絶対に失敗したくない!名刺作成の方法やオススメのサービスを一挙ご紹介

〇〇〇〇 トップページ

更新日:2018年12月26日 | 公開日:2018年12月26日

名刺は、働く人にとって必要不可欠なビジネスアイテム。
自分の名前だけでなく、所属する企業・団体名や自分の立場も表す貴重なプレゼンテーションツールといえます。
名刺の出来がいまひとつでチープな印象を与えてしまえば、相手に余計なマイナスイメージを与えかねません。相手にとっての自分の印象を大きく左右する名刺は、慎重かつ丁寧に作る必要があります。
ビジネスシーンで重要な役割を担う名刺で失敗しないために。名刺作成方法とメリット・デメリットを知っておくと良いでしょう。

名刺作成には、自分でツールを使って作成する方法。そして業者に頼んで作成してもらう方法の2つがあります。それぞれの名刺作成方法を、ご紹介します。

1.たかが名刺、されど名刺

名刺は、相手とはじめて出会う場で受け渡すもの。初対面で印象を悪くしないためには、名刺自体のクオリティにも目を配っておく必要があるでしょう。
第一印象を決めるのは、「見た目」という説もあります。自分の姿形だけではなく、名刺の「見た目」も相手の印象を左右する大事な要素になるはずです。
自分の「顔」である名刺。自分の「分身」として、相手に渡ります。名刺は自分の立場を紹介し、相手に活用してもらうためのものでもあるのです。
名刺は、自己満足や間に合わせのために作るものではありません。名刺は自分のものでもあり、相手のものでもあることを念頭に置いておく必要があるでしょう。 「たかが名刺、されど名刺」なのです。

2.名刺作成の方法

名刺を作成するには、どのようにしたらいいのでしょうか。これは「自分で作る」もしくは「業者に依頼する」の2種類の方法があります。
どちらの方法にもメリット、デメリットはあるでしょう。コスト、作成上の手間、作成時間、品質精度、デザイン…。「自分が名刺に何を求めるか」によって、異なります。
自分に合った、ベストな作成方法を選びましょう。

2.1自分で作る場合

パソコン1台あれば、名刺は自分で作成することができます。ネット上にある無料・有料の名刺作成ツールを使用したり、普段お使いの「Word」「Excel」などのMicrosoft Officeで作成することも可能。
自分で名刺を作成する場合は、どのような情報を載せるか。そしてどのようなデザインにするかを、すべて考える必要があります。名刺作成ツールにテンプレートが用意されていることもありますが、すべて自由にデザインすることも可能。
まずは自分で名刺を作る場合に、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それを確認してみましょう。

メリット

自分で名刺を作成する最大のメリットは、「コストがかからない」こと。
必要最低限のコストで、名刺を作成することができます。ツール代・用紙代・印刷代程度で、すますことも可能です。 自分で名刺作成するなら、コストだけでなく、業者に頼むよりたいていの場合は「時間」もかかりません。2〜3日もあれば、名刺を作成できるでしょう。 1営業日後には名刺ができる、スピード名刺作成を誇る業者も増えています。しかし、業者の繁忙期に名刺が必要になった場合には、名刺が届くのが遅れる場合もあるかもしれません。
名刺の「デザイン」を求めるのであれば、自分で名刺を作成するほうが納得感も達成感も得られるでしょう。業者に頼めば、自分のこだわりとはかけ離れた名刺ができてしまうこともなきにしもあらずです。自ら名刺作成に取り組めば、理想に近い名刺を作成できる可能性があります。

デメリット

自分で名刺を作成すれば、思い通りの名刺ができるでしょう。
しかし名刺の自作のためには、ある程度パソコン操作に慣れている必要があります。そうでなければ、想像より時間も手間もかかり過ぎてしまうかもしれません。 名刺作成ツールを使う場合、まずツールの使い方から勉強しなければならないでしょう。ツールを使いこなせなければ、時間や手間だけでなく、余計なストレスもかかってしまうかもしれません。
また、デザインの心得がなければ、高品位な名刺を作成するのは難しいかもしれません。デザイン力に自信があっても、印刷作業で品質が保てるかどうかという課題も残ります。名刺を理想に近づけるには、ある程度のデザイン技術と経験が必要でしょう。
自分で名刺を作成すると、チープな印象になってしまいがちです。明らかに見劣りする名刺を差し出すのは、相手にマイナスイメージをも与えかねません。 試行錯誤した結果、「業者に頼むより労力もコストもかかってしまった」とならないようにしたいもの。本当に自分で作った方がメリットがあるかを、しっかり確認してから着手した方がよいでしょう。

2.2業者に依頼する場合

会社で使う名刺であれば、使用する枚数も多いはず。
ところが名刺の枚数が大量ならば、業者に依頼したほうが圧倒的に便利でラクです。フォントやデザイン、紙などをきちんと指定すれば、ほぼ思いどおりの名刺をつくってくれるはずです。確かに自分で名刺を作成するよりは、コストが掛かるかもしれません。安全で確実に名刺作成したいなら、実績あるプロの業者に頼むべきです。

ただ名刺作成の業者には、さまざまなタイプがあります。
デザインを打ち合わせした上でオリジナル名刺を作成してくれる業者もいれば、業種に合ったテンプレートの中から選んで名刺を作成してくれる業者もいるでしょう。また名刺作成に特化した業者もいれば、はがきやポスター・チラシなど紙印刷全般を扱う業者もいます。コスト、デザイン、品質、作成スピード…。数多くある名刺作成業者の中から自分のニーズと照らし合わせ、条件に合う名刺作成業者を探し出す必要があります。

次に、名刺作成の業者のメリットとデメリットを、ご紹介します。

メリット

名刺作成業者に頼めば、ラクに名刺を手に入れることができます。
自分で作業をする手間がなくなり、貴重な時間を有効に活用できるでしょう。
さらに自分で作るより、高品質な名刺を作成することができるはず。なぜなら、用紙やデザインの選択肢が豊富だからです。たとえばエンボスや穴あけなど特殊な加工を行うことで、オリジナル感あふれる名刺が作れるでしょう。
また、スピード納品に対応している業者もあります。デザインを入稿して翌日・翌々日には納品というケースも少なくありません。すぐにでも名刺が必要な事情があれば、業者に依頼したほうが早いでしょう。実績のある業者なら、名刺デザインのディレクションについても相談できるはずです。
なんといっても業者に頼むメリットは、ハイクオリティな仕上がりが期待できることです。名刺作成のプロに頼むことで、ニーズに合った・質感高い名刺を作成してくれることでしょう。

デメリット

名刺作成業者に頼めば、当然コストはかかります。
オーダーが多いと、追加料金がかかってしまうこともあるでしょう。自作とは違い、どうしても費用がかかってしまいます。
また業者に頼むと、届くまで時間がかかることも。正規料金では、1週間ほどかかる場合が一般的です。即日で作ってくれる業者もありますが、別料金がプラスされ、費用が高くなってしまうでしょう。
名刺作成業者によっては、100枚以下の名刺作成に対応していない場合もあります。仮に少量の名刺を依頼できたとしても、1枚あたりの単価が割高になりかねません。

3.手作りの名刺作成に使えるツール

MicrosoftOffice関連ツール「Word」や「Excel」でも、名刺が作成できることをご存知でしょうか。
使いやすいツールがあるなら、名刺を作成してみようと思う方もいるのではないでしょうか。「PowerPoint」や「Illustrator」でも名刺の作成はできますが、「Word」や「Excel」の方が使い勝手が良いようです。 では、「Word」と「Excel」でどのように名刺を作成できるのでしょうか。ご紹介していきます。

Word(ワード)

「Word」でもっともカンタンに名刺を作成できる方法は、テンプレートをダウンロードして作成すること
ダウンロードしたデータを「Word」で開くと、ほぼデザインができあがっている状態の原稿が出てきます。名前・住所・会社名などの自分のデータを入力し、印刷すれば作成完了です。
世の中には、さまざまな名刺テンプレートが出回っています。しかし、Microsoft社が提供している名刺テンプレートが使いやすいようです。自分でデザインを考えるのが面倒な方は、テンプレートをダウンロードする方法が最も簡単です。

テンプレートを使わず、最初からデザインする方法もあります。
それは「Word」の「差し込み印刷」のなかにある「ラベル印刷」という機能を使用すること。ほぼストレスなく、名刺を作成することができます。「ラベル印刷」はその名のとおり、ラベルを作成する機能です。
郵便物に貼られた長方形の宛名シールを、ご覧になったことがあるでしょう。あのラベルは、ちょうど名刺と同じサイズです。「ラベル印刷」をそのまま名刺印刷に活用すれば、簡単に作成できます。また「ラベル印刷」では、名刺に画像を挿入することも可能です。

Excel(エクセル)

「Excel」も「Word」同様、簡単に名刺を作成することができます。
「Excel」は「Word」と異なり、名刺専用のテンプレートはありません。「オンラインテンプレートの検索」から「名刺」を検索すると、「バレンタインカード」のテンプレートが出てきます。これは名刺と同じサイズのテンプレートなので、問題なく作成できるでしょう。

「Word」同様に、「Excel」もテンプレートを使わず一から名刺を作成することもできます。 まず通常の「Excel」の状態を用意。一般的な名刺のサイズ「91×55ミリ」に合う、「列」を42.38ピクセルに指定。「行」を156ピクセルを設定します。
設定した名刺内にテキストを挿入していくには、「テキストボックス」を選んで入力。複数の「テキストボックス」を枠内に置くことで、自由度の高い名刺デザインができます。また「テキストボックス」の中に必要な情報を打ち込み、文字のフォントやサイズを自由に変更。名刺に好きな色をつけることも可能です。
「Excel」に慣れている方にとっては、簡単に名刺作成できるかもしれません。

オススメサービス3選

自分で名刺を作成することに自信が持てない方。あるいは名刺を作成する時間がない方、質感高い名刺を求めている方は、悩まず業者に名刺作成を頼むほうが安心で確実です。
今回、実績ある名刺作成サービス業者の中から、ご紹介したい3社をピックアップしました。業者選びを検討する際に、参考にしてください。

ラクスル

印刷機の非稼動時間を活用することで、低価格サービスを実現しているラクスル株式会社。高品質・格安価格と評判高い「ラクスル」は、ネット名刺印刷サービスも提供しています。
「ラスクル」は顧客満足度でもNo.1 (2017年1月 楽天リサーチ調べ)。
両面カラーの名刺100部が税込500円から注文可能。業界最安値を掲げています。無料のデザインテンプレートで名刺が作成できます。 通常名刺サイズはもちろん、欧米サイズ名刺や社交名刺と呼ばれる小型サイズの名刺も作成可能。
すぐ名刺が欲しい方には、1営業日後からの出荷もできます。また名刺の発注・校正などの手間を簡単に済ませたい法人様向けのWeb名刺発注サービス・クイックサービスを提供。従業員数30名以上の企業法人には、おすすめです。
名刺の経費を大幅に削減したい、あるいは一日でも納期を短縮したい方には、便利でお得なサービスと言えるでしょう。

アスクル

法人向け通販サービスを行なっている、アスクル株式会社。
「パプリbyアスクル」は、オーダーメイドで法人の製品を作る専門サービスです。名刺・封筒などの印刷物から、印鑑・スタンプ・名前入りノベルティグッズまで多岐に渡っています。
「パッとプリント・すぐにお届け」がキャッチフレーズ。「パプリbyアスクル」でのネット名刺作成サービスは、安い・高品質・翌日お届け・簡単がウリです。
価格は、100枚片面カラー名刺が950円(税込)から。最新デジタル印刷機と自動梱包を導入することでお手軽価格を実現しています。
午後3時までの注文なら、翌日お届けも可能。
なおパプリの名刺作成は、 2つの印刷方法でサービスを提供しています。一つは細かい文字や画像をキレイに印刷できるオフセット印刷。もう一つは、低価格で高品質な名刺が印刷できる最新デジタル印刷です。ニーズに合わせた印刷が、選択可能。
また選べる用紙は、全部で19種類です。無料で使える400点以上の名刺デザインテンプレートも提供。医療・介護・士業など、さまざまな業種や業態で使えます。
「自由編集機能」を使うことで、会社のロゴなどの画像もカンタンに挿入。ミリ単位の調整が可能なので、ユーザーのこだわりに応えてくれる機能です。

Vistaprint(ビスタプリント)

「ビスタプリント」は、世界120カ国以上・22カ国語に対応。オンラインでの印刷製品やネット印刷通販サービスを提供しています。
日本市場だけにとどまらず、大量の名刺を世界中のユーザーに販売している「ビスタプリント」。独自の印刷技術による効率的な一括生産で、コスト削減に成功しています。
価格はプレミアム名刺100枚で、税別980円から。
プレミアム名刺、文字DECO名刺、デザインDECO名刺、個人家族名刺、二つ折り名刺…。さまざまな仕様があり、 計7,000点以上のテンプレートを提供。テンプレートが選びやすいよう、業種やスタイル・テーマでカテゴライズされています。また背景色や画像の基調色も、複数パターンから選択可能。スマホからも名刺の編集ができ、完全データ入稿することもできます。
低コストで口コミ評価も高い「ビスタプリント。他社サービスと比べ、ひとつだけ気になる点があります。それは、プレミアム名刺(両面光沢仕上げは除く)の一部地域において、発送が遅くなってしまうこと。日本で基本的には生産しているのですが、一部の商品は海外(オーストラリア)からの発送になるからです。名刺作成を急ぐ場合にはウイークポイントになりますが、そうでなければ懸念材料にはなりません。

6. まとめ

「名刺」は、自分の印象を決めてしまう可能性がある重要なアイテム。名刺を自分で作成するにしろ業者に依頼するにしろ、間に合わせで作ってはいけません。あくまでも「見た目」がしっかりしたものを作成する必要があります。
名刺を自分で作成すれば自由度が高く、名刺作成業者に頼めばクオリティが高くなります。ご紹介してきたとおり、それぞれにメリット・デメリットはあると言えるでしょう。
最近は自分で作成するよりも、低コストで名刺が作れる業者もあるようです。多種多様なテンプレートも用意されているため、業者に頼んでもかなりの自由度があるように感じます。
名刺はある程度のクオリティがないと、信頼にも関わってくるでしょう。デザイン技術に自信がある方以外はプロに任せるほうが、結果的にコストも品質も満足が得られやすいものです。

最近は、デジタルデータ化した「電子名刺」を利用する人も少なくありません。また大量の名刺をスキャンしてクラウド上で管理する「名刺管理アプリ」。これを利用している個人・組織も増えています。「名刺」の置かれている状況はこれから劇的に変わるでしょう。名刺を大量に印刷しなくてすむ時代は、近づいてきているようです。それでも日本国内で長年習慣化された「名刺」「名刺交換」の重要性は変わることなく、まだまだ続く可能性も否めません。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ