あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

人気社員研修ランキング|階層別におすすめの研修を紹介!【最新版】

話をする社員

企業が保有する資産(ヒト・モノ・カネ・情報)の中でも、最も大切な資産は「ヒト」であると言われています。大切な資産であるヒトの成長を促進させると企業の成長にもつながるため、企業に所属している従業員の成長を促すために社員研修を導入することはとても大切です。

しかし、社員研修にはさまざまな研修が用意されているため、どの社員研修を導入すればいいのかと悩んでいる企業も存在します。数多くある社員研修の中から、自社に合う社員研修を選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。

この記事では、社員研修の選び方について、わかりやすく解説します。また、人気のある社員研修をランキング形式で紹介するので、どの社員研修を導入すればいいのか分からないという悩みを抱えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

目次

1.人気な社員研修は、受講する社員の階層によって異なる

社員研修には、さまざまな研修が用意されています。しかし、受講する社員の階層ごとに人気のある社員研修は大きく異なるようです。

階層別の社員研修内容
階層 研修内容
新入社員向け 学生から社会人としてマインドの切り替えを行う目的と、社会人に求められる基礎スキルを習得するための社員研修
若手社員向け 組織を円滑にするためのスキルや、ハイパフォーマンスを発揮するための自覚を促す目的で導入される社員研修
中堅社員向け 企業の未来を担う人材を育てるための社員研修です。リーダーシップやキャリアデザイン、チームビルディングなどを習得する研修
管理職向け 収益確保と社会的責任の遂行を両立させるために、管理職に必要なマインドとスキルを習得するための社員研修

それぞれのポジションで必要なスキルは異なります。効果的な社員研修を行うためのポイントは、現在地と目的地を定めて目的に合った社員研修を企画することが大切です。
企業の現在地と目指すゴール地点のギャップをしっかりと把握して、強化すべきポイントはどこなのか考えて導入しましょう。

2.新入社員向け研修TOP3

どの業界でもどの職種でも、社会人としての基本スキルは必要です。社会人としての基本スキルとは、ビジネスマナーや社会人としての基本的な行動や考えが該当します。

新入社員が社会人としての自覚が足りない状態で、現場で仕事をしても上手く対応できません。これまでの学生時代の生活とのギャップが生まれてしまうでしょう。そのため、新入社員には、社会人としての自覚を指導していく必要があります。

新入社員向けの研修はさまざまな研修がありますが、その中でも、人気を集めている新入社員向けの研修をランキング形式で紹介します。

【第1位】ビジネスマナー研修

ビジネスでは信頼関係が大切です。社内でも社外でも信頼される人材とは、仕事が早くて正確なだけではなく、社会人として必要なビジネスマナーを身に付けています。挨拶、名刺交換、電話応対など、ビジネスマナーの基本が出来るかどうかで、その人の印象を大きく左右されていくのです。仕事が出来る人でも、ビジネスマナーを知らない人は信頼してもらえず、社会人として評価されることはありません。

ビジネスマナー研修では、さまざまな人から信頼される社員の育成を目的に行われます。相手に信頼されるビジネスマナーは、基本的な型を覚えるだけではなくて、適切なタイミング、言葉遣い、態度、表現などさまざまな側面を意識することが大切です。

研修では、グループワークやロールプレイングを行い、現場で利用できる実践力が鍛えていきます。そのため、ビジネスマナー研修は、内定者や侵入社員の育成を考えたいという企業から人気を集めている社員研修です。

【第2位】ビジネス文書研修

読み手のことを意識した文書作成は、仕事を円滑に進めるために必要です。社外に送る文書は、会社として提出する文書なので、適切な文書を送らなければいけません。社内文書と社外文書は文書構成が違います。この違いを理解していないとビジネスを円滑に進めることができません。

そのため、ビジネス文書研修も、新入社員研修には必要不可欠な研修です。社員研修では、明確で分かりやすい文書の書き方や、文書の作成方法を習得します。研修では、現場に適した題材で演習を行い、新入社員のスキルの定着を図ります。上司に提出する報告書の作成や社内や社外に送付するメールの作成方法などが、社員研修のカリキュラムとして用意されています。

ビジネス文書研修を受講することによって、伝えたいことがひと目でわかる、完結かつ論理的な文書作成のノウハウを学ぶことができます。そのため、内定者や新入社員の育成をしたいと考えている企業から、人気を集めている社員研修です。

【第3位】ロジカルシンキング研修

自分自身の考えをまとめたり、情報を整理したりすることが苦手という人は多いです。また、報告書や提案書を作成しても要点が整理できていなければ、相手に納得してもらうことはできません。そのため、ビジネスシーンでは、ロジカルに物事を考えていくことが大切です。

論理的な思法を身につければ筋道が立てられ、相手を納得させることができます。また、会社の目的に沿った行動を取れるようになるのもポイントです。ビジネスにおいて、ロジカルなコミュニケーションが取れることは、大きなメリットがあります。

論理的思考を身に付けるために、ケーススタディを通じて実践力を身に付ける研修が、ロジカルシンキング研修です。研修では、徹底的に反復練習を行うため思考力が鍛えられます。ロジックツリーなどといったロジカルシンキングに有効な使い方も習得できて、すぐに現場で使える力を養うことができます。ロジカルシンキング研修は、新入社員に受講させて育成したいと考えている企業から人気を集めている社員研修となっています。

3.若手社員向け研修TOP3

若手社員は、上司や先輩から与えられた業務を、ある程度1人で把握できる立場にいます。さらに、成果を出すことが若手社員には求められるため、業務知識だけではなくて、その他の知識も積極的に身につけていく必要があるのです。

若手社員は、自らを高めて成長し続けていき、将来的には組織を牽引していくという自覚を持つことが求められます。若手社員向けの社員研修には、組織を円滑にするためのスキルやハイパフォーマンスを発揮するための自覚を促す研修などが用意されています。ここでは、その中でも人気のある社員研修をランキング形式で紹介します。

【第1位】ロジカルシンキング研修

ロジカルに物事を考えられる人は、筋道を立てることが上手です。また、矛盾なことや曖昧なことを嫌う傾向があるため、相手の立場を考えて、わかりやすいコミュニケーションを積極的に取っていくことができます。

ロジカルシンキング研修では、相手に伝わる論理的な文書を作成する方法や、相手に刺さるロジカルな提案方法を訓練します。ロジカルシンキングは1つの思考法です。他の思考法と組み合わせることで、論理的に破綻しない新しい発想を生み出せるようになるため、若手社員向けの社員研修として人気を集めています。

【第2位】セルフマネジメント研修

仕事で成果を出し続けているハイパフォーマーは、感情や思考、行動パターンが似ていると言われています。セルフマネジメント研修では、ハイパフォーマーになるためのヒントを研修で学ぶことができます。

セルフマネジメント研修では、自分の考えなどを考えて言語化することで、今から始めなければいけないことが明確になります。これまで、明確にしてこなかった課題にも気づけるのも大きなポイントです。また、3年後、5年後、会社にどのように貢献するのか、どんな影響を持った人になりたいのか考える場にもなるため、若手社員向けの社員研修として人気を集めています。

【第3位】ビジネス・トーキング研修

説明が1度で伝わらない、伝えた内容通りに相手が動いてくれないなど、1度は悩んだことがある人もいるでしょう。ビジネス・トーキング研修とは、相手に誤解のない理解と行動を促す話し方のスキルを磨く研修です。説明や提案の際に、必要なスキルを習得します。

研修を通じて、トークのレベルを高めていけば、伝えた通りに相手が動いてくれるようになるでしょう。多くの若手社員が、実際に説明が1度で伝わらないと悩んでいて、研修でのロールプレイングで力を身に着けることができたと、受講の効果を感じているようです。ビジネス・トーキング研修は、コミュニケーション能力が求められる若手社員向けの人気の社員研修となります。

4.中堅社員向け研修TOP3

中堅社員は、組織のエンジンとなる立場にいます。実務の中心にいる立場であるからこそ、部門ごとの方針や目標達成に向けて提言できます。そのような中堅社員の方は、成果につながる戦術を自発的に考えて、積極的に提案してくことが求められます。

時には上司や同僚、他部署の人などを巻き込みながら、責任を持って行動していくリーダーシップを発揮していかなければいけません。特に、調整能力や交渉力などフォロワーとしての組織運営能力が求められます。ここでは、そのような中堅社員向けの人気の社員研修をランキング形式で紹介します。

【第1位】リーダーシップ研修

リーダーシップ研修では、リーダーとしての心構えを実践すべき具体的な行動について考えていきます。チームメンバー各自の自主性を促して、チームの活性化を図ることを目指していきます。研修では、周りから求められるリーダーとしての役割と心構えや、信頼関係を築くためのコミュニケーション能力を学びます。プログラムには、自分が部下の立場であった際にリーダーに望むことを考えてみたり、上司の立場であった際にリーダーに望むことを考える内容もあります。

相手の立場で物事を考えることによって、上司や部下との関係を良好に築いていくことができるようになります。受講者からは、自分が目指したいリーダー像が具体化できて、自己の改善計画が立てられたと好評を得ています。リーダーシップ研修は、中堅社員の社員研修で人気を集めている研修です。

【第2位】OJT研修

OJT研修とは、知識や技術を計画的に習得する研修ことをいいます。中堅社員向けのOJT研修は、新入社員向けとは異なって、職務の幅を拡げたり、専門性を高めたりする目的で行われます。職務の中でも育成することが難しいスキルにフォーカスされることが多いです。

中堅社員向けのOJT研修を行うことによって、現場の生産性を上げるという目的があります。スキルを具体化して1つずつ研修は進められていきます。1つのスキルを習得するまでには、約3ヵ月程度の習得期間を目安としているケースが多くなっています。中堅社員は職務に慣れてきている頃なので、新しいことを研修で学ぶことで、大きな成長感を感じることができます。

【第3位】フォロワーシップ研修

フォロワーシップ研修とは、上司と部下の架け橋となって、組織のパフォーマンスの向上に貢献する研修です。フォロワーシップ(follower ship)とは、フォロワーとなる上司や部下に「組織を成長させるために行動したい」という意欲を持たせて、1人1人のモチベーションを高めてパフォーマンスを発揮させることをいいます。

ただ、フォロワーを励まして従うだけではなくて、上司や部下が誤っていた場合には進言するなど、自律的に支援することをいいます。組織やチームの目標達成には、フォローシップが重要だと近年注目されています。フォロワーシップ研修は、現場の生産性が上がるだけではなくて、職場の人間関係も良好になると中堅社員から人気を集めている社員研修です。

5.管理職向け研修TOP3

課題、問題から逃げずに対応しようという自覚を持ち、主体的に最善の判断、決断ができる高い能力を持っている人は管理職に選ばれます。また、顧客満足を実現するために目標管理、計画立案、課題認識ができる能力が求められることが多いです。

管理職の人は、組織全体の成果を出すために、戦略を考えて判断、決断していく必要があります。管理職向けの社員研修では、経営者層への事前調査や分析をもとに、リーダーシップを発揮して行動できる力を養います。ここでは、管理職向けの社員研修で人気のある社員研修をランキング形式で紹介します。

【第1位】コーチング研修

コーチング研修とは、部下の主体性を引き出すスキルを習得する研修です。管理職の方の中には、部下の育成をどこから始めるべきなのか、部下をどのように育成したらいいのか悩んでいる方が多くいます。また、自分自身のやり方を部下に押し付けてしまい、部下の気持ちを引き出すことができないと悩んでいる人も多くいるようです。

コーチング研修では、部下の話しやすい環境づくりや肯定的な表現方法、部下のモチベーションを高めて、自発性を引き出す方法を習得します。具合的なケースを想定してロールプレイングを行うため、実践力が身につけることができます。そのため、部下の育成をして組織全体の力を底上げしたいと考えている管理職の方から、コーチング研修は人気を集めています。

【第2位】人事評価研修

人事評価制度が実際の仕事のできと合っていなければ、従業員のモチベーションは下がってしまいます。管理職の立場の人は、人事評価制度の意義を正しく理解して、従業員に納得してもらえる人事評価を実施することが大切です。

人事評価研修では、評価する人と評価される人のそれぞれの立場をロールプレイング形式で体験します。実際に体験をしてみることで、厳しい評価を伝えながらも、部下のモチベーションをアップさせるスキルを習得できます。人事評価研修は、適正な人事評価を行いたいという管理職の方から人気を集めている社員研修です。

【第3位】ハラスメント研修

パワハラやセクハラなどが問題視されていることもあり、管理職の方を中心にハラスメント研修は人気を集めています。パワハラは2005年に労災認定されました。そのため、管理職の方はハラスメントに関する理解を深める必要があるのです。

ハラスメント研修では、パワハラやセクハラを受けた被害者の気持ちを傾聴するスキルを学びます。被害者が、どのようなことを訴えたいのか気持ちを理解することは大切です。実際に、被害者はかなりの精神的負担を強いられます。被害者の心に寄り添い、支援するための方法をハラスメント研修では習得することができるのです。ハラスメント研修は、ハラスメントのない快適な明るい職場づくりを行いたいという考えを持っている管理職の方から人気を集めています。

6.まとめ

社員研修は階層別にさまざまなカリキュラムの研修が用意されているため、現地点とゴール地点のギャップを埋め合わせるための研修を探して、企業に合った社員研修を導入することが大切です。近頃では、社員育成の目的でeランニングを導入している企業も増えています。

今回は社員研修の中でも、特に人気を集めている社員研修をランキング形式で紹介しました。社員研修の導入を検討している方は、参考にしてみてください。

また、どのような社員研修を導入すればいいのか悩むこともあるでしょう。アイミツでは、あなたのニーズに合った研修業者を紹介させて頂きます。ぜひ、お気軽にご相談ください

社員研修会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか
社員研修会社が
最短翌日までにそろう