営業はプロにおまかせ!個人向け(BtoC)営業代行5つのメリット

道を歩くビジネスマン

更新日:2017年10月23日 | 公開日:2015年03月20日

個人向け(BtoC)にしても法人向け(BtoB)にしても、これまで営業活動は社内で行うというのが一般的でした。

自分たちで作ったものは自分たちで販売する。
あるいは、自分たちのサービスを売るためには自ら営業活動をしなければならない。
たしかに、そうした側面もあります。

ただ現在では、泥臭い営業活動に対して苦手意識があるという企業も多いのが事実で、商品開発やプログラミングは得意でも、営業活動ができなければ収益をあげることはできないのです。
そうした背景を考慮して、営業のスペシャリストが企業に代わって営業をするというのが「営業代行業者」の仕事です。

今回はその中でも、とくに個人向け(BtoC)の営業代行業者、そのメリットについてご紹介します。

個人向け(BtoC)営業代行5つのメリット

パソコンを操作する人
出典足成

個人向け(BtoC)営業代行のメリットは次のとおりです。

1.専門家による効率的な営業

営業代行業者にいる人材は、そもそも営業を専門として行っているスペシャリストばかりです。
だからこそ、より効率的な営業活動が可能となるのです。

新たに営業パーソンを雇い入れることなく、必要に応じて依頼することができるので、より柔軟な事業活動が行えます。

2.事業活動のスピードアップ

また、営業活動をプロに依頼することによって、事業活動そのものがスピードアップします。

ターゲット顧客に対していち早く認知させることはもちろん、購入者に対するイメージングもプロだからこそできるので、細かな配慮も欠かしません。

3.コストの大幅削減

経営を行う上で頭の痛い問題であるコストについても、営業代行業者に依頼することで抑えられます。

営業パーソンを雇用することによって発生する固定費も気にする必要がありませんし、特別な研修などに経費を使う心配もありません。

成果報酬型であれば、費用対効果も明確になっています。

4.社内の資源最適化

社内の人材が、必ずしも営業を得意としているとは限りません。

人材が余っているからと、無理矢理に営業をさせてしまえば、社内に不満が蔓延してしまう可能性もあります。
適材適所を確実に実行するためには、営業代行業者を上手に活用することが大切です。

5.アウトソーシングの進展

最近では、社内で発生するさまざまな業務をアウトソーシングする傾向が高まっています。

クラウドを利用した「クラウドソーシング」などは、その好例と言えます。
そうした現状を加味すると、企業としてアウトソーシングを積極的に活用しなければ、競合他社に競争力で負けてしまうかもしれません。

実力勝負の代行業者だからこそ、安心もできます。

【まとめ】

かつては一部の特殊業務だけを行っていたアウトソーシング業界も、現在では、より幅広いサービスを展開しています。

個人向け(BtoC)の営業代行もその一種です。
社内で営業を行う人材が乏しいと感じている企業の方も、これから先、より営業活動を加速させていこうと考えている企業の方も、ぜひ営業代行業者を積極的に活用してみてください。

社内の資源を最適に運用することができれば、企業はもっと元気になるかもしれません。

それは人材の活用という面からも確かなことなのです。
これから先、営業の代行業者も玉石混交となることが予想されます。
自社のサービスを正しく把握し、もっとも効果をあげられる業者を選ぶようにしたいですね。

そのような営業代行業者をお探しの際はぜひ「アイミツ」にご相談ください。
「アイミツ」では専門のコンシェルジュが御社に最適な営業代行業者を紹介いたします。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください