あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

UPWARD(アップワード)の評判と実態|15個のSFA・CRMを試したアイミツが徹底比較!

UPWARD トップページ

更新日:2018年11月30日 | 公開日:2018年11月30日

SFA(営業支援)や、CRM(顧客関係管理)を導入し、営業の効率化を図ろうとしている企業は多いのではないでしょうか。

この記事で紹介する「UPWARD(アップワード)」は、クラウドを利用し、主にルートセールス、リテールセールスといったフィールドセールスを効率化するためのシステムです。「UPWARD(アップワード)」の他にも、SFAやCRMは数多くのサービスがリリースされています。営業業務にも様々な業務が発生する中、現在ではSFAを導入するか・しないかという問題よりも、どのサービスを導入するのかが課題です。

そこでこの記事では、UPWARD(アップワード)の評判を他社製品と比較してご紹介します。UPWARD(アップワード)のメリットやデメリット、および上手な使い方についても徹底解説。導入を検討している方や企業は、ぜひご一読ください。

<総評> 「UPWARD(アップワード)」はルート営業に最適のSFA・CRM一体型クラウドサービス

<総評> 「UPWARD(アップワード)」はルート営業に最適のSFA・CRM一体型クラウドサービス

営業にも種類があり、大きく分けると営業新規開拓、ルート営業に分けられます。
UPWARD(アップワード)は、このうちのルート営業担当者にとって効果を最大限に発揮するサービスです。

導入実績として、国内企業では、ダイハツ工業株式会社や、江崎グリコ株式会社など、名だたる企業が名を連ねます。

訪問業務での困りごとは、誰がいつ、どの企業を回ったのかという情報を共有しにくい点です。ルート営業の場合は現在地から最も効率よく回れる次の取引先を調べる必要があります。

UPWARD(アップワード)を活用することで、その課題を解決できます。UPWARDは位置情報や地図をCRMと関連づけているため、営業担当者のリアルタイムの位置が確認でき、次の取引先までの最短ルートを案内してくれます。さらに、位置情報や案件報告から、誰がいつ、どの企業を回ったのかが共有できます。いちいち次の訪問先を確認することなく、最も効率のよいルートで取引先を回ることができるのです。

機能は他にもあり、ワークフローの作成と共有、案件管理や商品管理、目標予算管理など、SFA・CRMとしてのスタンダードな機能はほとんどすべて兼ね備えています。さらにそのすべてがモバイルのみで使用できるのも嬉しいポイント。むしろ現場の営業担当者は、会社内よりも出先でSFAを使用するものです。

だからこそ、モバイルのみで簡潔に扱うことができるUPWARD(アップワード)は、ルート営業で特に重宝される、評判のよいSFA・CRMだといえます。

そもそもSFAとは

そもそもSFAとは?

SFA(営業支援システム)とは、Sales Force Automationの略で、これまで個人行動で見えにくかった営業活動を「見える化」するためのシステムです。営業という仕事は、ひとりひとりの営業担当者のスキルや経験によって差がでがちです。さらに、成績のよい営業担当者がどのような取り組み方をしているのかもわかりにくいという特徴があります。

SFAは個人でしか蓄積できなかった営業活動のプロセスを社員間、マネージャー、経営者で共有することができるものです。営業マンがいつ、どのような取り組みをしたときに、商談成立したのかについて、社内で情報を共有して分析ができます。機能によっては案件ごとにリアルタイムで商談の進み具合や受注について把握できます。

SFAを導入することで、これまで1週間まとめて報告していたものが、当日中どころか即時報告することが可能になります。社員の業務を効率化・スリム化し、さらに商談成立の可能性をアップさせるのがSFAなのです。

「ナレッジスイート(Knowledge suite)」と比べた評判は?

ナレッジスイート(Knowledge suite)」は、純国産のSFAで、使いやすさとコストパフォーマンスの高さが評判のツールです。機能もSFA・CRM、社内SNSなど、多機能でオールラウンダーな印象を受けます。

初期費用は無料なのに加えて、さらに法人ごとの契約のため、何人利用しても料金が変わらないという点も魅力的です。ただし、容量課金制なので、利用人数や頻度によっては上乗せされた支払い金額になる可能性があります。

一方、UPWARD(アップワード)はSFAというより、CRMに特化したクラウドサービスです。多機能型の「ナレッジスイート(Knowledge suite)」とは異なり、顧客管理に徹底しているといえます。

料金面でも違いがあり、気になるのは初期費用がかかる点でしょう。UPWARD(アップワード)は初期費用として一律100,000円かかります。初期費用が無料の「ナレッジスイート(Knowledge suite)」に比べると、導入を躊躇する企業も多いかもしれません。

料金体系は基本パックとして、月々21,000円がかかります。基本パックは、5名まで利用可能です。さらにこの上に「プロフェッショナルエディション(月々4,200円)」か、「スタンダードエディション(月々2,200円)」があります。どちらも「ナレッジスイート(Knowledge suite)」とは異なり、1ユーザーあたりの料金です。そのため、利用する社員が多い場合には、コストもかさむことになるでしょう。

UPWARD(アップワード)は大手企業をはじめ、多くの企業で導入されています。理由はコスト面よりも、営業の実績や働きやすさを重視しているからだと考えられます。現場の営業担当者同士が直接連絡をとらなくても、UPWARD(アップワード)にアクセスすれば、自動的に「今やるべきこと」が把握できるのは大きな魅力でしょう。SFAや人工知能による予実管理などの機能を希望しない企業にとっては、最適なSFA・CRMといえます。

1.「UPWARD」の6つのメリット

1.「UPWARD」の6つのメリット

「UPWARD(アップワード)」のようなSFA・CRMを使用するメリットはどういった点があるのでしょうか。ここでは6点紹介します。導入する前に、自社がメリットを活用できるかどうか、確認しておきましょう。

1-1.顧客情報を個人で管理しなくてもOK

営業担当者がすべての顧客の情報を暗記するのは、かなり困難です。中には名刺をもらった人の特徴を覚えて、完璧に暗記している人もいますが、それでは、営業担当者間に個人差が生まれてしまうでしょう。

UPWARD(アップワード)なら、久しぶりに訪問する顧客や、その時の受注内容もモバイルですぐに確認可能。訪問直前にUPWARD(アップワード)にアクセスすれば担当者が誰で、何をどれくらいの価格で受注したのかをすぐにチェックできます。

久しぶりの訪問でも、詳細な情報について営業トークを展開できることは営業マンとして必須のスキルです。取引先に「覚えていてくれた」という安心感・信頼感を与えることができるでしょう。

1-2.位置情報を元に次の行動を提案

UPWARD(アップワード)は営業担当者の位置情報や登録された周辺地図をもとに、営業担当者の次の行動を提案する機能があります。たとえばA社での営業が終わった後、近いけれど当日規定休日のB社があり、同じく近距離にあって当日営業しているC社があったとします。
このような時、UPWARD(アップワード)は、自動的に休日のB社ではなく、C社への最短移動方法を提案します。

ルート営業をしていると、近距離にあるので寄ってみたら規定休日だったということも少なくありません。UNPWARDを活用すればこのような無駄な時間がなくなるだけではなく、時間をより効率的に使用できる交通手段まで提案してくれます。

1-3. 優良顧客マップの表示で効率のよい営業

受注履歴を分析したUPWARD(アップワード)。これは顧客情報の管理だけではなく、営業結果をマップ化してくれます。これまで多くの受注実績があり、取引年数も長い優良顧客を自動的にピックアップし、地図上に表示するため、営業担当者は、すぐに優良顧客を把握できるでしょう。


限られた時間でルートを回っている営業担当者は、当日残された時間を有効活用でき、優良顧客にコンタクトがとれます。このようなちょっとした行動が、次の受注につながることもあります。フィールドセールスの大きな武器になるでしょう。

1-4. 活動結果の報告がリアルタイムだからスピーディな指示出しが可能

UPWARD(アップワード)は、取引先に訪問した直後にモバイルで状況報告ができます。
報告された内容は、すぐにマネージャーが確認可能。

このメリットによって、マネージャーからの指示出しがリアルタイムで行うことができます。
早急な対処が必要な案件についても、スピーディな指示が出せるでしょう。
このようなスピーディな指示が、マネジメントに漏れが生じにくいという更なるメリットにつながるのです。

1-5. 直感的にわかりやすいレイアウト

SFA・CRMの導入失敗例には、いくつかパターンがあります。よくあるのは、せっかくシステムを開いても操作がわかりにくく、定着しなかったという例です。安くはないコストをかけて導入するなら、定着するSFA・CRMを導入したいですよね。

UPWARD(アップワード)は、直感的にわかりやすいレイアウトが魅力で、慣れない方も「見れば操作方法がわかる」デザインになっています。特に営業担当者は外出先で、モバイルを通じてアクセス。わかりやすいデザインであることは、大きなメリットになるでしょう。

1-6. 「Salesforce sales cloud」CRMと連携

UPWARD(アップワード)のシェア率に貢献しているのは、安全性・信頼性ともに評判のよい「Salesforce sales cloud」のCRMと連携している点です。

知名度が高いとは言えないUPWARD(アップワード)がここまで導入実績を伸ばせたのは、「Salesforce sales cloud」のCRMのお陰といっても過言ではありません。

「Salesforce sales cloud」との連携によって、最新の位置情報や地図と顧客情報を紐づけします。全世界でトップのシェア率を誇るSFAのメリットをそのままに、フィールドセールスに特化したクラウドサービスを利用できるでしょう。

2. 「UPWARD」の2つのデメリット

2. 「UPWARD」の2つのデメリット

場合によってはUPWARD(アップワード)を導入することがデメリットになることもあります。デメリットについても、よく把握した上で導入を検討しましょう。

2-1. コストが高い

UPWARD(アップワード)の最も大きなデメリットになり得るのは、そのコストの高さです。初期費用が無料のSFA・CRMが多い中、100,000円の初期費用が掛かるとなると、企業の状況によっては二の足を踏むかもしれません。導入してみたいが、定着せずに失敗するかもしれないという不安もよぎるはずです。

また毎月の料金も、法人契約で利用者無制限のSFAもある中、1ユーザーあたり、基本パックが21,000円。さらにプランによっては4,200円、あるいは2,200円が上乗せされます。つまり、毎月1ユーザーあたり25,200円~23,200円のコストがかかることになります。高価格帯のSFA・CRMでは、手を出しにくい企業が多いでしょう。

2-2. サポートサービスはオプション

まだSFAやCRMを利用したことがない企業の場合、導入にあたり細やかなサポートがなければ定着率を伸ばすことはできません。UPWARD(アップワード)は、サポート制度自体はもちろんあるものの、オプション制です。購入すれば、サポートがついてくるわけではありません。

企業の立場に立ってみると、サポートがオプションという時点でさらに不安が大きくなるでしょう。ただオプションでサポートを申し込めば他社SFAと同様、あるいはそれ以上にきめ細やかなサポートを提供してもらうことができます。

3.徹底調査でわかった「UPWARD」を使うべき人・会社

3.徹底調査でわかった「UPWARD」を使うべき人・会社

UPWARD(アップワード)は、多機能型の外資系SFAに比べると、ある特徴を持つ人・会社が使いやすく感じる傾向にあります。ここでは、評判のよいUPWARD(アップワード)を上手に使いこなせる人・会社について、ご紹介しましょう。

3-1. 社員数1,000人以上規模のルート営業

UPWARD(アップワード)は、多くの営業担当者でルート営業を行っている企業が使うべきSFA・CRMです。
複数の営業担当者がルート営業をするからこそ、担当の棲み分けや当日の効率的な取引先まわりが重要となります。

企業規模が小さければ、誰がどこを回るかという情報はすぐに共有できるため、UPWARD(アップワード)の実力をフル活用できない可能性があります。社員規模が大きければ大きいほど、効率的に多くの取引先をまわることができるようになり、UPWARD(アップワード)のメリットを実感できるでしょう。

3-2. コストより現場の働きやすさを重視する企業

UPWARD(アップワード)は、デメリットでもご紹介したように、決して安いとはいえないコストがかかります。「成功するかどうか分からない新しいサービスに、そこまでお金をかけられない」という企業も多いでしょう。

UPWARD(アップワード)はフィールドセールスに特化して設計されています。そのため、現場の営業担当者にとって、非常に使いやすいSFA・CRMとして評判です。

コストはかかっても、現場で働く営業担当者の働きやすさ、および生産性を重視したい企業には、UPWARD(アップワード)を使うべきでしょう。

3-3. 顧客情報の暗記が苦手な人

ルート営業は、取引先と定期的に顔を合わせ、コミュニケーションをとることが重要です。そこが、初対面である新規開拓営業と大きく異なる点でもあります。ですが、ルート営業担当者は、多くの取引先を抱えているものです。コミュニケーションをとるのに十分な量の情報を暗記しておくことは、簡単ではありません。

中にはコミュニケーション能力は高いのに、顧客情報を覚えられずに成績を伸ばせずにいる営業担当者もいます。UPWARD(アップワード)は、顧客情報を一元化するため、モバイルから簡単にチェックすることが可能です。

暗記力に自信のない人でもUPWARD(アップワード)があれば、顧客との関係を良好にすることができます。

4.徹底調査でわかった「UPWARD」を使うべきでない人・会社

4.徹底調査でわかった「UPWARD」を使うべきでない人・会社

UPWARD(アップワード)はルート営業に特化しています。そのためフィールドセールスを行っている企業からの評判は、上々のようです。しかし以下のような人・会社は、UPWARD(アップワード)を導入すべきではないでしょう。

4-1. 案件管理型の営業を行っている会社

UPWARD(アップワード)はSFAよりもCRMの要素の強いクラウドサービスです。顧客関係管理には長けているものの、営業支援については不十分な部分もあります。

他社SFAが、案件ごとにAI等を駆使して見込み顧客の獲得のために分析を行うところ、UPWARD(アップワード)ではそれができません。案件管理を重視したい企業なら、他社の多機能型SFAを利用したほうがよいでしょう。

4-2. SFA導入にコストを掛けられない中小企業

中小企業にとってのUPWARD(アップワード)は、コストだけが掛かる印象をもたれる可能性があります。そもそも社員数がそれほど多くない企業では宝の持ち腐れになる可能性が高いからです。コストを掛けて導入するには、相応の効果を実感したいところではないでしょうか。

しかし、導入しても定着するかどうか確約のないSFAに、高価格帯のUPWARD(アップワード)をいきなり導入するのはハイリスクです。

5. 2分でできる!「UPWARD」の登録方法

5. 2分でできる!「UPWARD」の登録方法

SFA・CRMの導入を考えている企業の中には、「申し込みが面倒なのでは」「多くの情報を公開しなくてはならないのでは」と不安になっている企業も多いでしょう。しかし、UPWARD(アップワード)の申し込みは2分あれば、確実に終わるほど簡単です。

5-1. 公式サイトにアクセスして「お問い合わせ」ボタンをクリック

まずは、公式サイト(https://upward.jp/)にアクセスしましょう。次に、トップ画面の右上に「お問い合わせ」という青いボタンがあるので、それをクリックします。

すると、「サービスに関するお問い合わせ、ご相談」「資料ダウンロード」「オンラインデモのお申し込み」「見積もりのご依頼」という4つの項目が表示。その中の「サービスに関するお問い合わせ、ご相談」をクリックしましょう。

5-2. 申し込みフォームに必要事項を入力して送信

申し込みフォームが開いたら、一番上のタブの中から「採用に関するお問い合わせ」を選びます。その後は、氏名、会社名、部署名、メールアドレス、電話番号を入力しましょう。一番下に「個人情報の利用について」という項目があるため、規定をよく読んでからチェックを入れます。

5-3. 登録ボタンをクリックして完了

すべての項目に入力するのに、1分もかかりません。あとは一番下にある「この内容で送信する」という青いボタンをクリックすれば、申し込みは完了です。

6. 「UPWARD」の効果的な使い方

6. 「UPWARD」の効果的な使い方

UPWARD(アップワード)をより効果的に使用するために、実際に導入している企業も実践している活用例をご紹介しましょう。

6-1. 訪問先からスマホで売り場状況の報告

訪問先における業務報告は、これまでは帰社したのち、日報で行うものでした。緊急時は電話で報告する場合もありますが、これが直接当日の受発注につながることはなかったでしょう。

しかし、UPWARD(アップワード)ならモバイルから簡単に売り場の状況報告ができます。売り場を回りながら営業をかけている場合、今現在の売れ行きや在庫状況を把握しているため、即座に対応でき、
店頭に品切れがあれば、その場で発注を掛けられます。UPWARD(アップワード)があれば、受注率アップにつなげられるでしょう。

6-2. 営業活動の進捗状況からフォローすべき顧客を把握

UPWARD(アップワード)では、営業終了直後に活動報告ができます。この機能を使えば、どの企業のどの案件がどこまで進んでいるのか。その進捗状況を、すぐにチェックできるでしょう。

また休眠顧客も、すぐに把握できます。訪問すべき時に訪問できていない取りこぼしをなくすことによって、見込み顧客を顧客にランクアップさせることができるでしょう。このような細かなフォローが、会社全体の業績アップにつながるのです。

6-3. 移動距離を意識してコンタクト回数アップ

メリットの項目で紹介した通り、UPWARD(アップワード)は地図や位置情報から、次のベストな訪問先を案内する機能があります。この機能を使い、効率よく取引先を訪問することで本来の訪問件数を上回る訪問営業が可能になります。

うまく活用することでこれまでカバーできなかった企業をさらに手厚く訪問でき、1企業あたりのコンタクト回数も増えるでしょう。ルート営業にとって細やかな訪問は、関係性の維持のために欠かせません。
商品やサービス購入後の細かなフォローによって、また新しい契約が取れる可能性もあります。

7. まとめ

7. まとめ

UPWARD(アップワード)は、SFAよりもCRMに特化したクラウドサービスです。
ルート営業などのフィールドセールスに向いていて、モバイルから簡単に操作。現場の営業担当者からの評判は上々のようです。

しかし、他社SFAに比べると、コストが高く、企業規模を選ぶ面もあります。
サポートはオプションではあるものの、きちんと申し込みをすれば、迅速な対応をしてもらうことができるのです。

フィールドセールスで、今よりも受注率アップしたい。もしくは、顧客管理の漏れを食い止めたいと考えている企業は、UPWARD(アップワード)の導入を考えてみることをおすすめします。

“SFA”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono