「なりすまし」対策でサイトの信頼度アップ!3Dセキュア対応の3社

クレジットの明細を見て驚く男性

更新日:2017年10月13日 | 公開日:2015年03月09日

3Dセキュアに対応しているクレジットカード
出典ZEUS

3Dセキュアに対応しているクレジットカードをご利用される場合は、クレジットカードに記載されている情報に加え、「自分しか知らないパスワード」を合わせて認証することになります。
そのため、クレジットカード情報の盗用による「なりすまし」などの不正利用を未然に防止することができます。

NTT DATA

「NTT DATA」の公式サイト
出典NTT DATA

OKIコンサルティングソリューションズ

日本でNo.1の導入実績を誇るActive Merchant Plug-In を組み込むことで従来、ネット上でのクレジット決済の際、利用者(カード会員)の本人確認作業などに要していた業務コストが削減できます。

クイックコレクションサービス(QCS)

【まとめ】「3Dセキュア」システムと従来型のシステムの確認

クレジットカードの最大の弱点ともいえる「カードを拾ったら使えてしまう」状態を解消してくれるのがこの「3Dセキュア」です。
この便利なイメージをもう一度使用シーンから確認して、安心を実感しておきましょう。

◆従来の決済方法
出典ZEUS
◆3Dセキュアを利用した【本人確認】+【フィッシング防止】
出典ZEUS

利用者は、この内容が正しければ、自分が登録した正規のクレジットカード会社からの認証であると判断できます。
逆にこれが表示されなかったり、違うものが表示された場合には【フィッシングサイトに誘導されている!】と判断することができるわけです。

ぜひ「3Dセキュア」を導入して安心感の高い決済サービス提供を検討しましょう!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ