ブラックじゃない!安心できる確実なSEO対策コンサルティング会社!

更新日:2017年02月25日 | 公開日:2014年11月14日

この記事を読むための時間: 3分

インターネットでの集客、自社サービスのプロモーションにおいて非常に重要になるSEO対策(検索上位化対策)ですが、ペンギンアップデート、パンダアップデート、パイレーツアップデートなどに代表されるグーグルによる検索ロジックの変更で方針の変更が求められています。過去のSEO対策内容がグーグルのガイドラインから逸脱している場合、ペナルティを受けて検索結果に表示されなくなり、アクセスが激減(場合によっては、ほぼなくなる)することが話題になっています。

グーグルのガイドラインに沿わないSEO対策をブラックSEO(ブラックハットSEO)と呼び、主に被リンク対策が中心となります。ガイドラインに沿ったSEO対策をホワイトSEO(ホワイトハットSEO)と呼ばれ、内部対策(タグの最適化、サイト構造の最適化)コンサルティングなどがあります。

多くのSEO対策業者がグーグルの各種アップデートを受けて、方針転換などを行っておりますが、今回は早い段階からホワイトハットSEOを中心にコンサルティングを行っている会社を紹介します。

日本を代表する老舗SEOサービス会社「アイオイクス」

アイオイクスは2002年に設立されたベンチャー企業です。当時から逸早くSEO対策のサービスを提供し、過去1,000サイト以上にSEOサービスを提供してきた日本を代表するSEO業者の1社です。

過去1,000サイト以上にSEOサービスを提供をしており、展開するブログの
「SEO Japan(http://www.seojapan.com/blog/)」はSEO情報の収集源として多くの人に見られています。月間20万ユーザーを超える人気ブログになっています。

新しきを生み出し、世に残す「ナイル」

SEO技術を強みとし、Web制作、UI/UX改善、インハウスSEO支援、Web広告運用代行など、Webサイトの総合的なROIを改善するコンサルティング事業を展開しています。

自社媒体の「アプリヴ(http://app-liv.jp/)」を広告なし、ホワイトハットSEOのみで1年間で700万PVまで育て上げたことで有名になりました。また、情報発信にも積極的でセミナーやSEO HACKS(情報サイト)などを展開しています。

【まとめ】ホワイトハットSEOを賢く使う為に

このほか、多くの会社がホワイトハットSEOをベースにしたSEOコンサルティングに方針を切り替え始めています。被リンク対策によって特定のキーワードで上位化を積極的に狙っていくブラックハットSEOと比較し、内部対策とコンサルティングで全体的にサイトのSEOを行っていくホワイトハットSEOはコストも時間もかかります。自社の予算などを見極めて、うまくSEO会社を使いこなすとよいでしょう。

「自社のエリアに合ったSEO対策業者は?」「業者の強みを比較しながら知りたい」とお考えの方、ぜひ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください!全国のSEO対策業者から、あなたに合った業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください