マニュアル翻訳が必要とされるシーンと頼れる会社3選

英語を話す男性

更新日:2017年10月13日 | 公開日:2015年03月09日

翻訳産業の規模の内訳をご存知ですか?
一見華やかで人目に触れることの多い映画字幕翻訳がほぼ10億円、ベストセラー小説やビジネス書でおなじみの出版翻訳がその10倍の100億円程度。
そしてマニュアル、契約書など各種商業文書の産業翻訳はなんと桁が違って1000億円台後半から2000億円となっています。

産業界の現場のありとあらゆる場所で頼りにされる「産業翻訳」ですが、その必要とされる使用シーンは意外と見えてきません。
ここでは「マニュアル翻訳」に絞って、その効果的な利用方法のシーンを探ります。

製品開発担当者にとっての「マニュアル翻訳」のニーズ

GUIデザイン、マニュアル作成、翻訳などの作業をそれぞれ別の会社にご発注される場合、その都度、製品コンセプトや仕様を説明する手間と時間がかかってしまいますが、そのすべてをワンストップで提供します。

製品販売担当者にとっての「マニュアル翻訳」のニーズ

製品差別化の決定打となるこのシーンで、「マニュアル翻訳」は必須といえます。

製品サポート担当者にとっての「マニュアル翻訳」のニーズ

次は、トレーニングコースの改善などで、コンサルティングをお願いできないかと考えています。」お客様の声より

【まとめ】「マニュアル翻訳」はますますニーズが高まる

いかがでしたか?
自社の製品をめぐる3つの局面(製品開発、製品販売、製品サポート)のそれぞれにおいて、「マニュアル翻訳」は強いニーズがあります。
専門家は自分の専門の文章ならどんなに難しい英文でも読みこなせても、エンドユーザーにもそれを求めてしえば、単に製品の売れ行きを落としてしまうだけの結果になります。

自社の使用シーンに当てはめることができるパターンはないか、ぜひこのまとめを参考にして「マニュアル翻訳」を自社製品差別化の武器として活用してみてください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ