ランニングコスト圧縮!「決済手数料無料」の意味知ってますか?

更新日:2017年07月21日 | 公開日:2015年03月10日

決済処理(トランザクション処理)とはカードの有効性を確認するためにカード会社に照会する「オーソリ処理」や「売上確定処理」「返金処理」などです。
この費用が決済手数料と別に発生する決済代行サービスもあるので、注意深く見る必要があります。

SPIKE

◆月額100万円以下なら完全「決済手数料無料」
出典SPIKE

「SPIKE」の「決済手数料無料」は「カード決済手数料無料」と同じ意味と考えて間違いありません。小額決済中心の総売上が月間100万円以下の方なら完全無料、ビジネスプレミアムプランなら月額費用3,000円で1,000万円まで決済手数料がタダになります!

NTT DATA

◆トランザクション費用無料、決済手数料5%
出典NTT DATA

無料メニュー充実のNTT DATAのSGペイメントですが、「トランザクション費用」(決済処理手数料)のみ無料なので注意しましょう。

カラーミーペイメント

サムネイル画像に見える「決済処理手数料無料」とリンク先にある「決済手数料」は別(有料)ですので、混乱しないようにしましょう。

【まとめ】「決済手数料」はしっかり確認しよう!

以上、これから決済代行サービスを検討しようという方にとっては「決済手数料無料」と「決済処理手数料無料」(トランザクションフィー無料)の違いは「え!?そうなの・・・?」というところもあったと思います。

処理=トランザクション(transaction)には手数料をちゃんと請求する決済代行会社も多いので、上に挙げた企業はそこの部分のコストダウンを努力してくれているわけですね。

でも検討するときにはそのあたりの違いの確認を忘れずに!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください