対応必須の「電子マネー決済」導入時に任せて安心なのはこの3社

電子マネー決済機器

更新日:2017年10月13日 | 公開日:2015年03月11日

急速に普及する電子マネー決済市場は約4兆円。利用件数、決済金額ともにプリペイド型の比率がもっとも高いです。
主な電子マネーはEdy(エディ)、Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)などがあり、EdyやSuicaが先行していましたが、イオンリテールやセブン&アイ・ホールディングスといった流通業も会員数や利用件数を伸ばしています。

ソフトバンク・ペイメント・サービス

テレコムペイメント

ソニーペイメントサービス

【まとめ】メリット沢山の電子マネー決済をあなたもぜひ

ネット決済でも存在感を増してきている電子マネー決済対応の決済代行会社をまとめました。

コンビニなどでも購入できる電子マネーは、クレジットカードを所有していないユーザーや若年層へ決済手段を提供することができるので、販路拡大の必須アイテムと言えるでしょう。
これまで代金回収が難しかった若年層へのデジタルコンテンツ小額決済も可能で、ユーザーは電子マネーを前払いして購入しますので回収不能のリスクもありません。
ユーザー側のメリットとしては、個人情報が一切不要ですので、とにかく安心して使えますね!

いいことずくめの「電子マネー決済」をぜひあなたのサイトの決済手段に加えましょう!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ