あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

PR会社に依頼する際の平均費用と料金相場【2020年完全版】

PR会社

日本パブリックリレーションズ協会が行った調査によると、日本国内におけるPR業界の市場規模は推計4,000億円以上。

SNS、動画メディアなど、手軽に始められるプロモーションツールが増え続ける一方、記者会見やイベントを開催する場合や、マスメディアでの露出拡大を目指す際は、やはり広告代理店やPR会社のサポートが欠かせません。

そこでこの記事では、企業のプロモーションを広告代理店やPR会社に依頼する際にかかる費用の相場や、依頼先を選ぶ際のポイントについてご紹介します。PRを依頼したいが費用が気になるという広報・宣伝担当の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

1.PR費用の算出方法

PR(パブリックリレーションズ)の料金には、プレスリリース作成やイベント企画にかかる人件費、テレビ局や出版社への営業コスト、コンサルティング料など、さまざまな費用が含まれます。

PR会社が企業から依頼を受けると、具体的な目標や利用するメディアにあわせてそれらのコストを算出。利益を乗せて見積もりを出すという流れです。

実際の料金としては複数の施策を組み合わせた月額制になることが多く、PR全般を委託する場合、一般的な相場は月額平均50万円前後。プロジェクトの規模によっては年間1,000万円以上の費用がかかることもあるため、依頼にあたっては十分な予算を確保し、発注先も慎重に選ぶことが大切です。

施策別のPR費用の相場

施策別のPR費用の相場
施策 平均的な相場
プレスリリースの作成・配信費 15万円から25万円
イベントの企画・運営費 40万円から80万円
メディアプロモート費 15万円~(※別途成果報酬)
戦略立案・コンサルティング費 月額10万円~

次にPRの施策別の費用の相場についてご紹介します。

プレスリリースの作成・配信費

新製品の発売やサービス開始にともない、プレスリリース(報道向け資料)を作成・配信する際にかかる費用です。

一般的なプレスリリースには、クライアントの企業情報(所在地、事業内容、代表者など)とあわせて、製品・サービスの概要や発売日(リリース日)、問い合わせ先などが盛り込まれ、出版社やテレビ局にメール・FAXで送られます。

費用の相場は配信まで含めて15万円から25万円前後。中小規模のPR会社のなかには顧客側でプレスリリースの原案を用意することを条件に、これより安価な料金を設定しているところもあるようです。

イベントの企画・運営費

新製品発表会や販促イベントを開催する際にかかる費用です。イベント全体の企画、スケジューリング、会場の手配、メディアへの告知、当日の運営などにかかる人件費が主な内訳となります。

金額はイベント規模・内容、開催期間によって変わってきますが、新商品やサービスの宣伝を目的とした単日のイベントの場合、おおむね40万円から80万円前後。PR会社によっては前述のプレスリリース配信とまとめて請け負うこともあるようです。

メディアプロモート費

テレビパブリシティ(※)の獲得や雑誌への掲載を目的に、テレビ局や出版社にアプローチする際にかかる費用です。

具体的な方法としては、PR会社のスタッフが製品やサービス(あるいは店舗)の特徴や魅力を整理し、番組や誌面で取り上げられやすいよう、企画書の形にまとめて送ることが多いようです。

メディアプロモートの費用の相場は15万円前後~企画書のボリューム・内容、アプローチ先によって大きく金額が変わります。

また、実際にテレビや雑誌で紹介されると放映時間や掲載期間に応じて別途成果報酬が発生し、反響の大きいテレビ番組の場合、成果報酬が非常に高額になることがあるので注意しましょう。

※ニュース番組や情報番組のなかで製品やサービスが取り上げられること

戦略立案・コンサルティング費

広報・宣伝の戦略立案、コンサルティングにかかる費用です。金額は内容によってさまざまですが、いくつかのPR会社のwebサイトをチェックしたところ、おおむね月額10万円前後からの料金を設定しているところが多いようでした。

最近では広報・宣伝だけでなく、リコールや個人情報漏洩時の対応方法など、いわゆる「守り」の領域のコンサルティングを行うPR会社も増えてきています。

見落としがちな費用にも注意

上記のほか、PR会社によっては発注する前の打ち合わせに2万円から3万円の相談料がかかることがあります。また、前述の通りメディアプロモートを通じてテレビや雑誌で取り上げられると成果報酬が発生するので注意が必要です。人気テレビ番組などで製品やサービスが紹介されると、成果報酬が優に100万円を超えるケースも珍しくありません。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • プレスリリースの作成・配信の費用は15万円から25万円前後
  • イベントの企画・運営費用は40万円から80万円前後
  • メディアプロモートの費用は15万円~。
    取り上げられた場合は別途成果報酬が発生
  • 戦略立案、コンサルティングの費用は月額10万円~
  • テレビパブリシティを獲得した場合、
    成果報酬が非常に高額になることがある

2.なぜ価格が違う?価格差の出る理由

プロジェクトの規模や施策の内容加え、発注先によってもPRの費用は大きく変わってきます。

たとえば中小規模のPR会社の場合、プレスリリースの作成のみ、コンサルティングのみといった形で15万円前後から対応するところもある一方、大手のPR会社、広告代理店に包括的なPRを依頼すると、年間1,000万円以上の予算が必要なことも少なくありません。目標、予算の上限をふまえたうえで発注先は慎重に選びましょう。

予算に余裕がない場合、PR会社に委託するのは自社で対応できない施策(マスメディアへのアプローチ、イベント運営など)に絞ったうえで、SNSの投稿やYouTubeチャンネルの運営など、低コストで済むプロモーション施策を組み合わせてみるのも1つの方法ではないでしょうか。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • PRの費用は発注先によっても左右される
  • 中小規模のPR会社には15万円前後の料金から
    プレスリリース作成などを請け負うところもある
  • その反面、大手になると年間1,000万円以上の予算がかかることも
  • 少額予算の場合、委託する業務は最小限に抑え、
    SNSなどの施策を組み合わせるのも1つ

3.実際にPR会社の料金を調べてみた

実際に料金を公開しているPR会社を見つけたので、参考までにご紹介します。

株式会社A
費目 料金
プレスリリースの配信代行 15万円~
PRコンサルティング 10万円~
株式会社B
費目 料金
総合PRサポート 20万円~120万円
初回ミーティング(基本120分) 3万円

4.PRで失敗しないためには

最後はPRを行うにあたって注意したいポイントを2つに分けてご紹介します。

PR会社の得意分野を見極める

PR会社や広告代理店のなかには、グルメ、ファッション、旅行など、特定の分野に特化したところも少なくありません。そうした得意分野なら過去の成功事例をもとに的確なアプローチが行え、より具体的な成果が見込めるでしょう。

まずは各社のwebサイトに目を通したうえで、過去の事例をもとに自社に合う依頼先を絞りこんでいきましょう。決して安くない出費をともなう以上、実績を公開していない会社はできる限り避けた方がいいのではないでしょうか。

常に予算を念頭に置く

たとえばテレビパブリシティを目的にしたアプローチでは、どんなに時間をかけて資料を準備しても、番組側の意向によってはまったく取り上げられないことも。その場合、他の切り口からの再提案、他局・他メディアへのアプローチなどを含め、さらに追加コストがかかることになります。

PRを通じて成果が出せるかどうかは外部要因にも左右され、その都度出費がかさんでいくケースもあるので、常に予算を念頭に置き、無理しないことも大切です

5.PR会社選びで迷ったらアイミツへ

今回は企業のPRにかかる費用の相場についてご紹介しました。プロモーションに力を入れたいと考えている担当の方の参考になれば幸いです。

また、アイミツ」ではPRに精通したコンシェルジュがみなさまからのご相談を無料で承っています。「PRの費用についてもっと詳しく教えてほしい」、「予算に合うPR会社を紹介してほしい」といった方は、「アイミツ」のコンシェルジュまでお気軽にご連絡ください。

PR会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか
PR会社が
最短翌日までにそろう