起業・副業を始める方必見!サイトの構築からソーシャルメディア活用法までを徹底レクチャー!

更新日:2017年07月12日 | 公開日:2015年01月31日

起業したいと考えている方は
「なにから手を付けたらいいのかわからない」
こんな悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、起業したい方におすすめのサイト制作ツールとサイト運営のコツをご紹介します。

CMSでWEBサイトを構築

 ビジネスモデルが決まったら、実際にサイトを開設しましょう。ここでは便利なCMSというツールをご紹介いたします。CMSとは"Contents Management System"の略で、サイトの編集をサーバー上でなくウェブ上でおこなえるお手軽システムです。フリーで人気のWordPressをはじめ、さまざまな種類がありますが、事業に合わせて選択しましょう。
 たとえばネットショップ型のCMSなら3種類あります。1つ目はレンタルサーバに簡易ネットショップ機能が実装されているケース、2つ目は自らがCMSをインストールするケース、3つ目はインストール済みのショッピングカートサービスです。こちらはプロバイダとの契約で直ぐに開設できます。自身の環境に合わせて選択してみてください。

無料版Jimdoで手早くサイト構築

 ここでは、Jimdoという便利なCMSを使ったサイト構築について説明します。なぜこのサービスを使うかというと、非常に手軽でコンテンツの更新も容易だからです。その他のメリットとしては、無料版から始めることもでき、有料版へグレードアップしても月945円~からという安さが魅力です。豊富なレイアウト、Googleマップや問い合わせフォームのテンプレートも取り揃えられています。初心者がチャレンジするのにうってつけなので、迷ったらこれから初めてみてはいかがでしょうか。

SEO対策はキーワードから考える!

 念願のサイト開設の次は、集客を考えましょう。Googleなど、検索エンジンからの集客を強化するには、SEO対策が必須です。SEO対策で使われるキーワードは、自分のサイトや各ページの内容を要約するものとして選定しましょう。
 たとえばクレジットカードのサイトのケースで考えると「クレジットカード」「ポイント」は必須となるビッグキーワードとなります。「獲得」「ゲット」などは中間的な要素なのでミドルキーワードとなります。さらに具体的な小売店名や航空会社名とセットで検索されることも考えられます。それらはスモールキーワードと呼ばれます。これらを効果的に使いこなしていきましょう!

Google AdSenceでクリック報酬を獲得!

 ある程度サイトの形ができたら、広告収入も狙っていきましょう。Googleアドセンスというのは、成果報酬型のアフィリエイト広告と異なる、クリック保証型の広告です。クリックの報酬単価は5-200円、平均30円程度と言われています。報酬額は、広告内容やサイトのクリック率で変わってきます。また、広告を出稿している企業も多いのでオススメです。
 ただ、アドセンスは審査が厳しいという一面も覚えておくべきです。そのため掲載が不安になるかもしれませが、この他にもASPサービスと呼ばれる同じような内容のものがあるので、代替策として活用するのもいいかもしれません。

ソーシャルメディアを活用しよう!

 平成27年に総務省が公開したデータでは全世代の60%がなんらかのソーシャルメディアを利用しているという統計が出ています。また、東日本大震災のようにTwitterやFacebookを活用した情報のやり取りが非常に重宝したケースもあります。どのようにビジネスに活用するかというと、商品やイベントの紹介、会社案内や人材募集など目的は多岐にわたります。
 主要なメディアとしてはまずFacebookが挙げられます。Facebookページにアプリをインストールすることでさまざまな機能を付加できるのが特徴です。そしてTwitterの活用もオススメです。フォロー・アンフォローを気軽にでき、興味関心でユーザー同士が繋がることが多いので、情報の収集・拡散の役に立つでしょう。

ソーシャルメディアを用いたクチコミ伝播

 ソーシャルメディア活用はクチコミマーケティングとも呼ばれています。蓋を開けてみれば従来の口コミと形は同じです。評判の良い商品が人の口を伝って話題となり、ヒット商品が生まれます。
たとえばツイッターでの情報伝播の仕組みとしては「こんな有用なサイトがある」とユーザーがコメント付きのリツイートすることで、ほかのユーザーへと広がっていきます。
 しかしクチコミの伝播は良いことだけではありません。炎上という恐ろしい事態もありえます。悪事千里を走るというように、よいう噂よりも悪い噂の方が広まりやすいというのが実情です。また、一度炎上してしまうと収集がつかないこともあり、最悪の場合はその一件で廃業に追い込まれるケースもあります。倫理性のない投稿や非常識な発言は慎むようにしましょう。

【まとめ】規模に合わせたサイト制作をする

おすすめサイト制作ツールの紹介と、ソーシャルメディアを使ったサイト運営をご紹介しました。
この記事では個人で制作・運営することを前提としてご紹介しましたが、「サイトデザインをもっとこだわりたい」「運営方法に行き詰ってしまった」そんな際は外注するのも方法の1つです。

ホームページ制作を外注するとかなりのコストがかかると思う方は多いですが実はサイトによってはかなりコストを抑えて制作することが可能になります。

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」では、コンシェルジュがお客様のサイト規模や予算に合わせて適切な制作会社をご紹介します。
ご相談は無料です。気軽にご相談ください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください