レンタルすることは会社にとってお得?【ティーサーバー・給茶機】をレンタルするメリット・デメリット

ティーブレイク中の男女

更新日:2017年10月23日 | 公開日:2014年11月16日

ティーサーバーレンタルを利用する会社はどんどん増えてきています。
ティーサーバーの導入を考えている担当者の方は、どういう基準でえらんだらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?
使い方によっては購入の方が安くなる場合もあるので、あらかじめメリットやデメリットを知った上で、利用方法をえらんでいきましょう。

今回は、ティーサーバーレンタルのメリット・デメリットをご紹介します。

レンタルのメリットとは

メリット1.初期費用を抑えられる

機器を買い取る場合は、初期費用として「ディスペンサー」や「浄水器カートリッジ」などの費用がかかります。
しかし、レンタルの場合はそういった費用がかからないため安価に設置できます。
レンタルの初期費用として、設置費用がかかることもあるので、見積もりの段階でよく検討しましょう。

メリット2.メンテナンス料が別途かからない

月々のレンタル料の中に、メンテナンス費用が含まれている場合があります。
急に壊れてしまった時に、修理費用や部品交換代などを別途払う必要がないのでお得に利用できるイメージです。

メリット3.清潔に使用出来る(メンテナンスサービスが便利)

多くの業者が、月1回程度の掃除を行ってくれます。
そのため手間をかけずに、いつでも美味しいドリンクを飲むことができます。
合わせて、保守点検を定期的に行ってくれる業者もあるので故障の心配が少なくなるでしょう。

レンタルのデメリットとは

デメリット1.レンタル費用のランニングコスト

毎月、機器のレンタル料としてランニングコストが発生します。
毎月のレンタル料を払いたくない会社にとっては、はじめに買い取る方がいいかもしれません。

デメリット2.長期的に利用する場合は買う方が安いときがある

丈夫なティーサーバーを長期的に使用することを決めた場合や、故障などにも自社で対応できる人間がいる場合は、はじめに買い取ってしまった方が安いかもしれません。
しかし、買い取る前にレンタルで使い勝手などを試してみることをおすすめします。

【まとめ】ティーサーバーレンタルを賢く使うには

レンタル料の中にメンテナンス料が含まれている場合は、手間もかからずお得ですよね。
機械に精通しているプロに修理・点検してもらえば、いつでも清潔で美味しいお茶を飲むことができます。
また、ティーサーバーの導入で、休憩時間などに社員同士の会話が増えた例も数多くあるようですよ!

ぜひ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください!
全国のティーサーバー業者から、あなたに合った業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。

メリット・デメリットをよく考えた上で、社員の福利厚生に役立ちそうなティーサーバーを選んでみてくださいね。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください