FC(フランチャイズ)や代理店募集で失敗しないためにやっておくべき6つの要素

メモを取る女性

更新日:2017年09月27日 | 公開日:2015年08月29日

ノートに記入する女性

失敗しないためにやっておくべき6つの要素

FC(フランチャイズ)でビジネスをしたいと考えている人は、就職活動や転職活動と同様に、自分に一番合う会社を選びます。
就職活動と違う点は諸条件(初期費用やロイヤリティーといった金銭負担や回収期間)があり、それに加えて会社の信頼性やビジョンやミッションなどを踏まえて、代理店やFC (フランチャイズ)を比較するところです。

1 自社で売り方や売れる方法が確立している(自分たちで売れていること)

「ON SALE」の文字

2 販促や営業資料、システムが整備されている

乱雑な机

3 それらを立証するデータが揃っている(半年以上稼働している)

オフィスデスク

4 代理店募集用の資料ができている

ビジネス資料

5 代理店が儲かる仕組みになっている(初期費用やマージンが高すぎない)

ビジネス資料

6 代理店が売れるようになるまでのフォロー部隊が揃っている

コールセンターの女性

この1~6までが揃って、初めて募集をかけるスタートラインに立てるのですが、多くの代理店募集を掲げている企業はこれらが揃っていない、あるいは何もないのに代理店募集をして失敗をしています。
この大変な代理店募集から構築までの一貫した業務を全てサポートしてくれるサービスがあります。

まとめ

FC(フランチャイズ)、代理店募集においては、何もできない人でも出来るようにする仕組みと売れるようになるフォローをする体制(担当者制)が必要になります。
新卒や新人を育てるくらいのフォロー体制を作っておかなくては代理店化してから売り上げを期待するのは厳しいでしょう。
ぜひとも万全な体制を整えた上で、代理店募集を行うようにしましょう。


いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ