必要なタイプ別で探したい!本当に役に立つ、中国語対応の翻訳ツールの紹介

握手する日本人と中国人

更新日:2017年10月02日 | 公開日:2015年05月30日

仕事で外国語が必要なことは多々あります。「英語ならなんとか、でも中国語は……」なんて人も多いでしょう。
そんな時に使いたいのが、中国語対応をしてくれるツールやアプリです。
文字を入力するだけで、あなたの力になってくれる、お勧めツールを厳選して5つ、あなたにご紹介します。

●Weblio翻訳

使ってみた結果、非常に操作性が好みでした。
翻訳スピードは早いですし、読み上げ機能は重宝します。
対応してくれている言語は、中国語の他に英語・韓国語のみですが、他の言語を使用しないのであれば、かなり使えます。

●Google翻訳

使ってみた結果、悪くはないのですが、純粋に文字から文字へと変換するだけです。
「発音は?」などの他の疑問が出てきた時に、別のツールが必要になってきます。

●エキサイト翻訳

ビジネスで使用する前提ですので、もっとも使えるツールと言えます。
音声読み上げがなかったり、テキストが2000文字までしか対応しない、と他のツールより弱い部分もありますが、オフィス翻訳の存在が大きいですね。
ただし、オフィス翻訳に対応させるには有料登録必要であり、日本語・中国語の翻訳は月額500円です。

●Bing翻訳

使ってみたところ、使い勝手も対応言語の多さもGoogle翻訳に似ていますね。
どちらを選ぶのかは、好みになりそうです.

●ヤフー翻訳クロスランゲージ

あくまで有料ツールです。
他の無料ツールでも足らない場合に、検討してください。
月額が800円と他と比べて割高なのが、少し気になりますね。

●まとめ

無料でも使えるツールはあります。
ですから、まずは無料のWeblio翻訳を試してみてください。
個人的に一番使いやすいと感じたのが、Weblio翻訳です。
「中国語を入力したい」という場合にも対応していますし、音声機能などは、あなたが想像している以上にクオリティが高いです。

また入力方法が、テキストやWEBではなく、オフィスの場合は、有料ツールを検討しなくてはなりません。
その場合、お勧めはエキサイト翻訳です。
月額使用料が500円と抑えられていますので、まずはエキサイト翻訳から検討してみてください。

もちろん、今回紹介していないものでも、多くの翻訳ツールやアプリがあります。
しかし、それらのすべてを検討するわけにはいきませんよね。
ですので、まずはここで挙げた5つのツールを検討してみてください。
あなたに必要なものは、5つのいずれかで間に合います。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください