eセールスマネージャーの評判と実態|15個のSFA・CRMを試したアイミツが徹底比較!

eセールスマネージャー トップページ

更新日:2018年11月30日 | 公開日:2018年11月30日

営業業務は時間が命です。限られた時間で、どれだけの成果(商談成立)が挙げられるのかが決定打となります。営業で効率よく結果を出すために、SFAツールを、採用する企業も増えてきています。だからこそ、どのSFAを導入すべきか悩んでいる会社も多いのではないでしょうか。

この記事では、SFAツールの中でも使いやすさNo.1と言われ、4,500社以上で導入されている「eセールスマネージャー」を他社サービスと比較しながら紹介します。eセールスマネージャーのメリット、デメリット、結果の出せる使い方についても徹底解説するので、導入の参考にしてください。

<総評> 「eセールスマネージャー」は国内営業に最適化した現場で重宝されるSFA

<総評> 「eセールスマネージャー」は国内営業に最適化した現場で重宝されるSFA

「eセールスマネージャー」は、日本発のSFAツール。海外製のSFAと比較して目立つ特長は、なんと言っても営業現場での使いやすさでしょう。

そもそもアメリカなどの広い国土を持つ国での営業と、日本での営業のスタイルはまったく異なります。国土の広い国では、エリア営業や定期訪問はほとんど行われません。その代わり、MA(マーケティングオートメーション)やインサイドセールスなどで、地域を意識しない形で営業を行うのが一般的です。

しかし、日本ではエリア営業は日常的に行われており、だからこそ顧客と築ける人間関係が商談成立につながることもあります。eセールスマネージャーは、日本国内の営業担当者が使いやすいよう、このような営業スタイルに着目して作られています。例えばエリア営業の際の取引先のピックアップを例に挙げてみましょう。

一般的なSFAでは、対象エリア内にある企業について、あらかじめピックアップしなければいけません。
ところが、eセールスマネージャーは地図からエリアを絞り込めば、あとは自動で企業をピックアップしてくれます。

エリア営業の多い日本企業では、このような細かな気遣いのできるサービスが重宝されます。eセールスマネージャーには、これ以外にも国内営業に最適な機能が数多く搭載されているのです。使いやすさNO.1に選ばれている理由は、この国内独自の営業スタイルに配慮した設計にあるといえます。

そもそもSFAとは?

そもそもSFAとは?

SFA(Sales Force Automation)とは、営業活動を「見える化」し、生産性の向上や改善を行うためのシステムです。

営業活動は、営業担当者の間で共有されにくい個人プレーも多く、見えにくい仕事を多く含んでいます。見えないからこそ、情報共有のために日報を作成して紙ベースで提出、それを承認してもらい……という手間が生じます。

SFAは、顧客情報、日報、営業プロセス、承認フローなどが一元化されており、クラウドを利用していつ、どこにいても情報を共有できます。たとえば営業担当者がSFAに日報を入力したら、そのまま上司に承認してもらうといった使い方も可能です。さらに顧客の最新情報や、どこまで商談が進んだかというステータスも作成できます。

また、ワークフローを共有することで、すべての営業担当者にノウハウを共有できます。営業という仕事には数多くのプロセスがある上に、担当者の性格やコミュニケーション能力によって、商談成立が左右されてしまうこともあります。SFAは、このような担当者間の力量の違いを均一にし、一定の水準まで引き上げてくれます。

より少ない工程で、より多くの営業活動が、より短時間に進められる。それがSFAです。

Salesforceと比べた評判は?

SFAには、似たような機能を持つものも多く、その差が分かりにくいものです。eセールスマネージャーの特徴を把握するためにも他社SFAと、その評判や価格を比較・検討する必要があります。そこで、SFAの中でも最もシェア率の高い「Salesforce sales cloud(セールスフォース・セールス・クラウド)」とeセールスマネージャーを比較してみます。

Salesforce sales cloudは、SFAの中でも200万人以上に使用されている人気の高さが特徴です。その背景には、海外発のSFA・CRM(顧客関係管理)一体型システムで幅広く対応できるコスパのよさがあります。しかも独自AI(人工知能)が、予実管理だけではなく、受注と失注の差を分析し、案件ごとに適切な担当者を割り振る機能を備えています。

料金は年契約に限定された契約体系に加え、3,000~36,000円/月の利用価格であり、少々ネックになるかもしれません。これは法人ごとの価格ではなく、ユーザー1人あたりの価格なので、コストに余裕のある企業しか導入できない可能性があります。

一方で、eセールスマネージャーは、Salesforce sales cloud同様SFA・CRM一体型で、利用目的はほぼ同じです。使い勝手に関しては海外製のSalesforce sales cloudに比べて、日本発のeセールスマネージャーの方が断然使い勝手がいいといえます。

eセールスマネージャーは1度入力した情報を元に、SFAが自動的にタイムライン、スケジュール、商談リストなどを反映してくれます。これによって、業務が大幅にスリム化されます。日本ならではの営業スタイルに沿って設計されたSFAは、現場の営業担当者の残業時間を格段に減らしてくれるでしょう。

コスト面でもeセールスマネージャー」はSalesforce sales cloudよりも優れています。eセールスマネージャーは月々1,000円~6,000円をベースに利用価格が設定できます。グループウェア機能のみ、ナレッジシェアのみで好きなエディションを選択できます。最も上位エディションの6,000円~でも、確実にSalesforce sales cloudよりも低コストで導入できます。

1.「eセールスマネージャー」の5つのメリット

1.「eセールスマネージャー」の5つのメリット

SFAを選ぶ時、重視すべきポイントは企業によって異なるでしょう。自社に最も利益を与えるSFAを選ぶためにも、メリットを見比べる必要があります。ここでは、eセールスマネージャーを選んだ場合のメリットを5つご紹介しましょう。

1-1.役職を問わない使いやすさ

eセールスマネージャーの評判が高い理由として、「使いやすさ」が挙げられます。2018年の株式会社ESP総研調べによると、eセールスマネージャーは、使いやすさNo.1に選ばれています。現場の営業担当者はもちろん、管理職にとっても使いやすいと評判なのには理由があります。

例えば営業担当者が、当日の日報をSFAにアップしたとします。日報はSFAのタイムラインに上がり、上司が即時確認できます。確認した上司は、グループウェア(社内SNS)機能を使って、コメントができます。

営業担当者にとっては、わざわざ会社に戻って日報を書く必要がなく、残業時間を減らすことができるでしょう。管理職にとっては、紙ベースの日報に押印したり、一言伝えるために面会する必要もなく、業務を効率化できます。どのポジションにいても、使いやすさを実感できるため、導入に失敗しにくいのです。

1-2.導入しやすい価格設定

大企業でもコストカットに力を入れている昨今、SFAにかけられる余裕はない!という企業も多いのではないでしょうか。導入しても定着に成功するかどうか分からないSFAのために、予算を出す企業は少ないものです。

しかし、低コストが魅力のeセールスマネージャーなら、導入もできるかもしれません。数万円/月のSFAも目立つ中、eセールスマネージャーはかなりの低価格帯です。グループウェア機能のみなら1,000円~/月、ナレッジシェアのみなら2,000円~、最上位エディションでも6,000円~という低価格です。

導入したいが、予算はかけられないという企業には、大きなメリットになるでしょう。

1-3. わずか数クリックで済む操作性

海外製のSFAの中には、レイアウトがわかりにくく、テキストが多いものが目立ちます。しかも、目的のページにたどりつくまでに多くの手数を踏まなければいけません。

しかし、eセールスマネージャーはわずか数クリックで目的のページにたどりつけます。操作が簡単なので、時短、効率化に有効です。

たとえば、カレンダー機能を開いて、予定の日時をクリック(タップ)すると、それだけでその日の日報を作成できます。日報も、商品情報項目→商品選択の順に選択していくだけ。現場の営業担当者の負担は確実に減少するでしょう。

1-4. 日本発SFAだからこその細かいサポートで96%の定着率

せっかく予算を投入してSFAを導入するなら、多くの社員に長く定着させたいものでしょう。eセールスマネージャーは、驚異の定着率96%の実績があります。

具体的には、初級~上級までレベル別に集中講座を開催しているので、メンバーのSFAへの理解度を均一にすることができるでしょう。対面の実施が難しくても、WEBでの講座を受けることもできます。さらに、ヘルプデスクがメールで個別対応してくれます。

「わからない」「できない」を減らすスキルのあるeセールスマネージャーだからこそ、高い定着率が大きなメリットとなります

1-5. グループウェア機能で社内コミュニケーションも円滑に

毎月1ユーザーあたり1,000円~使用できるグループウェア機能も、eセールスマネージャーの魅力です。一般的な社内SNSは、テキスト投稿型で利用しない人と利用する人の差が激しいのが運用の難点です。何を投稿していいのかわからず、それがより一層社内SNSからメンバーを遠ざけてしまいます。

eセールスマネージャーのグループウェアは、テキスト投稿型ではなく、タイムライン型になっているのが特徴です。こちらは活動報告を入力するだけで自動的に投稿されます。投稿された情報にコメントをつけることができ、部署や役職を越えて行われます。

この機能により、機能を使う人、使わない人の差がなくなります。その上、必要な情報が社内の垣根を越えてやり取りされ、シームレスな情報共有が可能となります。

2. 「eセールスマネージャー」の2つのデメリット

2. 「eセールスマネージャー」の2つのデメリット

国内発のSFAとして評判のよいeセールスマネージャーですが、見方によってはデメリットもあります。
ここでは、eセールスマネージャーのデメリットとなる2つのポイントについて紹介します。

2-1. ブラウザからのレスポンスにストレスを感じることも

eセールスマネージャーはPCで使用する際、WEBブラウザがベースのシステムとなっています。
どのブラウザを使用するかによって、多少の差はありますが、レスポンスタイムが遅いと感じる人もいるでしょう。SFAの機能上、ブラウザベースシステムではどうしてもレスポンスに時間を必要とする場合が多くなります。

急務の際には、このわずかなレスポンスタイムがストレスになる可能性があります

2-2. 導入時の入力項目の多さがネックに

eセールスマネージャーでは、選択肢をクリック(タップ)していくだけで簡単に日報が作成できます。メンバーのスケジュール確認や予実管理もわずか数ステップで完了する操作性のよさについては、前述しました。

しかし、それだけの工程で済むということは、あらかじめ多くの選択肢が設定されているということです。
導入開始時にのみ実感するデメリットですが、設定時に入力項目が多すぎて、手間がかかるという見方もできます。

3.徹底調査でわかった「eセールスマネージャー」を使うべき人・会社

3.徹底調査でわかった「eセールスマネージャー」を使うべき人・会社

eセールスマネージャーのメリット・デメリットを踏まえて、eセールスマネージャーがどのような企業に向いているのかについて紹介します。

3-1. 海外製SFAの導入に失敗した会社

SFAは、もともと海外で誕生したシステムのため、知名度やシェア率が高いのはSalesforceに代表される海外製SFAでしょう。どのSFAを導入するか決定する際、実際の評判よりも、上記のような知名度などで海外製を選ぶ企業も多いのも現実です。しかし、いざ海外製SFAを導入してみたら、使いにくい、日本の営業に向かないといった問題に直面し、導入を断念した企業もあるのではないでしょうか。

そのような会社こそ、eセールスマネージャーを試してみるべきだといえます。日本製のSFAならではの、日本人のセールス体系にマッチしたレイアウトや機能を体感すれば、海外製との違いを実感できるはずです。定着率の高いeセールスマネージャーだからこそ、海外製で失敗経験のある企業は使いやすさを実感できるでしょう。

3-2. 日報作成のために多くの時間を取られていた人

日本の営業担当者にとって、「これさえなければ早く帰れるのに」と思う原因のひとつが「日報作成」ではないでしょうか。やっとの思いで営業活動を終えて、エネルギーを使い果たしているのに、そこからさらに会社に戻って活動報告しなければならない。現場の営業担当者なら誰しもが経験したことがあるでしょう。

しかし、eセールスマネージャーは日報の作成が非常に簡単です。選択肢をタップしていくだけで、非常に効率的に、かつ短時間で済みます。マルチデバイス対応なので、会社に戻らなくても日報作成ができます。時間も場所も選ばないため、すべての営業担当者の日報に関する悩みを減らすことができるでしょう。

3-3. スピード感のある指示出しをしたい管理職

eセールスマネージャーは、管理職にも評判のよさを実感してもらえるSFAです。マネージャーなどの管理職は、営業担当者の行動をどれだけ把握できるかが、指示出しの迅速さにつながります。スピードダウンすれば他社に契約を取られてしまうこともあるからです。

eセールスマネージャーは、営業担当者からの報告をリアルタイムで見込み商談リストや商談カルテに反映します。そのため管理職は、自動で更新されるこれらの情報をキャッチアップできます。その後、タイムライン(社内SNS)で営業担当者にすぐに指示出しができるので、業務のスピードが格段に上がるるでしょう。

4.徹底調査でわかった「eセールスマネージャー」を使うべきでない人・会社

4.徹底調査でわかった「eセールスマネージャー」を使うべきでない人・会社

使いやすいと評判のeセールスマネージャーですが、以下のような会社にはおすすめできません。
導入前に、下記の条件に当てはまっていないかどうか、確認しましょう。

4-1. 導入にあたって現場マネージャーが協力的ではない会社

eセールスマネージャーがスピーディな活動報告を可能にしているのは、営業担当者が「選択肢から選ぶだけ」という作業の単純化を目指したから。つまり、導入の段階で、システム構築する際、現場マネージャーが取引先や取引の詳細についてかなりの量の情報を提供する必要があります。営業エリア、企業、企業の担当者、商品やサービスの詳細な情報に至るまで、多くの情報を提供するからこそ、eセールスマネージャーの使いやすさが生まれるのです。

導入の時点で現場マネージャーが非協力的だと、入力項目がいい加減になり、後で営業担当者が困ることになります。報告したい商品が選択肢に含まれていなかったり、取引先の担当者が不明だったりと、使用してもデメリットしか感じないでしょう。

4-2. PCやタブレットを配布せずに個人負担にしている会社

eセールスマネージャーはマルチデバイス対応なので、場所を選ばずに使用できる点が評判でもあります。
しかし、社員にタブレットを配布していない会社は、デメリットを感じることがあるかもしれません。

スマホ用のアプリもありますが、操作性はPCやタブレットよりは落ちてしまいます。タブレットやPCは個人購入となると、外出先からはスマホからのアクセスに限定される社員もいるでしょう。するとSFA利用率が下がり、定着しないかもしれません。せっかくの使いやすさが実感できないなら、「eセールスマネージャー」を使うべきではないといえます。

5. 2分でできる!「eセールスマネージャー」の登録方法

5. 2分でできる!「eセールスマネージャー」の登録方法

eセールスマネージャーでは、企業に応じたデモンストレーションを無料で公開しています。登録方法は、必要事項を記入するだけで、2分もあれば完了。以下で詳しい方法を紹介します。

5-1. 公式サイトにアクセスして「お問い合わせ」ボタンをクリック

まず、公式サイトにアクセスしましょう。トップ画面右上に「お問い合わせ」という黄色のボタンがあるので、そちらをクリックします。表示された問い合わせフォームの「お問い合わせ内容」に含まれる「eセールスマネージャーのデモ希望」を選択しましょう。

5-2. 申し込みフォームに必要事項を入力

問い合わせフォームに会社名、 部署、役職、氏名、会社都道府県、E-MAIL、従業員数、業種の8項目を入力します。他にも「お客様の立場」などの項目はありますが、これらは任意なので記入しなくてもOKです。入力に慣れた方なら、2分といわず1分足らずで終了するでしょう。

5-3. 登録ボタンをクリックして完了

必須項目に記入がすべて終わったら、一番下にある「送信」という青いボタンをクリックして、申し込みは完了です。営業日なら即日連絡があるのでスムーズに無料デモへと移行できるでしょう。

6. 「eセールスマネージャー」の効果的な使い方

6. 「eセールスマネージャー」の効果的な使い方

eセールスマネージャーを導入するなら、ぜひ試してもらいたい便利な使い方をご紹介します。

6-1. 日ごろ蓄積したデータをそのままミーティング資料に

多くの企業では、ミーティングを行うに当たって、「ミーテイング用の」資料を作成しているという企業も多いのではないでしょうか。日ごろからせっかく作成している資料があるのに、会議となると別個にわざわざ資料を作るのは手間がかかります。

このような時、eセールスマネージャーを使うことで、業務がかなりスリム化されます。毎日アップする日報(活動報告)が情報として一元化されて蓄積されていくからです。eセールスマネージャーを開いてTVモニターやスクリーンで共有するだけで、会議の資料作成を別途する必要がありません。

顧客情報も、分析された資料にもすぐにアクセスできるので、資料作成・印刷などの時間がカットできるでしょう。

6-2. 全国の支社の実績を具体的に顧客に案内

実際にeセールスマネージャーを導入している空調メンテナンスを扱う企業では、施工例の案内に活用されています。全国に事業所があり、それぞれの事業所で工夫した施行を行っている場合、SFA導入前は各店舗で顧客に提示できる施工例が独占・限定されていました。

ところが、「eセールスマネージャー」を導入してからは、九州や北海道などの遠方の施行実績も本社やその他の事業所で顧客に紹介できるようになったのです。

このように、全国各地に支社や事業所がある場合、情報をそこだけの財産にせず、企業全体の財産にするという使い方ができます。顧客に案内できる施工実績も増え、受注率がアップする可能性があるでしょう。

6-3. 直行直帰を可能にすることで残業時間を削減

eセールスマネージャーの特長は、なんと言ってもその使いやすさにあります。これまで、遠方の出張に行く前に会社に寄ったり、帰ってからもわざわざ会社に戻って日報を作成していた人も多いでしょう。

しかし、「eセールスマネージャー」なら日報の入力が簡単で、移動中の機内や、新幹線などの社内でも活動報告を行えます。社内規定さえ整備できていれば、遠方からの出張でも、わざわざ会社に立ち寄る必要はなくなります。

案件によっては待機時間が長く、時間の使い方が難しい現場の営業担当者でも、スキマ時間にリアルタイムで活動報告ができます。特に出張などがない場合でも、報告で問題がなければそのまま直帰できるスタイルが確立されれば、すべての社員の業務時間を大幅に削減できるでしょう。

7. まとめ

7. まとめ

eセールスマネージャーの評判を見てみると、知名度は海外製SFAに劣るものの、操作性でいえば格段に勝っているという声が多く見られました。それは、国内発だからこそ「日本の営業スタイル」をベースに設計されているからだと考えられます。

日本国内でも、働き方改革の推進によって、残業時間の削減、働き方の多様性を求める動きが活発化してきました。これらの動きに対応するためにも、そして何よりも現場の営業担当者の働きやすさを実現するためにもeセールスマネージャーは理想的なSFAだといえます。

操作性のよさはもちろん、導入のためのサポートも日本独自のホスピタリティを感じさせるきめ細やかさ。
海外製SFAで導入に失敗した企業でも、eセールスマネージャーならスムーズに定着させることができるでしょう。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
9万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ