担当者が知っておくべき!コール単価が格安と評判のコールセンター5社まとめました

更新日:2016年12月28日 | 公開日:2015年03月25日

この記事を読むための時間: 3分

コールセンターの費用はコール1件あたりの単価によって決まる従量制と、どれだけコールしても料金が変動しない定額制に分かれます。これに成果報酬型といって、見込み客を1件とれたら5,000円などの報酬で計算する方式もあります。
どれを選ぶかの大まかな目安としては、毎月決まった数のコールをすると、どれくらいの成果があるのか読めている場合には定額制、コールセンターを利用するのが初めてで「費用対効果」についてまだまったくイメージや数字がない、という場合には、ここでまとめる単価が格安の従量制がいいでしょう。

テレコメディア

スターゲイザー

亀山マーケティンググループ

結果・品質とコスト面の両面から費用対効果を最大限に高めるご提案をさせていただきます。

亀山マーケティンググループ株式会社紹介ページはコチラ

サンクネット

顧客データのクリーニングやアップセルテレマ、DMやCMなどと連携した施策など、お客さま企業の販売戦略の立案や確信に寄与できるアウトソーシングを提供いたします。

株式会社サンクネット紹介ページはコチラ

コールセンターを使った販売戦略を一緒に作りたいのなら、サンクネットに注目

以上、コール単価格安のサービスをピックアップしました。とにかくコールセンターを使うことが初めてでよくわからない、という場合には、「成果はあったけど請求金額にびっくり!」という状態は避けたいですよね。ここにあげた4社は業界最低水準のコール単価なので、そこは安心です。

また、コールセンターが始めてという場合には「このまま続けたほうがいいのだろうか」「今回試したコールセンター活用戦略をもっと練り直したほうが良いのか」という疑問も出てきます。
その時にサンクネットは効果の評価や改善提案まできっちりやってくれるので、より効果的な販売戦略についてさらに相談できます。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください