あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Teamspirit Leaders(チームスピリットリーダーズ)の評判と実態|15個のプロジェクト管理ツールを試してわかった本当のおすすめ

TeamSpirit Leaders トップページ

更新日:2018年12月26日 | 公開日:2018年12月26日

プロジェクト管理は、複雑で難しい対応が求められ簡単ではありません。しかし、プロジェクトの成功のカギは、プロジェクト管理が握っているといっても過言ではありません。重要度が高く、対応が難しいプロジェクト管理ですが、プロジェクト管理ツールを活用することで円滑にプロジェクトを進められる可能性が高まります。

今回紹介する「TeamSpirit Leaders」は、働き方改革に焦点をあてたプロジェクト管理ツールです。働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」の一部として提供されており、単体では動作しません。 プロジェクト管理ツールは、クラウドの進展に伴い数多くの製品やサービスが登場してきました。その中で、「TeamSpirit Leaders」はどんな機能を提供し、どんな優位性を持っているのでしょうか。徹底調査の結果から、詳しく解説していきます。

<総評>「TeamSpirit Leaders」は現場のニーズから生まれたプロジェクト管理ツール

<総評>「TeamSpirit Leaders」は現場のニーズから生まれたプロジェクト管理ツール

TeamSpirit Leadersは、クラウド型のプロジェクト原価管理ツールです。働き方改革に焦点をあてたTeamSpiritファミリーのアドオン製品で、工数を細かく把握し、働き方改革に役立てる機能に優れています。工数の入力をおこなうプロジェクトメンバー用インターフェースと、プロジェクトの収益性を把握するマネジメント用インターフェースの2つが用意されており、プロジェクトの収益性を工数から把握できます。予実管理も可能で、プロジェクトの問題点の把握や人的資源の再配置に役立てることもできるでしょう。

チームでプロジェクトを動かすとなると、リソースを割り当てるためのシフト管理が欠かせません。TeamSpirit Leadersを活用すれば複数のチェーン店を展開する事業形態においても、チェーン店全体のシフト管理が可能です。注意点としてはTeamSpirit LeadersはあくまでTeamSpiritのアドオンとしての機能です。勤怠管理や工数管理、経費精算の機能を最大限に生かしながら、プロジェクト遂行型企業のプロジェクトマネジメントを後押ししてくれるのです。

他のプロジェクト管理ツールと比べてどうなのか

TeamSpirit Leadersは、TeamSpiritがないと動作しません。逆にいうと、TeamSpiritの働き方改革に役立つ勤怠管理、工数管理と連携させながら、プロジェクト管理に役立てることができるといえるのです。そのため働き方改革を実行に移し、成果をあげるうえでは、非常に効果的なツールであると言えます。働き方改革の肝となるのが、生産性の可視化です。長時間労働や仕事の負荷を平準化することで、従業員満足の向上に役立てることができます。

ほかにも、従業員の時間の使い方を見て、より生産性の高い業務に割り当てる、あるいは自社にとって価値がない作業をアウトソースするといった経営判断に使うこともできます。TeamSpirit Leadersは、働き方改革の恩恵を、プロジェクト遂行型の事業を行っている場合にも受けるためのアドオンツールという位置づけです。この点は、他のプロジェクト管理ツールと比較した時の大きな相違点であるといえるでしょう。

1.「TeamSpirit Leaders」の6つのメリット

1.「TeamSpirit Leaders」の6つのメリット

ここまで説明してきたようにTeamSpirit Leadersは、TeamSpiritの機能を最大限に生かしながらプロジェクト原価を把握するためのプロジェクト管理ツールであるといえます。ここからは、TeamSpirit Leadersの詳細な機能を、メリットとデメリットの側面からみていきましょう。

1-1. リアルタイムなプロジェクト原価管理の実現

プロジェクトリーダーはメンバーをプロジェクトにアサインし、アサインされたメンバーが工数を入力することで、プロジェクトの工数原価を把握できます。日々の工数入力がそのままプロジェクトの工数原価に反映されるため、把握は用意です。工数原価はリアルタイムに反映されるため、プロジェクトの異常値の早期発見に繋がります。Saleceforceとの連携に優れるのもTeamSpirit Leadersの特徴。Sale Cloudと連携させることで、受注前の提案段階からリソースベースでプロジェクトの採算性の見込みを立てることもできます。予め立案した見込額は、案件の進捗に合わせて予算として予実管理にも役立てられるでしょう。

1-2. 充実したレポート機能

メンバーが入力した工数・勤怠情報は、溜めておくだけでは意味がありません。TeamSpirit Leadersは充実したレポート機能を持ち、プロジェクトの採算性やプロジェクトメンバーの負荷状況をリアルタイムに把握できます。そもそも複数のプロジェクトが同時に複数動いている場合、どんなプロジェクトが稼働しているのかは分からないものです。この点でTeamSpirit Leadersは一目でプロジェクトの稼働状況とメンバーが把握できるので、負荷状況も一目瞭然です。プロジェクト単位の収支状況も把握できるため、将来のリソース状況を予測したり、仕事の充足状況の把握にもつながります。経営計画や営業計画の作成に役立てることもできるでしょう。

1-3. 労働生産性の向上につなげる勤怠管理機能

TeamSpiritのコンセプトは「働き方改革」。コンセプトの通りに勤怠管理機能も充実しています。まずはクラウドサービスならではのスマホによる打刻機能。外出先や在宅勤務においても、スマホで手軽に打刻入力できます。マネージャーへのメッセージを添えるなど細かな配慮も可能です。打刻にICカードを使うこともできますので、工数管理の入り口のハードルを低くすることに繋がるでしょう。

勤怠状況はグラフィカルに表示されるため自身の生産性の可視化につながり、残業抑制を実現します。その他にも、残業や有給休暇の申請ワークフローや、36協定・安全管理を知らせるアラーム機能など、勤怠管理システムとして優れた機能を備えています。

1-4. 個別原価管理を実現する工数管理機能

入力した勤怠情報から、工数を把握できる機能が工数管理機能です。日報報告画面から、出退勤情報、作業内容や経費など、1画面で入力できるためメンバーの手間を省きます。スライダーで工数入力できるため、操作性も抜群です。この機能をTeamSpirit Leadersでつかうことで、プロジェクトベースの個別原価計算が実現します。工数と残業時間や経費利用状況は、営業成績と併せてダッシュボードに表示させることも可能。ダッシュボードからは、社内SNSを利用できるので、社内コミュニケーションや組織風土の醸成を図る事に繋がります。

1-5. 手間を軽減する経費精算機能

プロジェクトの採算性を正確に把握する上では、交通費や設定費などの経費も考慮に入れる必要があります。TeamSpiritは、面倒な経費精算の入力を極限まで削減できる機能を備えています。交通費は交通系ICカードから取り込むだけ。設定交際費も、コーポレートカードを使えばこちらもデータを取り込むだけで完了します。領収書も写真をとれば経費入力を省けます。ワークフローの申請と組み合わせれば、内部統制を前提とした強固な体制での運用が実現します。経費データもTeamSpirit Leadersと連携することで個別原価管理を実現させることができます。

1-6. チームの動きを一元管理するシフト管理機能

複数の店舗やチェーン店を構えている場合、リソースの割り当ては難しくなるものです。非正規雇用社員がいる場合は、勤務時間が従業員ごとに異なるため、難易度がさらに上がる場合も。TeamSpirit Leadersは、マウス操作だけでシフトを管理できる優れたインターフェースを備えている上に、エクセルのシフト表を取り込むことも可能です。取り込んだシフトは、従業員の勤務体系に合わせて残業時間を自動計算。管理者の負担を減らしながら、実用的かつ簡単な操作でシフト管理を実現できます。

2. 「TeamSpirit Leaders」の2つのデメリット

2. 「TeamSpirit Leaders」の2つのデメリット

働き方改革につなげることに注力しているTeamSpirit Leadersは、特徴的な機能がゆえに、デメリットも存在します。どのようなデメリットがあるのか、具体的に解説します。

2-1. スケジュール管理機能

TeamSpirit Leadersの主たる目的は、プロジェクトごとの原価の把握にあります。このため、プロジェクト管理機能についてはそこまで充実していないのが実情です。スケジュール管理機能は、プロジェクトごとの工数についての予実管理は可能ですが、進捗管理や納期管理は不足しているのも事実でうす。スケジュールはOffice 365の予定表もしくはG Suiteのカレンダーから取り込めますが、この機能のみに留まます。工数ではなく、工程や納期の視点からスケジュール管理を行っていくためには、別のツールを利用することも検討したほうがよいでしょう。

2-2. タスク管理機能

プロジェクトが大規模になると、プロジェクトを遂行するためのタスクは複雑になり、関係を洗い出す作業は困難を極めます。大規模プロジェクトに対応しているプロジェクト管理ツールの場合は個々のタスクを分解するタスク管理機能があります。しかし、TeamSpirit Leadersは勤怠や工数からプロジェクトの原価管理が主目的なので、こういったタスク管理機能は不足しているのが事実です。プロジェクトマネジメント機能は手薄なため、こうした目的のためにTeamSpirit Leadersを導入するべきではないでしょう。

3.徹底調査でわかった「TeamSpirit Leaders」を使うべき人・会社

3.徹底調査でわかった「TeamSpirit Leaders」を使うべき人・会社

一般的なプロジェクト管理ツールと異なり、TeamSpirit Leadersは勤怠管理を中心に働き方改革やプロジェクト原価を把握するための性質が強いツールです。それでは具体的にどのような人・会社がTeamSpirit Leadersを使うべきか、解説していきます。

3-1. 複数の機能を組み合わせてERPを実現したい会社

TeamSpiritは、勤怠・工数・経費管理機能などを提供するTeamSpiritのほかにも、プロジェクト原価管理を実現するTeamSpirit Leaders、人事情報管理を提供するTeamSpirit HRといったサービスで構成されています。このため、必要な機能を必要なだけ安価に導入したい企業は、選択肢に入れるべきだといえます。くわえて、プロジェクト推進型の企業であれば、TeamSpirit Leadersを導入することで、必要な機能が一通り揃うので安価かつ容易にシステム導入を進めることができるでしょう。

3-2. 働き方改革を実現したい会社

TeamSpirit Leadersのコンセプトは、「働き方改革」プラットフォームの提供。こうしたコンセプトを標榜しているだけあって、働き方改革につなげることのできる様々な機能を提供します。働き方改革を実現したい企業にとって、TeamSpirit Leadersは選択肢となるでしょう。ダッシュボードでは、今その瞬間の勤務状況のほか、チームや部門・部署単位で働き方を可視化します。TeamSpirit Leadersを導入していれば、プロジェクト推進型の事業展開をしている企業でも、働き方の状況や生産性を可視化できるのです。

3-3. 新規上場企業

開発元の株式会社チームスピリットによると、新規上場企業の実に20%がTeamSpiritを使っているといいます。TeamSpiritは、システム的に労務管理やコーポレートガバナンスを強固に推進できます。くわえて、働き方改革や生産性向上につなげやすいため、変化の激しい環境で人の力を最大限に発揮するためには、TeamSpiritは有効なツールになります。プロジェクト推進型企業においては、TeamSpirit Leadersを導入すれば、業態に即した管理ができるようになるでしょう。

4.徹底調査でわかった「TeamSpirit Leaders」を使うべきでない人・会社

4.徹底調査でわかった「TeamSpirit Leaders」を使うべきでない人・会社

TeamSpirit Leadersは勤怠管理を中心に働き方改革やプロジェクト原価を把握するのに有効なのが分かりました。しかし、TeamSpirit Leadersは、特徴ゆえに利用に適さない企業もあります。ここでは、TeamSpirit Leadersを使うべきではない企業について解説します。

4-1. 大規模プロジェクト管理を実現したい企業

TeamSpirit Leadersは、プロジェクト管理に特化したツールではありません。このため、特に大規模プロジェクトを円滑にする目的でTeamSpirit Leadersは使うべきではありません。プロジェクト管理に特化したツールを導入するのが無難だといえるでしょう。

4-2. 安価にプロジェクト管理ツールを導入したい企業

TeamSpirit Leadersは、TeamSpiritを1ID以上契約する必要があります。TeamSpiritは月額3万円〜となるため、決して安価ではありません。TeamSpiritの機能を考えれば、安価なクラウドサービスといえますが、プロジェクト管理ツールのみを導入したい場合は、別の製品を検討したほうがよいでしょう。

5. 料金

5. 料金

TeamSpirit Leadersを導入する場合は、TeamSpiritも1ID以上契約する必要があります。それぞれの費用は以下の通りです。(金額はすべて税別)
●「TeamSpirit」
初期登録料:150,000円
月額費用:30,000円(1社あたり、50ユーザのサブスクリプションを含む)

●「TeamSpirit Leaders」
初期登録料:50,000円
月額費用:6,000円(1ユーザあたり)

6. 「TeamSpirit Leaders」の導入実績・効果

6. 「TeamSpirit Leaders」の導入実績・効果

強力なプロジェクト原価管理と働き方改革を実現するTeamSpirit Leaders。ここではTeamSpirit Leadersを有効活用している企業を紹介します。

6-1. スカイアーク

スカイアークは、北海道帯広に拠点を置きCMSやクラウドインテグレーション事業を展開する社員数60名の企業です。従来はエクセルを用いてプロジェクトの原価管理を行っていたところ、原価集計に必要な工数入力が半日ほどの時間がかかるため、なかなか定着しませんでした。しかし、経営管理上、正確な原価の把握はとても重要です。TeamSpirit Leadersの導入後は、勤怠、工数、経費精算がすべて電子承認で可能に。特に管理部門の仕事の質がかわり、生産性向上に寄与したといいます。

経営の視点では、管理会計を重視していたスカイアーク。従来は月次の収益性の確認に留まっていましたが、TeamSpirit Leadersの導入後は、採算性がプロジェクトごとに正確かつリアルタイムに把握できるようになりました。実は、TeamSpirit Leadersは、トライアルからわずか1時間で導入を決断したといいます。人財が重要と位置づけるスカイアークですが、人的資源の活用を最大化するために、今後もTeamSpirit Leadersを活用し続けています。

6-2. ハートマーケット

ハートマーケットは、群馬県前橋市に拠点を置き飲食店として「イルクオーレ」「鳥心」ブランドを、衣料店として「ラフ」ブランドを展開しています。創業以来事業を拡大し、現在は44店舗の運営に至っています。ハートマーケットのTeamSpirit Leadersの利用用途は、Chatterによるコミュニケーションとシフト管理です。従来は、タイムカードによる勤怠管理を行っており、勤怠を締めるまで従業員の勤務状況は分からなかったといいます。現在は、従業員ごとの勤務状況を残業時間も含めてリアルタイムに把握することができるようになりました。経営的な予測にもとづき、シフトを組み替えることも簡単にできるようになったといいます。

Chatterは従業員同士のコミュニケーションツールとして活用しています。他の店舗の展示方法やPOPなど、気軽に情報交換し、店舗の店づくりに役立てているそうです。勤怠やコミュニケーションを軸としたシステム作りは、働きやすく風通しの良い組織風土の醸成に役立っているといえるでしょう。

7. まずは「TeamSpirit Leaders」の無料体験を

7. まずは「TeamSpirit Leaders」の無料体験を

TeamSpirit Leadersは、30日間の無料トライアルが利用できます。使いやすいインターフェースやグラフィカルなレポート機能は、使ってみてこそ利便性がわかるもの。社内システムに影響を与えないクラウドサービスのため、まずは気軽に使ってみてはいかがでしょうか。

8. まとめ

8. まとめ

TeamSpirit Leadersはプロジェクト管理に主眼を置いているわけではなく、人的資源にフォーカスしているツールです。うまく活用することで人的資源の活用を最大化することができるでしょう。この記事ではプロジェクト管理ツールという枠組みからTeamSpirit Leadersを紹介しましたが、その枠に収めるのでなく、TeamSpiritを含めてERPツールとして生産性向上に取り組めば、その効果は大きいといえます。セールスフォース社のSales Oneと組み合わせれば、受注前を含めた営業活動全体でTeamSpirit Leadersを有効活用していくことができるでしょう。今回の記事も参考にしながら、自社のプロジェクトの進め方にあった最適なプロジェクト管理ツールを選定してください。

“プロジェクト管理ツール”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono