まぎわになってあわてない!知ってて得する年末調整をお願いできる税理士さんのまとめです

更新日:2016年06月27日 | 公開日:2015年03月31日

この記事を読むための時間: 3分

会社の経理部門の方にとって年末調整とは何ぞや、ということはいまさら言うまでもないでしょう。簡単に言えばサラリーマンの確定申告が年末調整です。
個人事業主の場合には個人の責任でそれぞれが申告をやってくれますが、会社の場合には所得税法でしっかりと「給与を払う人(会社)が源泉所得税を国に納める義務がある」とされています。
年末の忙しい時期に勘弁してくれ・・・は通らないのです!

【北海道】年末調整の相談なら「原田紀代美税理士事務所」

【関東】年末調整の相談なら「大成経営コンサルティンググループ」

【中部】年末調整の相談なら「榊原輝重税理士事務所」

【近畿】年末調整の相談なら「にいじま会計事務所」

4.年末調整業務が終了次第、御社にご連絡致します。
5.新島会計事務所まで報酬料金をお振込み頂きます。
6.入金が確認され次第、書類を簡易書留で郵送致します(送料は御社ご負担となります)。

【九州】年末調整の相談なら「武内総合会」

年末調整で控除“できない”は、確定申告をしましょう!
控除“できない”については、確定申告をしないと控除されませんので、しっかり確認して、確定申告に臨んで下さい。もちろん、不明な点はそれもあわせて武内総合会計にご相談下さい。

サラリーマンの確定申告、責任を持つのは会社です!

以上、年末調整を引き受けてくれるおすすめの事務所をご紹介しました。年末調整は会社の義務ですので、仮に従業員の給料から天引きした金額(預かっている金額)が少なくて、税務署に払う金額が少なかった場合にも、税務署に指摘されたら会社がまず払わなければならないわけですね。
そうなっては、資金繰りに狂いも生じますし、手間もさらに大変です!

もし経理部門の手が足りていなかったり、社長さんや奥様が経理を兼任されている場合には、専門家の手を借りることも考えてみましょう。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください