ZAC(ザック)の評判と実態|15個のプロジェクト管理ツールを試したアイミツが徹底比較

ZAC トップページ

更新日:2018年12月26日 | 公開日:2018年12月26日

プロジェクトの成功のカギは、プロジェクト管理が握っているといっても過言ではありません。しかし、プロジェクト管理は、複雑で難しい対応が求められ簡単ではないのも事実。特に会社の事業活動がプロジェクト単位で動いている場合、プロジェクトの成否は会社の業績に直結しているといえるでしょう。このように難しい対応が求められるプロジェクト管理ですが、プロジェクト管理ツールの利用が解決してくれる可能性があります。プロジェクト管理ツールは、プロジェクト管理を円滑に進めるためにWBS作成支援機能や、タスク管理、スケジュール管理、工数管理といった様々な機能を提供するのです。
こうしたなか 「ZAC」は、プロジェクト別の収支の見える化に主眼を置いたプロジェクト管理ツールで、クラウド型、SaaS型の両方に対応可能です。プロジェクトの進捗を円滑化するためのツールというよりは、販売管理や購買管理などを含めて提供されるERP(Enterprise Resorce Planning)の性質が強いプロジェクト管理ツールであり、プロジェクト管理機能はその一部として提供されると考えてよいでしょう。
プロジェクト管理ツールは、クラウドの進展に伴い数多くの製品やサービスが登場してきています。その中で、「ZAC」はどんな機能を提供し、どんな優位性を持っているのでしょうか。徹底調査の結果から、詳しく解説していきます。

<総評>「ZAC」は現場のニーズから生まれたプロジェクト管理ツール

「ZAC」は販売管理、在庫管理、経費管理、勤怠管理などのバックオフィス機能を提供する国産ERPの性質を持つプロジェクト管理ツールです。プロジェクトの採算性を正確に把握し、意思決定に役立つ情報提供が期待できます。このため、案件・契約・プロジェクト単位で仕事を進める企業にとっては、基幹システムとして存在感を示し、このサービスが動いていないと仕事が始められないといった位置づけのシステムになるはずです。「ZAC」がERPシステムである以上、提供する機能は幅広く、ほかのシステム、とくに会計システムやオンラインバンキングとの連携も容易に実現できます。まさに企業活動をトータルにサポートしてくれるツールであるといえます。このため、「ZAC」の場合、「ZAC」を使うメンバーは、プロジェクトメンバーに限らず、購買部門・販売部門・経理部門・人事部門・経営部門と、全社員が使うことになるでしょう。プロジェクト遂行型の事業展開をしている企業にとっては、全社的な業務改善につなげることができるプロジェクト管理ツールであるといるのです。

他のプロジェクト管理ツールと比べてどうなのか

「ZAC」の場合、ほかのプロジェクト管理ツールとの違いは明らかです。「ZAC」はプロジェクト管理ツールという枠には収まらず、ERPツールという位置づけが濃いツールだからです。このため提供される機能も、ほかのプロジェクト管理ツールより幅広く、通常プロジェクト管理機能に求められるスケジュール管理や工数管理といった機能はもちろんのこと、販売管理、購買管理、勤怠管理、在庫管理、文書管理といった幅広い機能が提供されます。このため、基幹システムすなわちERPツールとも位置づけられ、プロジェクト管理機能は「ZAC」が提供する機能の一部に過ぎないといえるのです。このため、「ZAC」を使うユーザはプロジェクトメンバーにとどまりません。ほぼ全社員が使うシステムとなるのです。
「ZAC」がもつこのような特徴から、「ZAC」は気軽に導入を検討できるようなシステムではありません。導入費用も決して安価ではなく、部署を横断的に巻き込み全社的な導入を検討する必要があるでしょう。しかし、その導入効果は大きく、プロジェクト遂行型の事業展開をしている企業にとっては生産性の向上や競争力強化につなげていくことができます。一般的に、単なるプロジェクト管理ツールよりその導入効果は大きくなるのです。

1.「ZAC」の6つのメリット

ERPツールや基幹システムとして位置づけられる「ZAC」はどのような機能を提供するのでしょうか。ERPツールである以上その提供機能は幅広いことが分かりました。それではその具体的な機能を、メリットとデメリットに分けて詳しく解説していきます。

1-1. プロジェクトを軸とした強力な収支管理の提供

プロジェクトごとに、仕入、人件費、経費といった費用を按分し、プロジェクトごとの収支をリアルタイムにモニタリングすることができます。間接費や共通費についても、予め配賦基準を定めておけば、自動的にプロジェクトごとに賦課することも可能です。こうしたプロジェクト別の収支管理は、受注前の見込・引き合いの段階から、プロジェクトの実行予算を立案から始めることもできます。その後、リアルタイムに人件費や仕入、経費をプロジェクトごとに集計。最終的には予実の対比を行うことができるのです。開発当初の実行予算と対比することで、赤字プロジェクトの原因把握や今後の対策に役立てることもできるでしょう。
その他にもプロジェクトを遂行していくうえで必要となる、工程管理機能、タスク管理機能、スケジュール管理機能も提供。メンバーの空き状況だけでなく会議室や備品の予約も行えるなど、グループウェアとして利用することもできるでしょう。

1-2. 販売業務全体を管理する機能の提供

「ZAC」がプロジェクト管理ツールを超えたERPツールといわれるゆえんは、販売管理や購買管理機能を持つ点。場合によっては販売管理機能単体のツールでも数百万円はするような機能が、「ZAC」の場合はプロジェクト管理機能とともに提供されます。販売管理機能は、受注前の受注確度の設定や、受注予定日・売上予定日の設定から始まります。受注確度が停滞している案件の洗い出しなどは営業活動に役立てることもできるでしょう。ワークフローを伴った見積書作成機能、その後の営業プロセスに応じて受注申請、売上計上申請でも承認ワークフローを提供し、請求管理から入金管理、債権管理まで一貫した営業管理機能を実現します。

1-3. 購買業務全体を管理する機能

プロジェクトの採算性を把握するためには、よくあるプロジェクト管理ツールが提供する、工数に焦点を当てた人件費の管理だけでは不十分です。なぜなら、プロジェクトに紐づく仕入れや外注といった購買管理が必要となるから。この点「ZAC」は購買業務全体を管理する機能を提供し、プロジェクト全体の収支を確認しながら購買業務を進めることができます。購買業務では、注文行為が前提となるため、注文書・注文請書などの帳票が必要になりますが、こうした帳票類もワークフローを前提に作成することができるのです。購買をする以上、支払管理や債務管理も必要になりますが、いつどこにいくら払う必要があるのか確認できるため、資金繰りの厳しい中小企業では、資金繰り表のかわりに活用することもできます。

1-4. 工数管理と一元化する勤怠管理機能

プロジェクト管理ツールの肝となる工数入力については、「ZAC」でも従業員負担を減らす機能を提供しています。システムのログイン・ログオフの自動記録や、すでに導入済みのタイムカードがあればその打刻情報を取り込む機能を持ちます。そのうえで、プロジェクトメンバーは日報を通じて工数をプロジェクトに配分すればよいわけです。そうした日報についても、提出漏れについてはアラートを出す機能により抜けモレを防止することができます。
勤怠管理機能自体についても、日々の労務管理をサポートする機能をワークフローを提供します。これにより、遅刻や早退、有給、休日出勤といった申請を簡単に行うことができるのです。打刻情報は残業時間とともに給与計算システムとの連携も可能。給与計算業務の削減にも役立てることできます。

1-5. 様々な外部システムとの直接的な連携

多くのプロジェクト管理ツールが、ほかのシステムとの連携をCSVを介して行うのに対し、「ZAC」はシステム間連携を直接的に行うことができます。システム間連携がもっとも威力発揮するのが、会計システムとの連携。「ZAC」の場合、単なるプロジェクト管理ツールの枠を超え、売上や購買、在庫といった管理ができるため会計システムとの連携は強く求められているのです。一般的な会計システムはもちろんのこと、独自開発の会計システムとも連携可能となっています。
データ連携は「ZAC」からデータを渡すにとどまりません。外部からのデータを取り込むことも可能です。販管費を取り込むことができるので、水道光熱費や家賃、リース費用などをプロジェクトに配賦すれば、売上総利益ベースではなく、営業利益ベースでプロジェクトの採算性を把握することができるでしょう。

1-6. 経営ダッシュボードによるモニタリング機能

通常のプロジェクト管理の枠を超えたERPツールとしての位置づけが強い「ZAC」ですが、経営層のためのモニタリングツールも充実しています。プロジェクトの利益性が一定のしきい値を下回った場合、アラートを出す機能は業績への影響度を最低限に抑えます。経営判断をするうえでは、セグメント別の分析は欠かせません。この点「ZAC」は、全社損益、部門収支、プロジェクト収支、サービス別損益といった様々なセグメントから採算性を把握できます。会社の経営状況を多角的な視点で分析し経営判断を下すことに役立てることができます。プロジェクト管理を営業利益ベースで把握できるからこそ、より精度の高いモニタリング情報を提供できるといえるでしょう。

2. 「ZAC」の2つのデメリット

単なるプロジェクト管理ツールの枠を超えて、ERPツールとしての性質も強い「ZAC」ですが、だからこそ、デメリットがあるのも事実。それでは、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。

2-1. プロジェクト管理ツールとしては導入コストが高い

「ZAC」が提供する機能は、単なるプロジェクト管理にとどまりません。販売管理や在庫管理、購買管理などはそれ単体で数百万程度の投資が必要となるようなERP機能が、「ZAC」はプロジェクト管理ツールとともに提供されます。提供される機能の側面からみた時には、「ZAC」はけっして高価なソフトウェアではありません。しかし、単なるプロジェクト管理機能のみを提供するサービスと比較すると、どうしても「ZAC」は導入費用が高くなります。同時に、「ZAC」がERPツールという性質を持つ都合上、ソフトウェアの利用料や導入費用、ライセンス費用だけではなく、導入設計コンサル費用が必要となります。導入のハードルは決して高くないため、安価なプロジェクトツールを求める方にとってはこうした点はデメリットとなります。

2-2. プロジェクト管理に限定した機能を手軽に導入できない

プロジェクトの進行を効率化するために、プロジェクト管理に絞ったツールを求める会社にとっては、「ZAC」の豊富な機能が、デメリットになるでしょう。「ZAC」が持つプロジェクト管理機能だけを使うことは、無駄なコスト負担にもつながり現実的ではありません。一方で、プロジェクト推進型の事業展開をしている企業が本気でプロジェクト管理ツールの導入を検討すると、企業の基幹システムと位置づけられるERPとしての機能も必要になるのも事実です。プロジェクト管理という枠に縛られずに、自社に本当に必要な機能を検討するようにしてください。

3.徹底調査でわかった「ZAC」を使うべき人・会社

ここまで解説してきたように「ZAC」は、ERPツールとしても位置付けられるプロジェクト管理ツールで、プロジェクト推進型の企業に対して最大限の効力を発揮します。それでは、具体的にどのような人・会社が「ZAC」の恩恵を受けることができるのでしょうか。具体的に解説していきます。

3-1. 広告プロモーション系の業種

「ZAC」は広告ビジネス(総合広告業・広告代理業・SP業・広告制作業)において豊富な実績を持ち、独自の商習慣にも対応できます。基本機能となるプロジェクト別採算性管理については、デザイン会社などの外注費、交通費、接待交際費、労務費などをプロジェクトに紐づけ。プロジェクトごとの採算性を一目で把握することができます。個別のプロジェクトを親プロジェクトとして集約することも可能です。これにより、CM、Web広告、イベントなどの各プロジェクトを一つの親プロジェクトとして、全体の収益性を把握することもできるのです。広告管理マスタや駅広告のような定期案件登録など、広告ビジネスにおいて豊富な実績を持つからこその独自機能により、業務効率の向上につなげていくこともできるでしょう。

3-2. ソフトウェア開発系の業種

ソフトウェア開発業(システム受託開発・パッケージソフト開発・アプリ開発・システムインテグレーション)においても、「ZAC」は豊富な導入実績を持ちます。プロジェクト別の個別原価計算は、「ZAC」の得意分野。ソフトウェア開発業において、大規模プロジェクトを受注して仕事を進めている場合は、赤字プロジェクトを回避し採算性を高めるために役立てることができるでしょう。ソフトウェア開発業においては、人件費負担が重いという特徴があります。このため、SEやプログラマの直接作業・間接作業に区別して把握するとともに、プロジェクト実行予算と実際原価の差異分析といった厳密な分析も実現しているのです。

3-3. コンサルティング系の業種

コンサルティング業(コンサルティング、SIer、監査法人、税理士法人等)といった業種においても、「ZAC」は効力を発揮します。こうした業種では、契約を1案件として管理していくことが求められます。「ZAC」では、契約管理から請求・入金まで同一の画面で機能提供。請求・入金管理も一元的に行うことができるのです。基本となるプロジェクト別の収支管理についても、リサーチ会社や交通費などを漏らさず反映させ、正確に把握することができます。機密保持がもとめられるコンサルティング業においては、強固なアクセスコントロール機能も威力を発揮します。スケジュール管理・タスク管理といったプロジェクト管理機能は業務効率効率向上に役立てることができるでしょう。

3-4. クリエイティブ・コンテンツ作成系の業種

「ZAC」は、クリエイティブ系ビジネス(Web制作・映像制作・ソーシャルゲーム開発・印刷物制作・販売企画など)といった業種に対しても豊富な実績を持ちます。こうした業務においても、大規模プロジェクトで仕事を動かしている場合、プロジェクト管理は欠かせません。そしてそのプロジェクトの採算性は人件費、つまり工数がものをいうのです。そうなると、直接・間接作業までを意識した「ZAC」の、厳密な収支管理機能が威力を発揮します。このときに従業員の意識改革につながるのが、収支の見える化機能。プロジェクトの収益状況をプロジェクトメンバが把握することができるので、数字を意識した仕事の進め方に繋げることができるのです。

4.徹底調査でわかった「ZAC」を使うべきでない人・会社

「ZAC」は、使うことで高い効力を発揮できる一方で、使うべきではない人・会社が存在することも分かってきました。プロジェクト管理ツールは数多くの種類が登場しているため、選択肢の幅が広がっており、そうした別の製品やサービスが使った方がよい場合もあるのです。ここでは、「ZAC」以外の製品を検討したほうがよい人・会社について解説します。

4-1. 業務が連続的・一定的に流れている人・会社

「ZAC」が特に効力を発揮するのは、事業活動そのものがプロジェクトや契約で動いている場合です。逆に、企業活動は製造業の見込生産や小売業、卸売業のように、同じような業務が連続的・一定的に流れている業種では「ZAC」はその効力を発揮しずらいといえます。そもそもこうした業種では、主力業務はプロジェクトとして動いておらず、一度決めた人的資源配置はアクティブに動くこともありません。このため、プロジェクト管理ツール自体の必要性が低いといえます。

4-2. 会社の内部における個別プロジェクトを導入したい人・会社

たとえ、事業全体がプロジェクト遂行型の事業を展開していなくとも、ときに社内でプロジェクトが立ち上がります。近年話題となっている働き方改革を実現するためのプロジェクトチーム、あるいは製造業では品質向上や安全性向上といった名目でプロジェクトチームが立ち上がることがあるはずです。こうした、プロジェクトを管理するために「ZAC」をつかうことは現実的ではありません。「ZAC」はERPツールとしての性質を持つため、社内の小さなプロジェクトに導入するにはハードルが高すぎます。こうした場合はタスク管理やスケジュールに主眼をおいた、クラウド型で安価なプロジェクト管理ツールを選定するべきでしょう。

5. 料金

「ZAC」は、ライセンス購入費用を以下の3つ方法から選択することができます。
・ライセンス一括購入(初期費用:1,000万円程度、月額:15万円程度)
・ライセンス分割購入(初期費用:500万円程度、月額:20万円程度)
・SaaS契約(初期費用:500万円程度、月額:20万円程度)
「ZAC」の場合、求める機能やオプションによって大きく金額が異なるため、一つの目安程度に考えるとよいでしょう。いずれにしても、初期導入時にはライセンス以外の導入設計コンサル費用が必要となるため、どうしてもそれなりの初期費用が必要となりますのでご注意ください。

6. 「ZAC」の導入実績・効果

それでは、「ZAC」を導入していえる企業はどんな課題があり、「ZAC」によりそれをどのように解決しているのでしょうか。代表的な事例をご紹介します。

6-1. インフォバーン

インフォバーンは、オウンドメディア構築やコンテンツマーケティングを展開するデジタルエージェンシーで、社員数は約150名、渋谷で事業展開しています。以前は、今後の利益動向を把握することができませんでした。実質的に、売上計上してからの結果管理となるため、経営管理上キャッシュフローの動きが見えず、資金繰りにも影響があったといいます。「ZAC」の導入後は、精度の高い利益予測ができるようになり経営の安定性を高めることができました。
「ZAC」の導入効果はこれだけではありません。「ZAC」はプロジェクトごとの収益性を見える化し、それが予算と実績で比較できます。これにより社員に数字に関する意識をもたせやすいのです。インフォバーンでは、新入社員の教育プログラムに「ZAC」を使っています。インフォバーンの利益構造やP/L、さらには管理会計といった、会計の教育に「ZAC」を役立てているのです。
そのほかにも、「ZAC」で把握できるプロジェクトメンバーの負荷状況の見える化は、働き方改革や負荷を低減することによる離職率の低下にも成果を上げているといいます。まさに、プロジェクト管理ツールの一歩先をいくツールとして「ZAC」を活用しており、「ZAC」なくして業務ができないというところまでプロジェクトの中に「ZAC」が浸透している事例といえるでしょう。

6-2. カヤック

個性的な取り組みで注目される""面白法人""カヤックの主力事業は、日本的面白コンテンツ事業。オリジナリティに溢れるソーシャルゲーム、スマートフォンアプリを世に送り出してきました。従来は、デザイナー、ディレクター、エンジニアといった人材を、どのプロジェクトに割り当てるのかといったリソース管理に課題がありました。リソースの割り当ては、そのままそのプロジェクトの原価にはねかえります。しかもプロジェクトは最大5つほど掛け持ちしてもらうことになる。従来はエクセルで管理していたリソース管理が「ZAC」導入の目的だったのです。
「ZAC」導入後は、受注前の段階からプロジェクトのステータスや予定売上・利益が一元的に管理できるようになりました。これによりいつごろどのプロジェクトがどの程度の規模で開始されるのかが把握できるため、人的資源のアサインが容易になったといいます。プロジェクトの採算性は、「たぶんこれぐらい」といった肌感覚で判断していましたが、「ZAC」により数字で正確に把握できるようになりました。

7. まずは「ZAC」の無料デモンストレーションを

「ZAC」はその性質上、無料体験などの準備はありません。一般的には、提案やヒアリングから始まり、注文後にキックオフミーティングで案件の進み方を確認し、詳細設計・導入と進んでいきます。無料相談はないものの、営業による提案やデモンストレーションは受注前の活動として無料ですので、ぜひとも活用してみてください。

8. まとめ

今回の調査で分かったことは、「ZAC」が単なるプロジェクト管理ツールにとどまらずERPツールとして会社の企業活動に中心に据えられるシステムであるということでした。プロジェクト管理ツールとしては当然必要となるスケジュール機能やタスク管理機能はもちろんのこと、企業活動全般にかかる販売管理・購買管理などの機能も提供し、プロジェクトの採算性を営業利益ベースで把握できる機能は、ほかのプロジェクト管理ツールにはない特徴といえるでしょう。このため、経営層の戦略的な意識決定を後押しするツールとして活用することができるため、実際に経営層向けのモニタリング機能も充実しています。ライセンスの購入方法も、一括購入や分割のほか、SaaS型も提供しているため、選択肢の幅が広がります。プロジェクト遂行型の業務を遂行している企業は、是非とも検討の土俵にのせたいプロジェクト管理ツールであるといえるでしょう。
一方で、プロジェクト管理ツールは、クラウドの普及で数多くの製品やサービスが登場しています。今回の記事も参考にしながら、自社に最適なプロジェクト管理ルーツ選びの参考にしてください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ