あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2020年06月05日 更新日:2020年07月01日

タレントマネジメントシステム14社を厳選比較【2020年最新版】

タレントマネジメントシステム

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、多くの企業でテレワークが実施されています。また、働き方改革の実現に向けてバックオフィス業務の効率化も求められている今、大いに注目されているのがタレントマネジメントシステムとよばれるものです。人事や総務などの管理部門の担当者であれば一度は耳にしたことがあるかもしれません。今回の記事ではタレントマネジメントシステムとは何なのか、代表的なサービスについてもいくつかご紹介します。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのタレントマネジメントを厳選!

目次
アイミツ
タレントマネジメントの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

タレントマネジメントシステムとは

そもそも、タレントマネジメントシステムの「タレント」とは自社で働く社員のことを指します。すなわち、タレントマネジメントシステムとは、社員それぞれの能力やスキルを把握しながら伸ばして成長につなげるサポートを行うためのシステムのことです。

どれだけ優秀な社員であっても、人によって得意分野もあれば苦手な分野もあるもの。能力は高いのに苦手な分野の仕事ばかり押し付けられているとモチベーションも低下し、結果として正当な評価を受けていないと感じ退職にいたることもあります。
そのようなことにつながらないように、タレントマネジメントシステムでは社員のスキルや経験、得意分野などを一元的に管理し、適切な人事考課を実現します。また、客観的かつ透明性の高い評価システムを実現するために、目標管理や研修履歴などの管理機能も搭載されているタレントマネジメントシステムがほとんどです。

これまで社員の評価を管理職や経営陣による属人的な判定に頼ってきた会社も多いと思います。タレントマネジメントシステムを導入することによって、客観的かつ明確な根拠のもとで人事考課を実行でるでしょう。社員の満足度や会社に対する信頼性も向上していくと期待できます。

タレントマネジメントを導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のタレントマネジメントの一括見積もりが可能です。タレントマネジメント選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
タレントマネジメント選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

人気のタレントマネジメントシステム14選

一口にタレントマネジメントシステムといっても、さまざまなサービスが存在します。今回はその中でも代表的なものを紹介しましょう。

タレントパレット(Talent Palette)

タレントパレットは、科学的データに基づきながら人材管理を実現するプラスアルファ・コンサルティング社提供のタレントマネジメントシステムです。

人材の見える化や離職防止などを解決するために、マーケティング的な思考を採用することで科学的データに基づいた意思決定や人材戦略を実現。人材情報の一元管理はもちろん、組織改革のシュミレーション、社内アンケートとの連携やeラーニングシステムなどの機能も搭載。これまで感覚的・直感的に行ってきた人事から、エビデンスに基づいた人事管理にシフトすることによって、さまざまな課題をクリアすることができます。
また、幅広い規模の企業への導入事例があり、業種も金融や製造業、ITなど多岐にわたります。スタートアップ企業などで人事管理のノウハウが社内にない場合においても、人事の意思決定をサポートしてくれるため安心です。

カオナビ

タレントマネジメントシステムの導入が初めてで、サポートが充実したサービスを選びたい方にはカオナビがおすすめです。導入までのサポートはもちろんですが、どのように運用していけば良いのかアドバイスを受けられるトレーニングセミナーや、基本的な操作方法を支援してくれるサポートサイトやヘルプデスクが無料で利用できます。また、さらに詳しい活用アイデアを知れる一部のトレーニングセミナーなどは有料で受講することもでき、多様な用途やニーズに応じて活用できることでしょう。

カオナビはその名の通り、社内で働く人の顔を見るだけでどんな人なのかを知ることができるような使いやすさにこだわっています。人材データベース化や組織シュミレーション、評価などの機能を搭載。社員数が増えてきて顔と名前が一致しない人が多くなってきた会社にこそおすすめしたいシステムです。

サイレコ

サイレコは、アクティブ アンド カンパニーが提供するタレントマネジメントシステムです。基本的な人事情報管理機能のほか、人事業務を効率化・自動化するために有効な機能も兼ね備えたHRオートメーションシステム。

たとえば社内申請や給与明細の発行などのバックオフィス業務も、基本機能のなかに含まれています。一からワークフローシステムを構築するよりも圧倒的にコストが安く、短期間での導入が可能。そのほか、目標設定から評価設定機能やアンケート機能などもあり、人事業務がオールインワンでパッケージ化されたシステムと言えるでしょう。各業務におけるペーパーレス化も実現できるため、備品や印刷代のコスト削減、人件費、通信費なども削減できると考えられます。会社を立ち上げたばかりで一通りの機能が欲しい方にはおすすめです。

SmartCompany(スマートカンパニー)

SmartCompanyは、日進サイエンティアが提供するクラウド型・オンプレミス型の両方に対応したタレントマネジメントシステムです。企業によってはシステム運用上、オンプレミス型でないと導入できない場合でも有効な選択肢のひとつになるでしょう。

機能としては、目標管理、人事評価、キャリア管理、人材分析、スキル管理といった人事業務遂行に必要な内容を網羅。また、必要な機能を必要な分実装できるカスタマイズ性に優れ、さまざまな企業で活用できる人事制度用のテンプレートも豊富に用意されているのも魅力です。
180社以上の導入実績を誇り、100名から10万人規模の社員数にまで対応できるため、会社の成長に合わせて長く利用できるタレントマネジメントシステムです。

CYDAS HR(サイダス エイチアール)

CYDAS HRは、サイダス社が提供するタレントマネジメントシステムです。人材情報管理の「Profile Manager」と目標管理ができる「MBO Cloud」、人材や組織など多様な分析に活用できる「Performance Cloud」の3つの機能が統合されています。

また、同社が提供している社内SNS「Stream」との連携も可能。さまざまな情報を社員自ら活用することで積極的な交流が生まれるはずです。目標管理のMBO Cloudは進捗が都度確認できるため、社員一人ひとりのモチベーション管理にも役立つことでしょう。そのほか、Performance Cloudではポートフォリオなどによって、社員それぞれの特性や状態を可視化し、個人の適材適所はもちろん組織単位での課題や人事施策も分析することが可能です。

HRMOS CORE(ハーモスコア)

HRMOS COREは、ビズリーチ社が提供する人材情報管理と定型業務の効率化を実現するタレントマネジメントシステムです。さらに、導入時のサポートが充実しており、専任の担当者がそれぞれの会社にマッチした機能や運用方法をサポートします。

タレントマネジメントシステムの導入において事前の準備は重要であると分かっているものの、具体的にどのような準備をすれば良いのか分からず困っている担当者も少なくありません。そのような場合であっても、システムを有効に活用するためにどのような運用をすべきか、運用計画なども含めて支援。社員数数百名規模の中小企業から、数千人規模の一部上場企業まで、業種を問わずあらゆる会社において導入実績があるのも魅力です。

HRBrain

HRBrainは、人材評価や目標管理を簡素化・効率化するシステムです。数あるタレントマネジメントシステムのなかでも料金形態が分かりやすく極めてシンプルなサービスです。月額4万9,800円からという格安料金で利用でき、社員数に応じて月額料金も変わってきます。他社のタレントマネジメントシステムにありがちなサポート費用やオプション費用などは一切不要で、月額料金だけを支払えば良いため安心です。

また、導入までのプロセスも極めて簡単で最短即日からのサービス利用も可能。14日間の無料トライアルを利用した上で導入が可能なため、できるだけ迅速にシステムを導入したい会社におすすめです。圧倒的な料金の安さを武器に、社員数が数十名程度の中小企業から特に人気があるほか、幅広い規模の企業での利用も可能なため会社が成長してもそのまま対応できます。

ヒトマワリ

ヒトマワリは、グローバンス社が提供する人材データを活用した戦略人事を実現するタレントマネジメントシステムです。月額4万5,000円(税抜)から利用可能な格安のシステムで、用途によって3つのプランを用意。

・スタートプラン 月額4万5,000円(税抜)~
 人材データベースや採用管理機能が中心。

・ライトプラン 月額6万円(税抜)~
 人材データベース・採用管理機能に加え、
 組織シミュレーションやワークフロー機能を追加。
 人材情報の組織分析が可能。

・オールインワンプラン 月額14万円(税抜)~
 面談管理やアンケート機能などすべての機能を提供。
 サポートサービスも利用可能。

また、いずれのプランも導入時の初期費用は無料となっており、お試し感覚でタレントマネジメントシステムを導入してみたいといったニーズにも対応できます。安価な月額料金のため中小企業やスタートアップ企業からの人気が高く、まずは実際に導入してみてから本格的に運用していくかを検討することも可能です。

jinjer人事

jinjer人事は、ネオキャリア社が提供する人事情報を一元管理するHRプラットフォーム「jinjer」の人事管理システムです。1ユーザーあたり500円の月額料金で利用可能。従業員管理やダッシュボード、組織管理といったタレントマネジメントシステムの基本機能が網羅されています。また、同社が提供している勤怠や労務システムなどとの連携も可能です。

一般的なタレントマネジメントシステムは月額数万円以上のコストがかかってしまうものですが、社員数が数名の会社の場合、決して安いものではありません。また、人材の入れ替わりが多い会社では、アカウントの増減にともない料金の見直しが発生し面倒な手続きに追われる心配もありません。給与計算や経費管理、勤怠管理などのシステムが個別に必要であれば、1ユーザーあたり300円もしくは500円で提供しているため、予算も立てやすいでしょう。

HR-Platform

HR-Platformは、フォスターリンク社が提供する人事プラットフォームです。人事業務に関するさまざまなシステムとサポートを統合したサービスを提供。目標管理や人事情報データベース、マイナンバー管理などの事務的なシステムはもちろん、自己申告や360度フィードバックなどの調査機能も充実しています。

また、各種機能をどのように活用するのが有効かを提案するコンサルティングや人事労務顧問も提供しているのが特徴。人事業務を効率化したい中小企業から大企業まで多くの会社への導入実績があり、IT化によって強い組織作りに貢献しています。人事情報管理や目標管理など特定の機能だけをピンポイントで導入するのではなく、タレントマネジメントとして総合的に活用できる機能やサービスを一括で利用したい方にはおすすめと言えるでしょう。

Geppo(ゲッポウ)

Geppoは、ヒューマンキャピタルテクノロジー社が提供するタレントマネジメントシステムです。IT大手のサイバーエージェントとリクルートのノウハウが集結したサービスの利用が可能。社員や組織の課題をサーベイ調査によって見える化。簡単な質問に回答するだけで社員個人や組織としてのさまざまな課題を抽出することができます。退職者の増加に悩んでいるものの、根本的な原因がつかめない、対策の打ちようがなく困っている会社にもおすすめです。

社員が回答する質問項目はわずか3問のみのため、回答率も高く精度の高い調査が可能。仕事そのものの悩みはもちろん、人間関係や健康に関する悩みまで、さまざまな要因を分析することが可能です。社員数に応じて料金プランが分かれており、50名未満の中小企業であれば月額3万9,800円という格安料金で提供しています。

SAP SuccessFactors(サクセスファクターズ)

SAP SuccessFactorsは、ヨーロッパ最大のソフトウェア開発会社であるSAPが提供するタレントマネジメントシステムです。SAPは世界130ヶ国、18万社以上の企業への取引実績を誇り、極めて安定的なシステム基盤のもとで運営されています。

日本国内はもちろん、世界各国でのグローバルなサポートネットワークをもっている強みを活かし、さまざまな業種において有効な活用方法を提案することも可能。海外展開を検討している企業において、グローバルな人材を活かすための人事制度やシステムを新たに構築したいと考えている会社にとっては最適なタレントマネジメントシステムといえるでしょう。アドバイザリーサービスを活用すれば、業種や会社規模に合わせて最適な人材管理やソリューションを提案することもできます。

Rosic(ロシック)

Rosicは、人事部門におけるマネジメント支援を行いながら、さまざまなデータ分析にも対応できるインフォテクノスコンサルティングが提供するシステムです。企業が抱える問題や課題は多岐にわたり、一概にシステムを活用したからといって明確な答えが出てくるとは限りません。最後に意思決定を行うのは会社の経営者や管理部門であり、それを科学的な側面から支援するという考えのもとで開発されています。

タレントマネジメントシステムの基本である人材データベース機能はもちろんですが、人事部門を支援するマネジメント的なツールとしても多く活用されています。手作業になりがちな業務を効率化させ、経営判断に必要な分析ができるようサポート可能です。
また、大企業への導入実績が豊富で、タレントマネジメントシステムのなかでも信頼性の高いサービスと言えるでしょう。

HITO-Talent

HITO-Talentは人材コンサルタント大手のパーソル総合研究所が開発したタレントマネジメントシステムです。人材の適材適所を実現するためのデータベース機能はもちろん、目標管理や評価管理機能も搭載し、人材育成の観点からも有効なシステムのひとつ。一般的にタレントマネジメントシステムは人事部門がメインで活用するシステムと考えられがちですが、見やすく直感的な操作性によって事業部門も手軽に活用できるような工夫が施されています。

社員数が数千人規模の大企業を中心に導入実績が豊富ですが、操作性が容易で高度なITスキルも不要なため、中小企業も含めて幅広い会社に対してもおすすめです。新規事業の立ち上げによって人員が急激に増加した会社や、組織改革によって大幅な異動が発生するタイミングなどにおいても最適ではないでしょうか。

アイミツ
タレントマネジメントの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

なぜタレントマネジメントが注目されているのか

タレントマネジメントシステムが注目されるようになってきた背景にはさまざまな要因が考えられます。なかでも最大の理由としては働き方改革への取り組みが挙げられるでしょう。深刻な人材不足が続く日本において、優秀な人材を確保しつつ生産性を向上させ会社の業績を安定化させるためには、働き方改革の実行が欠かせません。そこで、バックオフィス業務の効率化はもちろん、適正かつ正当な評価システムを導入するためにタレントマネジメントシステムのニーズが高まっています。社員のスキルや経験などを一元的に管理することによって、人材のミスマッチを防ぎ、会社で働く社員のモチベーション向上にもつなげることができます。

タレントマネジメント導入の3つのメリット

タレントマネジメントシステムを導入することによって得られるメリットを3つご紹介します。

公平に能力を評価できる

スタートアップ企業や中小企業などの場合、事業拡大にともない社員数が増えてくると、誰がどのような仕事をしていて具体的にどのような成果を達成したのかが把握しきれなくなるケースも出てきます。しかし、タレントマネジメントシステムを導入していれば各社員のスキルや能力、評価などを一元的に管理でき、属人的な評価ではなく明確な根拠に基づいた評価が可能になります。入社歴や人間関係に影響されないことで社員の会社に対する信頼性も高くなるはずです。

人材活用を最適化できる

人材活用の基本となるのは、得意分野を正確に把握した上で適材適所の人事を実行することです。いくら優秀な社員であっても、自分が不得意とする業務を強いられてしまうと成果が出せず伸び悩んでしまうもの。やがて「自分は仕事ができない人間だ」と感じてしまい、自信をなくし退職という決断をしてしまう可能性すらあります。タレントマネジメントシステムの中には人事異動によるシミュレーションなどの機能もあるため、適材適所に悩んでいる場合には有効なツールと言えるでしょう。

人材育成の促進につながる

タレントマネジメントシステムでは研修の受講履歴や経験してきた業務なども管理できるため、社員の育成や教育への活用も可能です。たとえば次期リーダーを育てるための研修や幹部候補の育成を図るために、必要なカリキュラムを組んで計画的に研修を受講させることもできます。リーダーとなる人材を育て、中長期的な会社の成長につなげていくためにもタレントマネジメントシステムは有効なツールのひとつです。

タレントマネジメントの3つのデメリット

タレントマネジメントシステムを導入するにあたり、デメリットとして考えられることも3つ挙げてみます。

初期費用以外に運用コストがかかる

タレントマネジメントシステムはクラウド上で管理するSaaSでもあるため、導入にあたっては初期費用以外にも毎月の運用コストが発生してしまいます。社員数や事業規模によっても料金は異なるため、見積もりをとってもらった上で判断しなければなりません。しかし、人材のマネジメントにかかる人件費や作業コストを考えたとき、必ずしもタレントマネジメントシステムのコストは高いとは言えないものでしょう。

現行の制度やルールを見直す必要がある

これまで運用してきた人材管理の制度やルールのままでは、タレントマネジメントシステムを導入できない可能性も出てきます。特に属人的な評価方法や査定を行ってきた会社の場合、何をもって評価の基準とするのかを明確に定めなければなりません。単にタレントマネジメントシステムを導入したからといって解決すべき問題ではなく、まずは社内の制度やルールがシステムにマッチできるか否かを確認するところから始めなければならないのです。

社内に浸透するまで時間がかかる

評価基準や人事制度を大幅に変更しなければならなくなったとき、これまで従来のルールのもとで働いてきた社員から反発が起きたり、そもそも社内に浸透するまでに時間を要したりすることがあります。タレントマネジメントシステムを導入するにあたっては、事前に社内への確認・連絡が必要です。その上で、導入理由や変更予定、スケジュールなどを通知しておき、それに対応させるための準備期間も必要になるでしょう。

タレントマネジメントシステム選定の3つのポイント

タレントマネジメントシステムを選ぶ際、具体的にどのようなポイントを基準にすれば良いのかご紹介します。

自社の課題解決に繋がる機能が備わっているか

タレントマネジメントシステムのなかにはさまざまな機能があり、サービスや製品によっても搭載されている機能は同じではありません。そのため、まずは自社にとってどのような機能が必要であるのかを事前に調査し、それに対応したサービスをピックアップして検討するのが第一となります。単に人材管理を一元化したいのか、または人材の配置シミュレーションや評価システムなどの機能も重視したいのかによっても選ぶべきタレントマネジメントシステムは異なります。

運用担当者にとって使いやすいか

たとえば人材管理を一元化し人材の最適化につなげたい場合、どの社員がどのようなスキルや能力をもっているのかを適正に把握しなければなりません。また、組織単位で社員のエンゲージメントを調査し、解決すべき課題がないかを分析することも重要な要素です。しかし、タレントマネジメントシステムが提供しているダッシュボード機能などのツールによっても見やすさは異なり、運用担当者が理解できていないと十分な機能を活用できません。

セキュリティやサポート体制は整っているか

初めてタレントマネジメントシステムを導入する場合、使い方が分からず運用できないといったケースも考えられます。ITスキルがあり、まわりの社員に対して使い方などをレクチャーできるような担当者であれば良いのですが、必ずしもそうとは限りません。そこで、導入や運用におけるサポートが充実したタレントマネジメントシステムを選ぶことが重要です。ヘルプデスクはもちろんですが、セミナーや活用事例などを展開しているところも多いため参考にしてみましょう。

まとめ タレントマネジメントシステムを導入して人材活用を最適化しよう!

今回はタレントマネジメントシステムの基本的な内容や代表的なサービス、導入時に注意すべきポイントなども含めて紹介してきました。テレワークの拡大にともない、今後タレントマネジメントシステムはさらに需要が高まってくると予想されます。自社にマッチしたタレントマネジメントシステムはどれなのかを選ぶためにも、まずは自社の抱える課題を抽出し、必要な機能を備えたサービスをピックアップして検討してみてください。
参考となる見積もりをしてみるのも良いでしょう。

タレントマネジメント探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

タレントマネジメントが
最短翌日までにそろう