【知らないと損をする】賃貸・家賃交渉術を専門家に任せるメリットをまとめてみました!

段ボール梱包する人

更新日:2017年10月11日 | 公開日:2015年10月30日

「今まで賃貸交渉をしたことがない」「入居から2年が経過している」「消費税の増税でオフィス賃貸がアップしてしまう」など、当てはまる点があれば家賃交渉・賃料減額交渉を専門としたコンサルタント会社に相談することをおすすめします。
今回は専門家に依頼した場合のメリット・デメリットを紹介します。

■メリット1:賃貸人との関係悪化をある程度防げる

言い争いをする男女

■メリット2:平均10%~30%の減額率が見込める

一万円札

例:
テナント料が月額18万円→14.5万円に値下げ成功(19.5%値下げ)年間42万円削減
例:
オフィスの月額料金126万円→96万円に値下げ成功(24%値下げ)年間360万円削減
例:
月額更新で40万円→36万円に値下げ成功(10%値下げ) 年間48万円削減

■メリット3:成果報酬型が多く初期費用0円から依頼ができる

ポイントを指差す人

■デメリット:賃貸人との関係が悪化してしまった

頭を悩ませる男性

■まとめ

交渉が成立するまでにかかる期間は、平均して1ヶ月~2ヶ月程度です。
入居している物件の内容によって期間が異なりますので、外注(委託)をする際に確認をしましょう。
また業態ごとによって減額率も異なります。
特に居酒屋の場合は騒音などの近隣トラブルが想定されるため、他のサービス業に比べて交渉の難易度が高くなり、減額率も低くなる傾向があります。
居酒屋を経営しているオーナー様で家賃交渉・賃料減額交渉を検討していればコンサルタント会社を利用することをおすすめします。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ