絶対に抑えたい!テンプレートにできる取りあげてもらえるプレスリリースの書き方アレコレ

更新日:2016年03月11日 | 公開日:2015年09月30日

この記事を読むための時間: 3分

何もわからないまま「プレスリリースを書け」と言われても無理がありますよね。そもそも、プレスリリースとは何なのかを、理解しないまま書いている企業はとても多く見受けられます。メディアに取りあげてもらわなければ、どれだけ頑張っても意味がない、それがプレスリリースなのにも関わらず、です。
あなたのビジネスを、より多くの人に知ってもらうための一つの方法です。プレスリリースの書き方を抑えておいてください。

●読んでもらわなければ意味がない

●その専門用語、本当に必要?

●一文の長さを意識していこう

●小手先のテクニックも忘れずに

●SNSを意識していこう

●まとめ

プレスリリースの書き方にテンプレートを作ってしまえば、あなたにも基本的な書き方は身に付きます。しかし、本当に取りあげられるためには、さらにもう一歩踏み込む必要があります。テンプレートを踏まえた上での応用力が必要になってくるのです。
ここで紹介したものを、まずは身につけて欲しいのですが、そこで安心しないでください。毎日勉強のつもりで積み重ねて行くことが必要ですよ。そのためにもSNSでの意識は、とても重要です。読んでもらいたいもの、拡散したいもの、をあなたの日常にしてしまってください。そうすれば、テンプレートに頼らずとも、プレスリリースの書き方があなたに身に付くようになっていきます。
プレスリリースは他社との競争でもありますよね。選定側が「もっとも取りあげたい」と思うものが、メディアに取りあげられます。他社のプレスリリースが優秀になってしまえば、あなたは更にその上を目指す必要がありますよ。なるべく早く、他社より優位に立つために、一日でも早くプレスリリースの基本を身につけてしまってください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください