サイトの利便性を高める決済手段「銀行振込代行」の定評がある5社

「MONEY」と「BANK」の標識

更新日:2017年10月13日 | 公開日:2015年03月09日

インターネット通販の最初期から定番の入金方法の「銀行振り込み」です。
年間売上高は、「クレジットカード」が最も多く、1兆2976 億円(44.3%)。続いて「代金引換」4576 億円(15.6%)、「銀行振込・郵便為替」4488 億(15.3%)の順となっていますが、この方法でしか入金したくないというユーザーも多い、リアルの世界では定番中の定番の振込み方法ですね。

1.ASJペイメント

2.F-REGI(エフレジ)

3.インターネットペイメントサービス

4.クラウドペイメント

5.株式会社SPA

ユーザー毎、もしくはサイト毎に発行した口座番号とシステムを連動させる事により、どのユーザーが銀行振込みで支払いを行ったのか、一目で確認・管理できるようになります。

【まとめ】決済代行サービスを上手に使うべき!

ネットショップの決済サービスが進化し、ほとんどの入金処理およびその後の確認処理は自動化されました。
ところが、「銀行振り込み」はリアルの世界であまりにも定番であるため、そこだけインターネットによるデジタル管理が遅れていたという事情があります。
また、どれだけ決済システムが進んでもインターネットから「銀行振り込み」が選択肢として消えてしまう時代は(当分)こないでしょう。
ですので、ネットショップ運営者は「銀行振込み決済」「クレジット決済」「電子マネー決済」などすべての決済を同一画面で管理できるやりかたでショップ運営管理を省力化していくことが大事だといえます。

ぜひ「銀行振り込み代行」を含めた、使いやすく運営コストダウンに直結する決済代行サービスを見つけてください!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ