知らないと損をする!内部対策重視のSEO対策をするならこの企業に頼め!

3色のライン

更新日:2017年10月10日 | 公開日:2015年10月31日

SEO対策には大きく分けて2種類あります。
1つ目がタイトルやキーワードの最適化を行い、HTMLソースの記述(コーディング)をGoogleクローラーが循環しやすいよう施工するといった作業を「内部対策」と呼ばれています。
2つ目が他のサイトからリンクを設定してもらうことで言われる「被リンク」や「バックリンク」を得る「外部対策」の2種類があります。
Googleは不自然な外部リンクを嫌う傾向があり、最悪の場合Googleからペナルティを受けてしまい、検索結果に表示されなくなるリスクもあります。
そこで近年、Googleに好まれる内部対策が注目を浴びています。
今回は安心して内部施策を任せられる業者を紹介します。

■株式会社ウィルゲート

■ナイル株式会社

■アイオイクス株式会社

■まとめ

2011年以降、検索順位結果を決めるルール(アルゴリズム)に大きな2つの変化がありました。
これらのルールの変更により、多くの企業のホームページの検索順位が落ちWEB集客ができず死活問題になりました。
日々検索順位のルールが変わる今では重要になるのが、「Googleに好まれるサイト=検索エンジンにとって有益な情報を与えるサイト」となっています。
まだまだ検索エンジンのポリシーに違反したスパム手法を使ったブラックハットSEOを実施する業者は多いです。
悪徳業者に騙されないように、今回ご紹介したSEO業者を参考にしてみてください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ