未経験から有資格者まで!法務担当者の求人採用をするならまず検討したい求人媒体5選

更新日:2016年12月27日 | 公開日:2015年03月19日

この記事を読むための時間: 3分

1.LEGAL NET(リーガルネット)

高い認知度と登録者数!

法科大学院生・修了者向け就職サイト「ジュリナビ」、日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」との提携により、高い認知度と登録者数を誇ります。総登録者数約54,240名、求人決定者数約11,077名(2010年12月末の累計数)と、求人件数の約3割が決定するという高い実績を持っています。

株式会社MS-Japan紹介ページはコチラ

2. LCC

3. Legal Map STEP CAREER(リーガルマップ・ステップキャリア)

若手ポテンシャル層に特化!

「法務職のポテンシャル採用」にターゲットを絞ったサービスを提供しています。
グループサイトとして、法科大学院修了生、司法修習生、若手弁護士向けの転職支援サイト、Legal Map(http://www.legalmap.jp/)も運営しており、Legal Map STEP CAREERと併せて、「人物面の良い、ハイポテンシャルな人材を紹介してもらえる」と、多くの企業様から好評を得ています。

4. 法務求人NAVI

5. APASS(エイパス)

即戦力採用に強い!

法務・弁護士・コンプライアンス・弁理士などの就職採用支援サイトです。秘匿性の強いポジションの採用時には、ヘッドハンティングサービスも提供しています。

エイパス株式会社紹介ページはコチラ

いかがでしたか?
商事法務研究会の調査によると、上場企業等約1,000社のうち、42%が法務部を設置しているそうです。
会社の発展、成長のために、法律だけでなく、ビジネスセンスも持ち合わせた法務担当者を雇いたいもの。
あなたの会社にあった求人サイトを見つけて、より一層会社を発展させていきましょう!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください