海外に向けて気軽に発信できる!便利すぎる格安で行えるWEBサイト翻訳会社まとめ5社

ラスベガスの案内プレートと夜景

更新日:2017年10月22日 | 公開日:2014年12月03日

事業で海外進出しようと考えたとき、必要となってくるのがWEBサイトです。
海外のどこにでも情報を発信することができますし、自社について知ってもらうことも可能です。
海外向けにWEBサイトを翻訳するとき、自社で行うと時間がかかりますよね。
そこで翻訳業者に頼めば、スピーディーに質の高いサイトを作ってもらうことが可能です。
今回は、特に格安で作ってくれる翻訳会社を紹介いたします。

1.株式会社コアネット

既存のWEBサイトを翻訳して制作する他にも、海外向けSEO対策のサービスもあります。
ネイティブによる翻訳で、専門用語まで幅広くサポート可能です。
総勢6,000名を超える翻訳スタッフが担当するので、安心して依頼できます。

2.株式会社スプリングヒル

適性を見極めた翻訳者選定を行い、全言語ネイティブによる翻訳をしています。
第三者によるダブルチェックで高品質な翻訳を提供します。
翻訳証明書発行の対応も可能です。
はじめて依頼するユーザーは10%OFFになるので、さらにお得ですよ。

3.株式会社川村インターナショナル

多言語の翻訳を主な業務としています。
WEB制作やマニュアル制作、マルチメディア制作などにも対応します。
総合的品質管理(TQM)を推進しているので、高品質な翻訳を求めるクライアントにピッタリです。

4.株式会社エニドア

WEBサイトを多言語化して海外進出を促進しています。
日本語1文字6円という低価格で正確なWEBサイト翻訳サービスを提供します。
日本語と各国の言語・文化に精通している翻訳者が、ウェブサイト翻訳を担当するので安心できます。

5.エヌ・ティー・シー株式会社

翻訳サービスをスピーディかつ正確に、ユーザーへと提供しています。
身近な翻訳会社としてユーザーに喜んでもらえることを目指し、サービス向上に取り組みます。
各種証明書やメール内容など幅広く対応しています。

【まとめ】翻訳業者に依頼するメリット

更新頻度が高めのWEBサイトの翻訳は、正しい内容で訳すことはもちろんですがスピードも求められます。
翻訳のプロに依頼すれば、濃い内容の翻訳をスピーディーに行ってくれますよ。
格安な翻訳業者に依頼して、あなたの制作したWEBサイトを世界に発信してみませんか?

「自社のエリアを得意としている翻訳業社は」「費用面も比較しながら検討したい」とお考えの担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ぜひ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください!
全国の翻訳業者からあなたに合った業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ