転ばぬ先の事前相談!消費税申告対策・相談はこの先生に任せよう

BALANCE SHEETの文字

更新日:2017年10月11日 | 公開日:2015年03月29日

実は消費税は、申告の方法によって有利・不利の生まれやすい税金です。
売上高5,000万円以下の事業者の場合「預った消費税」のみ集計すれば計算できる簡易課税方式がいつでも便利のように見えますが、事務手続きは煩雑でも「原則課税方式」で計算したほうが消費税が少なくなる場合もあります。
また預り消費税より支払い消費税の方が多い場合には、消費税が還付されますが、適切に還付金を戻してもらうにも、専門的な知識が必要になってきます。

【北海道】消費税申告対策・相談なら「有田税理士事務所」

【関東】消費税申告対策・相談なら「加藤会計事務所」

消費税も計算方法や届出で節税できる場合があります。
一度相談してみませんか?
損はさせません!

【中部】消費税申告対策・相談なら「細江会計事務所」

【近畿】消費税申告対策・相談なら「中嶋聡税理士事務所」

【九州】消費税申告対策・相談なら「佐藤修一公認会計士事務所」

消費税を払う方は簡単だけど、申告するほうは大変なのです

消費税の申告は「売り上げが立ったときにお客さんから預かったものを、代行して納付するだけ」というイメージを持っている方が多いと思います。
それはもちろん間違いではないのですが、申告の方法によって金額が違ってくるというのは、起業したばかりの新米社長さんにはびっくりだったかもしれませんね。
また、すでにベテランの社長さんの場合にも、どういうケースで還付金申告が可能かを熟知している人は少ないでしょう。

支払う時にはたかが消費税ですが、申告する時は奥が深く、されど消費税。
賢く申告するために次回はプロの先生を頼ってみてはいかがでしょう?

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ