IT業界に必須!困ったときに助かると評判のおすすめIT翻訳会社4選

更新日:2017年07月19日 | 公開日:2015年03月07日

ソフトウェアの翻訳は以前からありましたが、IT翻訳が翻訳のジャンルとして定着したのは、 1990年代半ばのインターネットの商用化からです。それまでのソフトウェアの産業翻訳と違う点は、翻訳文書の読み手がお年寄りから子供まで広範囲であることや、めまぐるしく移り変わるトレンドの速さ、扱う範囲の広さなどです。
ここにあげた4社はもちろんそうした条件をクリアしています!

ブレインウッズ

ブリッジリンク

メディア総合研究所

グローヴァ

IT翻訳に求められる3つの条件とは?

以上、IT分野の翻訳では、業界特有の専門用語をわかりやすくこなれた日本語にする能力はもちろん、その変化のスピードについていく機動力と吸収力、対応力などが求められます。単に業界経験が長いだけでは最新のテクノロジーについていけませんし、もとエンジニアであっても、自分の経験した領域以外に視野が広がらなければいい翻訳はできません。
専門性の高い文章をこなれた日本語にすることと、変化への対応力はIT翻訳の2つの絶対条件といえるでしょう。

次にチェックすべきは対応できる分野です。現在IT技術が関係しない分野はないと言っていいほどであり、翻訳にあたってはコンピューターの知識だけでなく各分野の専門知識も必要となります。病院情報システムであれば医療関係の知識、金融システムであれば金融や経済の知識などが必要となり、自分の会社がどんなドキュメントを頼みたいかによって、発注先を選定する必要があります。

ぜひ、相性のいい翻訳会社を見つけてください!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください