「"この資料翻訳しといて"って言われても…」困った時に役立つ技術翻訳のステップとおすすめ翻訳会社5選

赤ペンでチェック

更新日:2017年10月13日 | 公開日:2015年03月07日

技術翻訳の4ステップ

1.翻訳
まず、翻訳する文書を読み、本やインターネットなどで調べて文書の内容を把握します。
翻訳には専門分野に対応した辞書や用語集が必要となります。
その分野の専門知識を有した者でないと困難な作業となります。

2.リライト
次に、翻訳者以外の者に訳文を読んでもらい、文章に違和感がないかなどをチェックし、修正します。
リライトをする者も、その分野において専門的な知識を有する必要があります。

3.校正
文章に誤りかないかを確認する校正作業を行います。

3.ブラッシュアップ
最後に、読み手の視点に立ち、読みやすい文章となっているか、表現が統一されているか、などより高品質な翻訳となるよう、文章をブラッシュアップしていきます。


オススメ翻訳会社5選

株式会社パラジャパン

株式会社ロゼッタ

技術翻訳株式会社

クリムゾンインタラクティブジャパン

株式会社グローヴァ

【まとめ】作業効率化を意識するなら翻訳会社へ外注を

自らで技術翻訳を行うのは、高度な専門知識や語学力が必要なため、なかなか難しい作業となります。
さらに、翻訳だけではなく、校正なども行わなければなりません。
ネイティブな言い回しや読み手が読んでも違和感のない文章など、高度な翻訳にするためにも、翻訳会社サービスのご利用をおすすめします。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください