知らなきゃ損するNPO設立代行サービスのメリット5選

NPO法人の本

更新日:2017年10月13日 | 公開日:2015年03月05日

NPO法人を設立するときは、書類の作成や申請など、結構な手間がかかるものです。
なるべく時間をかけたくないという時は、NPO設立を代行してくれるサービスを利用しましょう。
今回は、設立代行サービスのメリットをまとめてみました。


1.自分で行うよりも早く設立できる

 一般の方がNPO法人を設立するには約6か月ほどの時間を費やすことが多いです。
中には1年近くかかる方もいます。
申請が受理されるまでだけでも2か月以上を費やします。
 設立代行サービスを利用した場合、4か月で設立、最短1週間で申請の受理が可能となるケースが多くあります。

2.複雑な書類作成などに労力を費やさず設立できる

 NPO法人の設立には、膨大な書類の作成や法律の知識が必要な定款の作成をしなければなりません。
さらに、所轄庁へ書類を提出し、設立認証の申請を行い、認証を受ける必要があります。
申請は一度で受理されることは難しく、何度も提出するために所轄庁へ足を運ぶことも珍しくありません。
最終的には何か月も費やした挙句、認証を受けられずに設立することができなかったという事態もあり得ます。
 設立代行サービスはそのような必要書類の作成を専門の方にお任せすることができ、労力を費やすことなく設立させることができます。

3.少ない費用で設立できる

 設立代行サービスは15万円前後、事務所によってはさらに安く、10万円程で利用することができます。
「NPO法人の設立は資本金や登録免許税、定款認証手数料などの費用がかからないから自分でやった方が安く済むんじゃないの?」とすでに設立を考えている人は思うかもしれません。
確かにその通りです。
しかし、NPO法人は、設立時には費用がかかりませんが、解散時に少なくとも7万円以上の費用がかかってしまいます。
 設立代行サービスを提供する事務所には、設立後のサポートを行っているところもあります。
適切に設立手続きを行い、健全な運営を行うためのサポートを受けることで、解散という事態を避け、全体的な費用を抑えることが可能となります。

4.時間と労力をムダにすることなく設立できる

 認証率100%など、設立代行サービスの実績がある事務所があります。
何か月も時間と労力を費やしたにも関わらず、不認証となってしまい、やりたかった事業ができなくなってしまう、というリスクを抑え、安心して設立することができます。

5.働きながら設立できる

 仕事をしながらNPO法人の設立を考えている方が多くおられるかと思います。
しかし、仕事をしながら膨大な量の書類を作成し、平日に何度も所轄庁へ足を運ぶことはなかなか難しい作業です。
 設立代行サービスを利用することにより、書類作成や提出に労力を使わないため、働きながらでも、安心してNPO法人を設立することができます。


NPO設立で代行サービスを利用するメリット

 以上のように、NPO法人を設立する際に設立代行サービスを利用すると、時間や労力、費用をムダにすることなく、確実に設立させることが可能となります。
行政書士や司法書士などの専門家が、あなたがやりたい事業をやれるよう、全力でサポートしてくれます。
事業を始める前に、挫折してほしくありません。
ぜひNPO法人設立代行サービスのご利用をご検討ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください