決済方法の充実が店舗集客に影響する!知っておくべき【PayPal(ペイパル】を使った集客事例まとめ

店舗内にあるレジスター

更新日:2017年10月22日 | 公開日:2014年12月18日

店舗での決済方法として、クレジットカードが一般的となっています。
ですが、クレジットカードよりも導入時の手数料が低く抑えられ、ユーザーにとっても利用しやすいのがPayPalです。
このPayPalを利用して集客数や売り上げをアップできた事例も多いのです。
では、どのようにしてPayPalが集客や売り上げに貢献したのかという事例をいくつかご紹介します。

事例1.「分割払いを利用」

高価なモノを買う場合に一括払いにすると、ユーザーが支払いを負担を感じてしまいます。
しかし、PayPalはクレジットカードと同様に、10回や20回などの分割払いをすることができます。
これによって、ユーザーが1回あたりに返金する額を減らすことができるので、高価な品物でも積極的に購買に結び付けられるようになった様です。
加えて、毎月の請求もクレジットカード同様に、PayPalが代行してくれます。
この様にPayPalの特徴をユーザーと共有し、集客に成功した例があります。

事例2.「クレジットカードよりも手数料が安い」

PayPalの特徴として、クレジットカード決済導入に比べて費用が安いことがあげられます。
実際に支払う金額は、初期費用・月額料金・決済手数料のみです。
決済手数料も非常に低いため、店舗側もPayPalを利用するインセンティブが強く働きます。
また、ユーザーが利用する際、クレジットカードよりも手数料を抑えることができます。
このことを利用して、販売を拡大した例もあります。

事例3.「現金を持ち合わせていないユーザーにも販売が可能」

ユーザーが購入する際に十分な金額を持ち合わせていなくとも、事例1のように分割支払いを提案できます。
万が一、支払いが滞っても代わりにPayPalが店舗への支払いを行ってくれます。
ユーザーを選ぶ必要がなくなるため、積極的にユーザーへ商品アピールができるのです。
このようなPayPalの利便性を活用して、販売を大きく伸ばすことができた例もあります。

【まとめ】利点をユーザーと共有しよう

PayPalの導入は、店舗にとって非常にメリットが大きい決済方法だということがイメージできましたか?
従来のクレジットカード方式よりも、ずっと便利で安心といえますよね。
加えて、PayPalの利点をユーザーと共有すれば、集客に結びつけることができている例も多々あります。
PayPalの導入によって、機会損失をなくしましょう。
社内でPayPalによる集客の向上を積極的に考えてみてくださいね。

「PayPal導入をどのようにするか知りたい」とお考えの担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか。
ぜひ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください!
全国の決算代行業者からあなたに合った業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ