相談しておけばもう安心!じっくり話をきいてもらえる相続税対策のプロの先生まとめました

更新日:2015年03月26日 | 公開日:2015年03月26日

この記事を読むための時間: 3分

相続税の申告は、近親者の死を受け止めてから10か月以内完了させなければなりません。この間すべての財産の把握と評価が必要になりますし、ご相続人のかたがた全員との円満な協議も必要になります。
葬儀のあれこれや、各種手続きなど、悲しみをこらえながらの事務的な手続きやお話し合いはとても大変です。
ぜひ、落ち着いて準備できる期間にこうしたことの対策を始めてみましょう。

【北海道】相続税申告対策・相談なら「札幌駅前相続サポート」

【関東】相続税申告対策・相談なら「相続税申告のツチヤ」

【中部】相続税申告対策・相談なら「レディング」

ただし、一定割合の財産を相続人に保証する「遺留分」に気をつけて遺言を作らないと、後々、遺族がもめるもとになってしまいます。
あなたの「想い」のつまった遺言をより完璧なものにするために、全財産評価付き、遺留分計算付きで遺言作成、遺言見直しをお手伝いするサービスです。

【近畿】相続税申告対策・相談なら「天神橋 税理士法人」

【九州】相続税申告対策・相談なら「廣瀬税理士事務所」

相続のプロは初回面談時に、よくこんな感想を持ってしまいます

「たっとひとつこうしておけば、○○○万円は少なく済んだ・・・」
「○○と○○をしておけば、相続税はまったくかからなかったのに・・・」
「もっと早くご相談にきていただければ、必要な対策ができ税額を大きく減少できた・・・」
相続税対策の専門税理士が相談を受けたとき、どうしても感じてしまうのがこうした思いなのです。
このまとめでピンと来るあなたのお住まいの地域の税理士さんがいたら、ぜひコンタクトを取ってみましょう。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください