コストカットを実現!オフセット印刷の仕組みと3つのメリット

Thank youと書かれたカード

更新日:2017年10月13日 | 公開日:2015年03月07日

オフセット印刷の仕組み

そもそもオフセット印刷とは、アナログ方式の印刷技術です。
現行の印刷技術の中でも主流とされています。
印刷の手順としては、最初に原稿から製版するためのフィルムを作り、次に版を直接紙に当てずにローラーに転写、最後に紙に印刷するという仕組みです。
いわゆる平版印刷の一種ですね。

オフセット印刷の3つのメリット

そんなオフセット印刷のメリットは次の3つです。

1.美しい仕上がり

オフセット印刷の特徴はなんと言っても仕上がりが美しいこと。
ローラーに転写された絵や文字、あるいは色が、ゴム弾力によってしっかりと紙に圧着されるので、細部までくっきりと仕上がります。
ムラなく高品質な印刷を実現したいならオフセット印刷が最適です。

2.安価で大量印刷が可能

また、印刷用の版と紙とが直接触れないため、版の摩耗が少なく、大量印刷に適しています。
最初に原稿から版を作るために少量の印刷では割高になってしまいますが、高品質のものを大量印刷したいのであれば、オンデマンド印刷よりも確実に割安です。

3.好みにあわせて

さらに、オフセット印刷は原稿の品質や使用する紙などのバリエーションが豊富です。
そのため、より好みあった印刷が可能となります。
コート紙やマット紙だけでなく、その他の特殊な紙を使用したい場合や、蛍光色を取り入れた作品の印刷にも問題なく対応できます。

【まとめ】オフセット印刷でコストカットを実現

オフセット印刷の仕組みとそのメリットはご理解いただけましたでしょうか。
少量の印刷では、オンデマンド印刷に比べて価格は割高になってしまいますが、大量印刷なら安価でよりキレイな印刷を実現することが可能です。
また、仕上がりのバリエーションも豊富なので、とくに見た目にこだわりたい方はオフセット印刷を利用することを強くおすすめいたします。
コストを削減できれば、その分をデザインに投資することもできますね。
印刷業者に発注する際にも、オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いや、それぞれの仕組みについて理解しておくと、話がスムーズに進むことが多く、交渉も有利に行えるかもしれませんよ。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください