あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2020年07月13日 更新日:2020年07月13日

「SAP SuccessFactors」の評判と実態【最新版】

SAP SuccessFactors

「SAP SuccessFactors(サクセスファクターズ)」は、ドイツに本社を置く世界的なクラウドビジネスソフトウェア企業SAPが提供しているタレントマネジメントシステムです。組織づくりの課題に悩んでいる経営者や、優秀な人材の確保・人事業務の効率化に問題を感じている方にも最適なシステムで、中小企業を中心に多くの導入実績を誇っています。

また、SAPが提供している「業務改善」「営業支援」「データ分析」などのソリューションと組み合わせることで、さらに効果的に利用することも可能です。本記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが「SAP SuccessFactors」の評判・実態について調査しました。ぜひ参考にしてみてください。

目次
アイミツ
タレントマネジメントの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>SAP SuccessFactorsはグローバル展開に強いタレントマネジメントシステム

SAP SuccessFactorsは世界200以上の国で使用され、98ヵ国以上でローカライズされています。日本国内はもちろん、各国の人事コンプライアンスにも対応しているため、グローバルにビジネスを展開している企業にとっても心強い味方になるでしょう。

日本国内での使用に特化したタレントマネジメントシステムでは、海外拠点のマネジメントに対応することは難しいですが、SAP SuccessFactorsならさまざまな国や地域で使用することが可能です。

SAP SuccessFactorsの導入を検討中の方は、まずは無料の資料請求からはじめてはいかがでしょうか。アイミツをご利用いただくと、特に人気のタレントマネジメントシステムの一括見積もりも可能です。

SAP SuccessFactorsの6つのメリット

紹介したような特徴がある「SAP SuccessFactors」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

組織管理の最適化と国に合わせた福利厚生管理

複数の国や地域でビジネスを展開するということは、市場が広がる一方で、組織の管理が複雑化するというデメリットも発生します。日本国内では当たり前のビジネス慣習や価値観、福利厚生制度も、海外の基準に照らし合わせたときにマッチしないケースも出てくるでしょう。

その点、SAP SuccessFactorsなら、複数拠点にまたがる組織の管理を適切に行えるだけでなく、グローバルな人材調達も可能。タレントマネジメントとコア人事の機能を活用すれば、組織管理を最適化できます。

勤怠管理の一元化

国内外に複数の拠点があると従業員の勤怠管理も複雑化し、長時間労働の常態化や休日出勤など、適切な労務管理が難しくなることがあります。現地にそれぞれ人事や総務部門を設置するのもひとつの方法ですが、人件費も多くかかるため、効率的だとは言えません。

SAP SuccessFactorsでは、従業員全員の勤怠を追跡することが可能。給与を自動的に計算し、人事部門担当者の負担を軽減させることができます。

給与計算処理の標準化

勤怠管理の一元化と同様に重要なのが、給与計算処理の標準化です。企業によっては国・地域ごとの給与体系や、残業などの人事規則が異なるケースもあるでしょう。また、現地の通貨レートに合わせて給与を再計算する場合は大きな負担となり、計算ミスを起こす可能性も高いです。

SAP SuccessFactorsでは、45ヵ国以上にローカライズされた給与計算プラットフォームを提供しています。1,300人以上の専門家が最新仕様を保ち、コンプライアンスに基づいた管理が可能。複数拠点にまたがる給与計算も適切に実行できます。1億人の給与支払いに利用されているというのも安心のポイントです。

人事業務の適切なチケット管理

チケット管理システムで日々の業務を効率化したい場合も、SAP SuccessFactorsは大いに役立ちます。

ワークフローとの連携や権限管理機能など、あらゆる人事業務において、チケット管理の合理化と迅速な処理が可能。また、デスクトップPCからでも、スマートフォンからでもチケットを送信でき、業務上で不明点があれば、人事担当者と直接電話などで連絡を取り合うこともできます。

社員は好みのチャネルから人事部に問い合わせができ、人事部ではすべてにアクセスできるナレッジベースで迅速に問題を解決できるでしょう。

人事関連書類のデジタル化と合理化

SAP SuccessFactorsの「Document Management by OpenText」機能を活用すれば、人事関連の文書をクラウド上でデジタル化でき、いつでもどこでも手軽に閲覧することができます。

また、全文テキスト検索が可能なため、文書へのアクセスも簡素化することが可能。テンプレートを活用すれば、従業員への個人的な文書の作成も簡素化できます。企業としてのガバナンス強化や、人事業務全体のプロセスの合理化にもSAP SuccessFactorsは効果的です。

充実したサポート

導入前の案内はもちろん、SAP SuccessFactorsでは実装や運用のサポートも充実しています。

現在オンプレミス型の人事システムをすでに導入しており、クラウドへ移行したい場合も、しっかりとしたサポートを受けることが可能。また、知識がなく導入に不安を感じている方や、そもそも自社に導入可能なのか疑問に思う方も、専門的なサポートとエキスパートサービスで必要な支援を受けることができます。

アイミツ
タレントマネジメントの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かったSAP SuccessFactorsを使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「SAP SuccessFactors」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

複数の国や地域でビジネスを展開するグローバル企業

日本だけではなく、世界各地でビジネスを展開しているグローバル企業にとって、SAP SuccessFactorsは最適なタレントマネジメントシステムだと言えるでしょう。200を超える国への導入実績を誇り、各国のコンプライアンスに基づきながら人事業務を一元的に管理できるため、多くのグローバル企業に支持されています。

SAP SuccessFactorsがあれば、人員が少数の海外拠点にわざわざ人事や総務担当を配属する必要はありません。クラウド上ですべて管理できるため、コストを最小限に抑えることが可能です。

目標管理や評価管理を統一化したい企業

海外に複数拠点を持つと、さまざまなビジネス慣習が混在することもあるでしょう。そのよう場合では、従業員の目標管理や評価管理に統一性がとれないことがあります。また、海外にビジネスを展開する企業に限らず、部署が多い企業や、さまざま目標管理を必要とする企業においても同様の問題が起きやすいです。

SAP SuccessFactorsなら、いつでもどこでも従業員の目標や成果を確認できます。どのデバイスからでもアクセスできるため、国や地域に縛られず管理を統一化させることが可能です。もちろん、パフォーマンスを向上させるためのサポートや、報酬管理にも対応しているため、社員のマネジメントを最適化させられます。

コストを抑えながら段階的に導入していきたい企業

一般的なタレントマネジメントシステムは月額数万円単位、初期費用も数十万円以上かかるというケースが珍しくありません。しかし、十分な予算が確保できない中小企業やスタートアップも少なくないはずです。

SAP SuccessFactorsの場合は月額300円台から、1ヶ月単位で利用できます。まだ十分な予算が確保できていない状況でも、お試しで導入することが可能でしょう。タレントマネジメントシステムでどのような効果が見込めるのか疑問に思う方、実際に使いながら活用方法を検討していきたい方にもおすすめです。

SAP SuccessFactorsの料金プラン

SAP SuccessFactorsの詳細な料金プランはホームページで公開されていないものの、最低料金は月額300円台から、1ヶ月単位で導入できると紹介されています。もちろん、従業員の数や利用したい機能、オプションなどの申し込み内容によって費用は変動すると予測されますが、段階的にタレントマネジメントシステムの機能を拡充していきたい企業にとってはメリットの大きいシステムだと言えるのではないでしょうか。

料金の詳細について知りたい方は、SAP SuccessFactorsの問い合わせフォームから見積もり依頼をする必要があります。

アイミツ
タレントマネジメントの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

SAP SuccessFactorsの導入実績・効果

ここからは実際に「SAP SuccessFactors」を導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A株式会社

SAP SuccessFactorsの導入事例ページ (SAPジャパン株式会社 https://www.sapjp.com/customers/ 参照)によると、A社はペンタブレットの開発で有名なメーカーです。これまで日本国内のみならず、世界各国でグローバルに事業を展開してきました。しかし、従業員情報の管理がまとまっておらず、マネジメントを一元化できる体制を整えることが課題だったそうです。

そこで、人事情報をデータベース化するとともに、評価基準の統一化を目指してSAP SuccessFactorsを導入。ユーザーインターフェースも含めたシステムそのものの使いやすさ、サポートの充実度、そして時間や場所にとらわれずに利用できるクラウドシステムであったことが大きな決め手だったと言います。

SAP SuccessFactorsを導入した結果、40日間かかっていた人事関連業務が20日間へ圧縮でき、約50%の削減に繋がりました。営業に使う時間が増え、生産性も向上したそうです。今後は、1,200人ほどいる世界中の社員のデータを活用していきたいとのこと。また、従業員向けにトレーニングのカスタムメイドも検討しているそうです。

B株式会社

SAP SuccessFactorsの導入事例ページ (SAPジャパン株式会社 https://www.sapjp.com/gb/admin/wp-content/uploads/2020/05/CS_Hanwa_Final_20200323.pdf?ref=TOP&sap_adSource=PPC 参照)によると、B社は鉄鋼事業を中心とした独立系商社です。従来、人事異動を検討する際にはExcelにデータを集約していましたが、人事部が管理していたため、所属課員のスキルなどを確認する際も人事部を介さなくていけない状況でした。近年で派遣社員を含めると社員数は2,000名に達し、属人的な管理方法から脱却したいと考えていたそうです。

そこで、人事情報を体系的に評価し、適切な人材配置を確立できる仕組みが求められました。また、今後海外グループ企業へ人事システムを拡張していく予定もあったことから、グローバル企業での導入実績が豊富なSAP SuccessFactorsを選択。既存システムからの移行に約1年ほどの期間を要したものの、従業員情報の一元管理や、従業員向けのアンケート調査・集計、その他さまざまな人事業務を一元化でき、大幅な効率化に成功しています。

B社は現在、グローバル人材の育成に力を入れていますが、従業員が力を存分に発揮し、それがきちんと評価につながる仕組みを整えるうえでも、SAP SuccessFactorsは必要不可欠な存在となっています。

まずはSAP SuccessFactorsの資料請求を

SAP SuccessFactorsでは、詳細な機能や導入事例などを含めた資料を配布しています。今回ご紹介した内容以外にも、多くの魅力が発見できるはずです。

導入を検討している方は、まずSAP SuccessFactorsの資料請求を行っていただき、タレントマネジメントシステムとしてどのような機能が提供されているのか、自社にとって必要な内容が含まれているのかどうかを確認してみてください。ほかのタレントマネジメントシステムと比較したい場合は、アイミツからの一括見積もりもおすすめです。

まとめ

グローバル企業はもちろん、日本国内で事業を展開している中小企業にも、SAP SuccessFactorsはおすすめのタレントマネジメントシステムです。とくに、将来的に海外展開を目指し、優秀な人材を国内外から獲得したいと考えている企業にとっては最適なサービスだと言えます。

人材管理を一元化し、働きやすく成長が実感できる会社にしていきたいと考えている方は、ぜひSAP SuccessFactorsの導入を検討してみてください。

タレントマネジメント探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

タレントマネジメントが
最短翌日までにそろう