【経営者必見!】労務に関する悩みがひとつでも当てはまったら労務相談すべし!

更新日:2016年06月27日 | 公開日:2015年09月14日

この記事を読むための時間: 3分

社会保険労務士が取り扱う仕事は、労働社会保険諸法令に基づく書類の作成や書類の代行提出、人事や労務に関するコンサルティングと多彩です。ゆえに社会保険労務士の業務内容がよく分からず、どんな労務相談をすればいいのか分からないという場合にも参考にしていただけたらと思います。

■1:労働問題で揉めている

■2:法改正に伴い社内規定を改定したい

■3:行政官庁の立ち入り調査に関する労務相談

労働基準監督署や労働局、年金事務所による調査・臨検が入り、労務管理について何らかの指導・是正を求められた場合も社会保険労務士に労務相談しましょう。労働基準監督官が調査に入れば、会社の組織図・労働者名簿・賃金台帳・社員の時間外労動時間・勤怠管理・労働条件通知書・健康診断の実施結果など労務の細かなところまで見られます。改善案なども自社では行わず社会保険労務士に労務相談をすべきです。

■労務相談のお悩みなら

万が一、自社で労働問題が起きたら職場の風土が悪化します。従業員の士気が下がり生産性も低下し業績の悪化にもつながります。経営者や人事部は労務管理力をより一層高め、労務に細心の注意を払いましょう。社会保険労務士事務所では無料相談も設けていますので、一度労務相談を検討してはいかがでしょうか?

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください