解決

LoopGateは、海外との取引を多く行っている会社でも有効活用できます。

外国企業と営業上のやり取りをするときは、メールや電話だけでは十分な意思疎通を図ることはできません。対面して、相手の表情を見ながら、身振り手振りなどを交えたコミュニケーションは重要で、お互いの理解度をぐっと高めます。

商談のために態々海外まで出張に行く必要性もなくなるので、コスト削減を実現できるでしょう。また、通信の安定性も抜群なので、やり取りも快適です。

3-3. 成果に結びつく営業スタイルを全社で共有

業界によっては営業スタイルが個人任せになり、各人の取り組み、を共有できず、失敗も成功も全社で将来に活かせないままになっているケースは少なくありません。その様な状況では、問題点を根本的に改善することは難しいでしょう。

LoopGateがあれば支店間を結べるので、問題があれば全社で改善策を共に考え、連帯して会社発展のための策を練ることが可能。全員参加型の会議も可能となるので、方針の共有も簡単です。

4. 料金プラン

4. 料金プラン

テレビ会議システムを導入する際は、利用金額に無理がないかどうか検討する必要があります。支払いが負担になると長期で使い続けるのは難しいので、資金面はよく考慮する必要があります。

LoopGateは、リーズナブルな料金設定で多くの顧客を獲得していますが、実際の費用はどれほどなのでしょうか。ここでは詳しい料金設定の解説をします。

4-1. LoopGateの導入にかかるコスト

LoopGateを使用する際は、最初に専用機器を購入する必要があります。カメラ、マイクのサイズは大・中・小があり、会議の規模、参加人数によって選択可能です。本体セットは以下の通りです。

・LoopGate本体1台
・カメラ 1台
・マイクスピーカー1台
・リモコン1個
・LANケーブル1本


※上記本体価格 要問合せ

また、導入に際しては本体購入費以外に登録手数料と月額基本料が必要です。なお、多地点接続サーバー利用料は別料金です。
 
登録手数料 1ID 1万円(税別)
基本料 1ID 月額3,800円~(税別)
多地点接続サーバー利用料 要問合せ


料金プランは以上の1種類のみ。IDが増えるごとに金額が加算されるので、人数が少ない会社でも導入しやすい点はメリットです。

5. まずはLoopGateの無料体験を

5. まずはLoopGateの無料体験を

LoopGateは、高画質・高音質、操作性にも優れ、サポート体制も万全。実績、評判共に申し分ないテレビ会議システムですが、その本当の凄さは実際に使ってみないことには分かりません!

また、どんなに評判が高くとも、使ってみたら自社には合わなかった。ということもあるので、テレビ会議システム導入は最初が肝心で、機材購入など導入費用がかかるだけに、慎重に決める必要があります。

その点、LoopGateでは無料トライアルを実施しているので、見切り発車でいきなり本格導入をする必要はありません。

まずは実際に使ってみて、自社に合うと思えば導入するのがいいでしょう。使ってみれば良し悪しも良くわかるので、導入をお考えの方はぜひ一度使ってみて下さい。

アイミツ
WEB会議会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

6. まとめ

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。LoopGateは運営会社の歴史も長く、長い時間をかけて改良を重ねてきたテレビ会議システムです。会議を円滑に進められる品質、誰でも使いこなせる操作性など、随所に工夫がちりばめられています。

会議以外にも、講演会、海外通話、営業など、色んな用途にお使い頂くことも可能です。まずは無料体験から利用してみてはいかがでしょうか。

WEB会議会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか
WEB会議会社が
最短翌日までにそろう