特許出願書を翻訳する時に安心!おすすめの「特許翻訳会社」まとめ

複数グラフのテキストと筆記用具、コーヒーカップ

更新日:2017年10月19日 | 公開日:2014年12月29日

近年、国際戦略のために外国に特許出願するケースが増えています。
日本の特許庁へ出願して特許権を取得するだけでは、海外でも特許権を得ているとは言えないからです。
特許権は企業やメーカーが時間と労力、費用をかけて大切に築きあげたもの。
だからこそ、現地生産、海外輸出された製品も特許で保護する必要があるでしょう。
ここでは、専門分野に特化した翻訳会社、多言語の翻訳要請にも対応できる翻訳会社などを挙げました。
翻訳会社を選ぶ時は特許翻訳に長けた翻訳会社を探すことをおすすめします。

株式会社知財コーポレーション

株式会社アルティス翻訳事務所

株式会社 クリムゾン インタラクティブ ジャパン

株式会社グローヴァ

日本ビジネス翻訳株式会社

【まとめ】おすすめの翻訳会社はいかがでしたか?

企業からの特許出願は予想以上に大変な作業です。
契約している弁理士などに依頼するのが普通でしょう。
しかし現状は翻訳まで弁護士に依頼するケースはまれだと思います。
特許は企業の知的財産なので、翻訳して世界に発信する必要がありますよね。
高品質で低コストの翻訳会社に頼めば、特許出願も行いやすくなるでしょう。
ここでおすすめした特許翻訳会社に任せてみてはいかがでしょうか。