あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2020年06月18日 更新日:2020年06月18日

「i-スマートBIZ」の評判と実態【2020年最新版】

i-スマートBIZ

i-スマートBIZは、東京都港区にある「株式会社アイルネット」が提供する次世代型ビジネスフォンサービスです。

クラウド型PBXサービスを手がけて10年以上の実績があり、携帯電話販売の実店舗も構えている背景から、携帯電話との内線連携を得意としているのが特徴。今回は、i-スマートBIZのメリットやおすすめしたい人、料金プラン、導入事例などを徹底解説します。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのPBXを厳選!

目次
アイミツ
PBXの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>i-スマートBIZは機種が豊富なサービス

i-スマートBIZは、クラウド型PBXと呼ばれるインターネットを活用した通話サービスです。従来の電話回線とは仕組みが根本的に異なり、配線工事等が不要で、離れた拠点で働く社員やスマートフォン同士の通話に内線を使用できます。

i-スマートBIZは、最短2週間のスピード導入が可能。会議用電話機や、FAX・受付用のアナログ電話機をLANに接続するための機器も提供しているため、ニーズに合わせて機種を選ぶことが可能です。

PBXを導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のPBXの見積もりが可能です。PBX選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
PBX選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

i-スマートBIZの7つのメリット

それでは、i-スマートBIZを活用することでどのようなメリットがあるかお伝えします。

スマートフォンを固定電話のように使える

クラウド型PBXを導入すると、インターネットを利用した通話が可能になり、固定電話だけではなく、契約者のスマートフォンでも内線通話が可能になります。docomo、au、SoftBankなど、キャリアを問わずに内線通話が可能です。

そのため、社員が持っている個人携帯をそのまま会社用携帯として活用できます。i-スマートBIZの場合は、スマートフォンアプリ「iSmart」をダウンロードするだけで、スマートフォンで内線通話が利用が可能です。

これまでと同じ電話番号が使える

すでに固定電話を持っているオフィスの場合、電話回線の切り替えに伴って、電話番号を変更することになると非常に手間がかかります。その点、i-スマートBIZは現在の電話番号をそのまま利用できるので、スムーズな導入が可能です。

電話会社も、NTT・KDDI・SoftBankに対応。電話回線の見直しについても、顧客の目線に立ったアドバイスをもらうことができます。

サーバーの種類が選べる

i-スマートBIZでは、「共用サーバータイプ」と「専用サーバータイプ」を選択できます。共用サーバータイプは、初期設定から導入後の保守運用まで、すべてアイルネットに任せることが可能。専用サーバータイプは、契約者専用のサーバーを設け、導入後の運用をクライアント自身が行います。

必要に応じて運用を依頼することもでき、データセンターで設備の預かりも依頼可能です。

会議用電話機がある

クラウド型PBXサービスには、電話会議システムの提供が可能なサービスとそうではないサービスがあります。i-スマートBIZは、会議用電話機の提供が可能。スピーカーとマイクがついたヤマハの会議用電話機が用意されています。

クラウド型PBXを活用した通話は、会議用電話機でも内線通話が可能なので、国内のみならず、海外支社との電話会議も料金がかかりません。拠点が多い企業の場合は、電話会議システムに対応しているクラウド型PBXサービスの方が良いでしょう。

アナログの電話機も使える

企業によっては、受付に設置されている海外メーカー製のおしゃれな固定電話を、そのまま利用したいという場合もあるでしょう。そんな時は、「アナログTA」という機械を使って、電話機を内線通話に対応させることができます。

また、受付にLANケーブルを敷けない場合や、FAXや複合機などの機器を内線化する場合にもアナログTAが活躍。FAXは通常、FAX専用のアナログ単回線を敷いて利用しますが、アナログTAがあれば内線化に対応可能です。

通信費と固定費を大幅に削減

i-スマートBIZは、通信費が高くて困っている企業と、これからオフィスを立ち上げる個人事業主の双方にメリットがあります。クラウドPBXを導入すると、社員同士の通話をすべて内線通話にできるので、通信費を大幅に節約することが可能です。

また、スマートフォンで会社の電話番号を使用できるため、端末を購入する必要がありません。初期費用とランニングコストの両方を節約できるのは、クラウド型PBXならではのメリットです。

自社で電話機の移動や追加が可能

従来の固定電話の場合は、電話を使用するために回線工事が必要で、回線の増設やオフィスのレイアウト変更の際には、技術者を派遣してもらう必要がありました。

しかし、クラウド型PBXはインターネットを活用した通話サービスなので工事が必要なく、回線の増設やレイアウト変更もネット上の操作のみで完結させられます。オフィスに電話回線のための機材や配線を敷くこともないので、メンテナンスも不要です。

アイミツ
PBXの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かったi-スマートBIZを使うべき人・会社

ここまで紹介したメリットを踏まえ、i-スマートBIZは一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

社員が外出していることが多い人

小規模オフィスや個人で事業を行っている事務所の場合、営業などで社員が不在になることが多いものです。外出時は、オフィスの固定電話を留守番電話サービスに切り替えることもできますが、すぐに対応しなければならない電話があった場合は機会損失に繋がる可能性もあります。

i-スマートBIZは、会社の電話番号をそのままスマートフォンで受け、他の社員のスマートフォンに電話を転送することも可能。離れた場所で働く社員同士が、まるで同じオフィスにいるかのように働けます。そのため、外出する社員が多い企業や、複数の拠点を持っている企業がi-スマートBIZを導入するメリットはかなり大きいでしょう。

古い電話システムを変えたい人

オフィスに設置する従来型のPBXでは、設置できる電話回線の数に限りがあり、当初の想定よりも事業が拡大している企業の場合、既存のPBXで対応できない場合があります。そして、PBXをリニューアルするにも資金がかかり過ぎて二の足を踏んでいる企業も多いでしょう。

その点、i-スマートBIZは回線数がPBXに依存することなく、回線や機材の工事も必要ありません。その分、初期費用と機材の保守管理のためのランニングコストを節約することが可能です。社員が増えた場合も、固定電話ではなく、社員のスマートフォンをi-スマートBIZに登録するだけで会社携帯として運用できるので非常に便利でしょう。

店舗の顧客対応品質を向上させたい人

i-スマートBIZは、オフィスの固定電話を減らすためだけのものではありません。携帯電話販売店などの店舗でも、顧客対応品質を向上させるためにi-スマートBIZが導入されています。携帯電話販売店は、多くの人がさまざまな目的を持って訪れる場所です。最近では、少しでも顧客の待ち時間を短縮するために、最初に対応したスタッフがタブレットなどを使って顧客の要望の聞き取りを行うことがあります。また内容によっては、専門のスタッフに取り次ぐべき場合もあるでしょう。

i-スマートBIZなら、固定電話だけではなくスマートフォンでも内線通話が可能なので、その場で専門のスタッフに内線電話を掛けて確認を取ることができます。

i-スマートBIZの料金プラン

i-スマートBIZの料金プランについては、サービスページやアイルネットのホームページで記載がありません。

そのため、料金を確認するためには、実際に問い合わせをして見積もりを出してもらう必要があります。

アイミツ
PBXの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

i-スマートBIZの導入実績・効果

ここからは、実際にi-スマートBIZを導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A社

i-スマートBIZの導入事例ページ(株式会社アイルネット https://www.islenet.co.jp/theme9.html 参照)によると、A社は、CDやDVDの製造を軸に、コンピュータテープ、光学レンズ、磁気カードの開発などに取り組んでいます。

これまで、東京本社を中心として全国各地に工場や営業所を持ち、それぞれ従来型の固定電話と構内PHS、携帯電話を併用していました。電話設備のリニューアルを検討するにあたって挙がった案は、構内PHSと携帯電話の2台持ちと、携帯電話を1人1台持ち、ビジネスフォン代わりにするということ。最終的にi-スマートBIZを選んだ理由は、従来型のPBXを新たに購入する提案よりも見積もりの金額が安く、社員同士の通話が内線化できる点からです。

i-スマートBIZの導入後は、1人1台携帯電話を支給し、社内の電話機として使用することに。携帯電話の080/090番号に加えて、会社の部署の番号で発着信ができるようになったことも大きなメリットです。また、携帯電話から国際電話を掛ける際も、i-スマートBIZならば固定回線を使って発信でき、大幅なコスト削減に繋がりました。海外にビジネスを展開している企業にとって、国際電話の経費節減は大きな意味を持っているのです。

B社

B社は、電気通信事業者で、連結ベースで4万4,000人超のスタッフを抱える大企業です。

新会社を発足する際に、時代の先端を行くIP電話機の導入を考えました。新会社がスタートする11月1日に電話機の導入を間に合わせる必要がありましたが、アイルネットとの取引が正式に決まったのは9月の半ばを過ぎた頃。自らシステムを設計して、アイルネットに最終データを渡したのは導入の約1週間前というタイトなスケジュールでしたが、きちんと期日通りに導入できました。

当初は200台の端末を導入し、現在は280台が稼動。導入までに2回の接続試験を行い、問題点はそのタイミングで解決できました。これまでの電話機と操作方法が異なるので多少の慣れは必要でしたが、現在に至るまで音声品質も含め、社員からのクレームはありません。また、バージョンアップも数回行われましたが快適な運用に成功。万が一トラブルが起きた場合でも、しっかりとバックアップ対策が取られているので安心して利用できます。

まずはi-スマートBIZの見積もりを

i-スマートBIZは、大企業の導入事例も多く、信頼できるクラウド型PBXサービスです。オフィスの規模を問わず、既存のシステムからの切り替え、新規導入においてもスムーズな導入と運用ができます。

i-スマートBIZについてもっと良く知るためにも、導入を検討している方は、まずは見積もりをしてみてはいかがでしょうか。アイミツでは、i-スマートBIZの見積もりを受け付けています。少しでも気になる方はお気軽にお問い合わせください

まとめ

クラウド型PBXサービスを手がけて10年以上の実績があり、最短2週間で導入が可能なi-スマートBIZ。固定電話やスマートフォンだけではなく、会議用電話機も使用可能で、FAXや受付用のアナログ電話機をクラウド型PBXにも対応できます。

既存の機器からの切り替えも得意なi-スマートBIZについて、詳しい内容を知りたい方は見積もりから始めてみましょう。

PBX探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

PBXが
最短翌日までにそろう