Time Tracker NX(タイムトラッカーNX)の評判と実態|15個のプロジェクト管理ツールを試したアイミツが徹底比較!

TimeTracker NX トップページ

更新日:2018年12月26日 | 公開日:2018年12月26日

プロジェクトを成功に導くためには、プロジェクト管理は避けては通れません。しかし、プロジェクト管理は、複雑で難しい対応が求められ簡単ではないことは周知の事実。特に会社の事業活動がプロジェクト単位で動いている場合、プロジェクトの成否は会社の業績に直結します。

このような場合、プロジェクト管理ツールをもちいてプロジェクト管理を進めてみてはいかがでしょうか。プロジェクト管理ツールは、プロジェクト管理を円滑に進めるためにWBS作成支援機能や、タスク管理、スケジュール管理、工数管理といった様々な機能を提供します。

なかでも「TimeTracker NX」は、データを改善活動に活用するをコンセプトとするプロジェクト管理ツールです。デンソー子会社のソフトウェア開発会社であるデンソークリエイト社が、ソフトウェア開発プロジェクト推進にあたりその改善活動の一環として開発されました。

このため、まさに現場の声を取り入れた現場のためのプロジェクト管理ツールといえます。 プロジェクト管理ツールは、クラウドの進展に伴い数多くの製品やサービスが登場してきました。その中で、「TimeTracker NX」はどんな機能を提供し、どんな優位性を持っているのでしょうか。徹底調査の結果から、詳しく解説していきます。

<総評>「TimeTracker NX」は現場のニーズから生まれたプロジェクト管理ツール

「TimeTracker NX」は、オンプレミス型のプロジェクト管理ツールです。社内のサーバーに対しアクセスクライアントは、Webブラウザ版とデスクトップ版の2種類が準備されています。

「TimeTracker NX」の最大の特徴は、デンソー子会社のソフトウェア開発会社であるデンソークリエイト社が、ソフトウェア開発プロジェクト推進にあたりその改善活動の中で誕生したプロジェクト管理ツールです。ただ単に日々入力しデータを蓄積するだけではなく、データを見える化し分析する機能に優れているのです。
こうした機能により「TimeTracker NX」は、現場のプロジェクトの進捗を円滑化するだけのツールにはとどまりません。あくまで目標は改善。プロジェクトリーダーやマネージャー層、そして経営層をも巻き込んで、現場を知り現場を改善する活動を進めていくことができます。改善活動を繰り返してきた自動車業界のノウハウがふんだんに込められたプロジェクト管理ツールであるといえるのです。

そしてもう一つの特徴が、このため現場の声を最大限に取り込み、現場が望むプロジェクト管理ツールとなっている点です。現場での声や失敗経験から工夫と改善を積み重ねて、製品開発に生かしてきました。このため、操作方法は直観的に分かりやすく簡単です。「TimeTracker NX」は現場が使えるプロジェクト管理ツールなのです。

他のプロジェクト管理ツールと比べてどうなのか

「TimeTracker NX」をほかのプロジェクト管理ツールと比較した場合目につくのは、使いやすさと定着度。定着させるのは難しいプロジェクト管理ツールにあって、操作方法が簡単でマニュアルなしに使えると評判は上々です。
加えて改善の目玉となる工数の集計・管理業務が簡単であることも重要なポイント。実務の中から生まれてきたプロジェクト管理ツールのなので、導入効果が高いといえるでしょう。

そのほかに、「TimeTracker NX」の特徴として挙げられるのは、デンソーグループで開発されたことが影響しているのか、自動車・輸送機器業種での利用実績が多いこと。ただし、こうした業種に特化して作られているわけではないので、幅広い業種・業務で利用できるといえます。

また、「TimeTracker NX」は、Standard EditionとProfessional Editionの2種類があることは抑えておく必要があります。
Standard Editionでは、ガントチャートや工数管理などプロジェクト管理に必要な基本機能が提供されます。
Professional Editionは、Standard Editionに加えてプロジェクト横断的な分析や管理が可能となります。
Standard Editionからスモールスタートとして開始し、徐々に規模を大きくしてProfessional Editionを導入するといったシステム導入手法を検討してもよいでしょう。

1.「TimeTracker NX」の6つのメリット

使いやすく導入効果も高い「TimeTracker NX」ですが、実際にどのような機能を提供するのでしょうか。ここからは、「TimeTracker NX」がもつ特徴的な機能をメリットとデメリットにわけて紹介していきます。

1-1. 手間なしで継続できる工数入力

工数管理の入り口となる工数入力は、いかにプロジェクトメンバーの負荷を減らすかといった視点が必要になります。この点「TimeTracker NX」は、Webアプリケーションとは思えないユーザインターフェースで簡単に入力できます。

その大きな特徴は、Webブラウザ上でドラッグアンドドロップができること。何時から何時までなんの作業をしたかが、ドラッグアンドドロップで入力できるため、1日分の報告に1分もかかりません。スケジューラーと連携すれば、ドラッグアンドドロップすら不要に。自分で入力したデータは、自分の時間の使い方や生産性の確認にも使えるため、日々の入力を楽しみながら行っていくこともできます。

1-2. 直感的な操作が可能なスケジューリング

多くのプロジェクト管理ツールと同様に、「TimeTracker NX」のスケジュール管理の基本はガントチャートで提供されます。そして工数入力と同様に、ここでもドラッグアンドドロップが威力を発揮。直感的な操作でスケジューリングを立てることができます。

「TimeTracker NX」では、プロジェクトメンバーが同時に更新することも可能です。チームでスケジューリング作業を進めていくこともできるでしょう。そのほかにも、タスクが複雑に絡み合ったスケジューリングの際に使うクリティカルパスや、タスク管理機能も提供。大規模プロジェクトにも十分に対応できます。

1-3. 多彩な進捗状況の見える化機能

「TimeTracker NX」では、進捗状況の見える化はガントチャートのイナズマ線で確認します。自動保存されるイナズマ線により、進捗状況は一目瞭然となるのです。同時に、ガントチャート上にはコメントアウトも可能です。プロジェクトの遅れが発生した理由や、今後の対応策についてメンバー間のコミュニケーションを促し、解決策の立案に役立てることができます。

そのほかにも、自分がやるべきタスクを管理する便利な機能が搭載されています。自分の担当タスクを優先順位別に並べたり、ToDoリストで手軽に管理できる機能は、日々の業務を漏れなく確実にこなしていくことに役立てることができるでしょう。

1-4. プロジェクトの分析機能

「TimeTracker NX」は改善活動の中で生まれたプロジェクト管理ツールとあって、改善に役立てることができる分析機能に優れています。しかも、ダッシュボードやクイックレポートなど、気軽に簡単なインターフェースでグラフィカルに分析することができるのです。ダッシュボードは、プロジェクトメンバーそれぞれが自由にカスタマイズすることができます。

より詳細は分析は、ドリルダウンで確認するなど操作方法も簡単。その種類も豊富で、工数一つとってもプロジェクトごとや工程ごとといった軸で表示できるほか、タスク消化状況の見える化機能、メンバーの負荷状況の確認機能といった多彩な機能が改善活動を後押しします。

1-5. プロジェクト横断的な管理手法

特に企業がプロジェクト遂行型の事業展開をしている場合、社内にはプロジェクトがあふれ、当然社員は複数のプロジェクトを掛け持ちすることになります。「TimeTracker NX」では複数のプロジェクトのガントチャートが一つの画面に表示されるので、互いのプロジェクトの進捗状況を確認しながらタスクを選定し仕事を進めていくことができるのです。

工数分析もコストの予実もピボット分析によりプロジェクト横断的に実現可能です。このため、コスト超過が発生そうなプロジェクトを早期に把握することができるといえるでしょう。メンバーの業務量や負荷も、複数プロジェクトにまたがっていても合算して表示されるので一目瞭然です。

1-6. 日々の運用を支える管理機能

「TimeTracker NX」を運営していくうえでは、日々必要となる管理面での機能も無視できない要素となります。そこで気になるのはセキュリティ機能。この点「TimeTracker NX」は、強固なアクセスコントロール機能で、プロジェクトや組織といった軸で閲覧できる情報を制限します。面倒なID、パスワードは、LDAP連携機能を使うことでWindowsのAcitiveDirectoryと連携が可能です。

そのほかに必要な管理面での設定作業は、プロジェクト管理と同様にWebブラウザ上で完結することができます。オンプレミス型のシステム導入が求められる「TimeTracker NX」ですが、だからこそ日々の運用コストをさげるための様々な機能が考慮されているのです。

2. 「TimeTracker NX」の2つのデメリット

メリットの多い「TimeTracker NX」ですが、有効活用するためにもデメリットを抑えておきたいところです。ここからは「TimeTracker NX」のデメリットについて解説していきます。

2-1.クラウド型のシステム導入ができない

「TimeTracker NX」は、オンプレミス型のプロジェクト管理ツールです。このため、社内にサーバーを設置したうえで、管理者をおき日々の運用を行っていく必要があります。クラウド型のシステム導入が主流となっている今、特に情報システム部門を持たない中小企業にとっては導入のハードルが高いといえます。場合によっては、システムの冗長化やセキュリティ対策といった対応をとる必要もあります。どうしてもクラウド上で運用したい場合は、パッケージを購入したうえで、AWSやAzureなどのIaaS型のクラウドを選択することになるでしょう。一方で、オンプレミス型のサーバー設置しか許してない企業にとっては、大きな問題にはなりません。

2-2. 初期導入コストが高い

「TimeTracker NX」は、サブスクリプションモデルの用意はなくパッケージ購入しかできないため、初期導入コストが高くなります。「TimeTracker NX」は、その豊富な機能を考えるとけっして高価なソフトウェアではありません。しかし、サーバーを準備しセットアップをすることは、それだけで100万円程度の投資は必要です。「TimeTracker NX」は日々つかうサーバーとなるため、低スペックのサーバーの導入では十分な効果が得られない可能性も考慮にいれる必要があるでしょう。ソフトウェア費用にサーバー費用、設定費用や初期導入費用を含めると、数百万円程度、規模によってはそれ以上のコストをみておく必要があるといえるでしょう。

3.徹底調査でわかった「TimeTracker NX」を使うべき人・会社

ここまでの説明では、「TimeTracker NX」の特徴や詳細な機能を解説してきました。それでは、具体的にどんな人や会社が「TimeTracker NX」をつかえばその効果を最大限に活用していくことができるのでしょうか。ここからは、特に効果が高い仕事の進め方を紹介します。自分の会社におけるプロジェクトの進め方も参考にしながら、プロジェクト管理ツール選定の検討材料にしてみてください。

3-1. 工数入力の負荷を減らし定着させたい方

工数入力は、ただでさえプロジェクトに追われて忙しいプロジェクトメンバーにとって、負担増になるだけでどうしても後回しになってしまいがちです。このため、過去工数入力を検討したものの定着せず導入を断念した会社も多いはずです。この点「TimeTracker NX」は、Webブラウザ上でドラッグアンドロップに対応。1分で完了する工数入力で極限まで手間を省きました。加えて自分の生産性や時間の使い方を確認できるインターフェースを準備しているため、プロジェクトメンバーが率先して工数入力を行うことができるでしょう。こうした機能により、今まで工数入力を諦めていた会社でも、精度の高い工数入力の習慣化を図ることができるのです。

3-2. 工数を中心に業務の無駄を把握し改善したい方

「TimeTracker NX」はプロジェクトメンバーの工数や進捗状況を把握するためのプロジェクト管理ツールではありません。業務改善を支援することを目的にしています。そのため、プロジェクトの状況を把握し、次の対策に生かしやすいグラフィカルなインターフェースを多数用意してあります。例えば、プロジェクト工程別の工数を見える化する機能。工程別の工数を過去プロジェクトと比較することで、プロジェクトが健全に問題なく進んでいるか確認することができます。そのほかにもプロジェクトメンバーがどのような仕事に時間を使っているか確認できる機能では、無駄な会議を補足することに役立つかもしれません。このように、プロジェクトの生産性向上を会社全体の生産性向上につなげていくことができるのです。

3-3. 報告書作成の手間を省きたい方

プロジェクトの採算性や進捗状況の報告書はエクセルで作成している、そんな会社は多いのではないでしょうか。「TimeTracker NX」は、使っているエクセルにツールバーを追加することができます。これにより、今使っているエクセル上からボタン操作をするだけで、最新の進捗状況や工数をタスクごとに取得することができます。「TimeTracker NX」で表示できるグラフィカルな分析結果を、簡単な操作で視覚的で分かりやすい報告書を簡単に作ることができるのです。最初からエクセルを使わずに、「TimeTracker NX」からPDF形式でレポートを直接作成することもできます。

3-4. 複数のプロジェクトの状況を簡単に把握したい方

複数のプロジェクトを同時に進行させている場合、その状況の把握は困難を極めます。プロジェクトとそこに加わるメンバーを重ね合わせ多角的に分析する必要があります。この点、「TimeTracker NX」は複数のプロジェクトをまとめて一つのガントチャートにまとめることができるうえ、イナズマ線を表示させれば進行が遅れているプロジェクトを簡単に発見することができるのです。マイルストーンの確認もプロジェクト横断的にできるため、危険な兆候を早めに把握することにつながります。くわえて「TimeTracker NX」には、コストや納期が予算を超えそうなプロジェクトは、アラートを出す機能もあり、見逃すことなく確実に、そして簡単に複数プロジェクトの状況を把握することできるのです。

4.徹底調査でわかった「TimeTracker NX」を使うべきでない人・会社

「TimeTracker NX」は、日々の工数入力を定着化させ、その状況の見える化によりプロジェクトの問題点を把握し改善に役立てることができます。それでは、「TimeTracker NX」を導入するべきではない企業はどんな方なのか、みていきましょう。

4-1. 安価にシステム導入をしたい方

「TimeTracker NX」は、クラウド型のシステム導入ができません。このためどうしても初期費用がかさみます。ソフトウェアやハードウェア費用のほか、セキュリティ対策やサーバーの冗長化対策なども求められる場合、その投資金額は大きなものになるでしょう。規模の小さな中小企業の場合、より手軽に導入可能なSaaSクラウド型のプロジェクト管理ツールの導入が現実的かもしれません。

4-2. プロジェクトメンバーとの情報共有を望まない方

企業によっては、プロジェクトの進捗状況や工数はプロジェクトメンバーに極力見せずに、プロジェクトリーダーやマネジメント層で確認したいといったこともあるかもしれません。「TimeTracker NX」は、アクセスコントロール機能をもつため、プロジェクトメンバーと共有する情報をある程度制限することが可能です。しかし、「TimeTracker NX」は情報共有を促し、工数入力の定着化や改善活動につなげることが得意なプロジェクト管理ツールです。情報共有を望まない場合は、より安価で機能が絞られたプロジェクト管理ツールを検討したほうがよいでしょう。

5. 料金

「TimeTracker NX」は、基本機能が提供されるStandard Editionとプロジェクト横断的な分析や管理なども可能となるProfessional Editionがあります。Standard Editionは、5ライセンスパックが18.9万円、100ライセンスパックでは210万円です。一方で、Professional Editionは、5ライセンスパックが37.8万円、100ライセンスパックでは420万円となっています。

6. 「TimeTracker NX」の導入実績・効果

「TimeTracker NX」は、じつに65,000社もの導入実績を持ちます。それでは具体的にどんな企業でどのように使われているのでしょうか。ここからはその代表的な事例として、ジェイテクトとエムティーアイの事例を紹介します。

6-1. ジェイテクト

ジェイテクトは、大阪に本社を持つ製造業で、グループ全体の従業員数は49,000人にのぼります。自動車用部品を製造するジェイテクトは、国際的な機能安全規格「ISO26262」への準拠が求められていました。ISO取得活動の中で、製品開発の現場における計画管理やリソース管理の徹底が必要となります。従来はエクセルによるガントチャート作成をしていましたが、新システムでも同様のガントチャートによる従業員の負担を減らしたいと考えていました。

そこで目をつけたのが「TimeTracker NX」。ビジュアル的なガントチャートによる日程管理と使いやすい工数管理が現場にマッチしたといいます。ISO取得を目的とし、Application Lifecycle Managemenツールの導入を決めていましたが、「TimeTracker NX」のAPIを活用してこうしたシステムとの連携も実現することができました。このようなシステム導入により、製品目線・現場目線での日程管理ができるようになったほか、実績工数データの精度向上や成果物と工数の関連付けにより、見積精度も向上しました。

6-2. エムティーアイ

エムティーアイは、音楽配信やヘルスケア、生活情報を提供する個人向けサービスのほか、ICTを活用した新たな価値提供を目指して法人・官公庁向けサービスも提供するコンテンツ配信事業者で、東京に拠点をおいて活動しています。他社に先行することでコンテンツ配信事業で存在感を示してきましたが、速度の経済効果を最大限に享受するためには、状況をリアルタイムに把握できるプロジェクト管理ツールが求められていました。従来は感覚や定性的な進捗報告で状況を把握せざるを得なかったのです。

新しいツールの導入に戸惑うメンバーも多い中、複数プロジェクトを一覧化する機能や工数によるプロジェクトメンバーの負荷を把握する機能は、大きな効果を生み出したといいます。人員整理や再配置などの調整が簡単になったほか、報告データの精度も定量的でグラフィカルな表やグラフの活用で大きく向上しました。工数入力も定着したため、コストが見える化され赤字プロジェクトを削減することにもつながり、現在では金融商品取引法(日本版SOX法)に対応した内部統制の指標としても活用されています。

7. まずは「TimeTracker NX」の無料体験を

「TimeTracker NX」は、90日間無料ですべての機能が使える評価版を用意しています。「TimeTracker NX」はその優れたインターフェースから、使ってみてこそそのプロジェクト管理ツールとしての能力を体感することができるのです。ホームページから申し込みするだけなので、ぜひとも体験してみてください。

8. まとめ

今回の調査で分かったことは、「TimeTracker NX」がプロジェクト管理ツールとして求められる機能の一歩先をいき、プロジェクトの改善活動につなげることを念頭に置いているということです。プロジェクト管理ツールとしては当然必要となる使いやすさはもちろんのこと、入力したデータはグラフィカルなインターフェースで可視化し、改善活動に役立てていくことができるのです。数多くのプロジェクト管理ツールが存在するこの市場において、その存在感は大きくプロジェクト管理ツールを導入する際は、ぜひとも検討の土俵にあげたいソフトウェアであるといえるでしょう。だからこそ、クラウド型のシステム提供が待たれるといえます。

プロジェクト管理ツールは、プロジェクト遂行型の企業にとってはなくてはならない基幹システムともいえるシステムです。プロジェクトの成否が会社の業績や競争力の源泉にもなり得るため、プロジェクト管理ツールが果たす役割は大きいのです。今回の記事も参考にしながら、自社のプロジェクトの進め方にあったプロジェクト管理ツールを選定してください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ