あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の評判と実態|機能・使い方を徹底調査!

更新日:2018年12月28日 | 公開日:2018年12月28日

国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスに対して贈られるASPICIoT・AIクラウドアワード2018「ASP・SaaS部門支援業務分野」にて、ベスト連携賞を受賞したDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)

管理者機能が充実したリーズナブルなオンラインストレージとして急成長しているDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)には、どんなサービスがあるのでしょうか。

今回は、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の評判と実態そして機能や使い方について徹底調査しました。

<総評> Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)はセキュリティを重視した製品

<総評> Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)はセキュリティを重視した製品

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は、社内または取引先とのファイル送受信とファイル共有を安全かつ快適に実現する、ユーザー数無制限で利用できるビジネス利用に最適なオンラインストレージです。大きな特徴として、企業が最も重要視する高度なセキュリティ対策が挙げられます。

SSLサーバー証明書による通信データの暗号化、ワンタイムパスワードやデバイス認証によるアクセス制御に加え、保存データの暗号化など、徹底したセキュリティ対策が多くの企業から高い評価を受けています。

また、このようなセキュリティ管理含め、ユーザーID管理、パスワード管理、ストレージ管理など、多くの業務を求められる管理者の負担を軽減させる機能が搭載されていることも特徴の一つです。セキュリティレベルの設定ができる管理コンソール機能によって、管理作業が効率化されています。

企業が求めるさまざまな機能を搭載しているDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)ですが、さらに特筆すべき点としてコストパフォーマンスの高さがあります。多くのオンラインストレージ各社が、初期費用を設定しユーザ従量課金であるのに対し、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は初期費用無料でユーザー数は無制限、月額定額制で利用できます。

ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるなど、ビジネスユースに特化したDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は多くの企業から支持されています。

他のオンラインストレージと比べてどうなのか

高いセキュリティ性、誰でも簡単にできる操作性、管理者の負担軽減など法人向けオンラインストレージとして優れた機能を持っています。月額定額制とリーズナブルな料金で提供されているDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)ですが、他のオンラインストレージと比べてどうなのでしょうか。

まずは、企業が評価するコストパフォーマンスの高さを知るために料金面から比べてみましょう。ビジネスユースに特化したBoxでは、月額1ユーザー1800円、使いやすいことから人気のDropboxは月額1ユーザー2000円、Microsoft社が提供するOneDriveは年間契約を基本とした月額1ユーザー1090円となっています。

1ユーザーごとに課金される他社のシステムに比べ、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)はユーザー数無制限で月額1万円のベーシックプラン、2TBの容量を利用できるビジネスプランは、月額9万円で利用できます。

ユーザー数が無制限であり、100名でも1000名でも月額料金が変わらないところがDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の大きな魅力と言えます。

この他にも、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)はセキュリティ面でも充実しています。国内3つの拠点に分散したデータセンターを置いている点、合計で83種類あるログ管理機能、ファイルやデータの暗号化などの国内企業のニーズを最優先に考えた万全なセキュリティ体制も、他社の追随を許さないポイントと言えます。

以上のことから、企業規模を問わずに気軽に導入できるサービスといえます。リーズナブルな料金設定、高度なセキュリティ性、管理機能などが、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の大きな強みとなります。

まとめ表
Direct Cloud Box
総評 Direct Cloud Boxは高セキュリティ、簡単操作、リーズナブルと3拍子揃ったオンラインストレージです。ASPICIoT・AIクラウドアワード2018「ASP・SaaS部門支援業務分野」にて、ベスト連携賞を受賞!
セキュリティ ★★★★★ 5点
サポート体制 ★★☆☆☆ 2点
料金 ★★★★★ 5点
使いやすさ ★★★★★ 5点
導入実績 ★★★★★ 5点
特徴 高セキュリティで高評価!保存データ、通信経路の暗号化はじめ情報流出を防ぐ高度なセキュリティを標準装備
Office365と連携!Word、ExcelなどOfficeファイルの管理、共有が可能に!
初心者でも簡単操作!直感的に操作ができるストレスのないインターフェースが人気!
メリット きめ細やかなファイル共有機能
豊富な管理者機能を搭載
月額定額制でリーズナブル
デメリット ストレージ容量が少ない・大人数向け・サポート体制に段階がある
プラン名 ベーシック・スタンダード・ビジネス・プレミアム
対応デバイス PC・タブレット
使用をおすすめする会社の特徴 安全にファイル共有・転送を行いたい
コストを最小限に抑えたい
企業名 株式会社ダイレクトクラウド
サービス開始日 2014年4月
導入実績 900社

1.「Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)」の3つのメリット

1.「Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)」の3つのメリット

前述のように、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)には、管理者機能、セキュリティ面など多くの魅力的な特徴があります。ここでは、大きく3つに分けてその特徴をご紹介します。

1-1. 管理者の負担が軽減される

法人向けのオンラインストレージを導入する際に、セキュリティ対策、ユーザーの管理、ファイル・データ管理など、管理者へ掛かる負担は大きいものとなります。

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は、難しい操作が苦手な方が使用した場合でも直観的に利用できるような設計であり、IT関連に詳しくない管理者でも簡単な操作が可能となっているようです。

また、複数の階層にフォルダを一括で作成することができる「フォルダ一括登録機能」が追加され、管理者の煩雑な業務が軽減されることを期待できます。さらに、管理画面から共有の下の階層フォルダからはフォルダの並び順を変えることもできます。

1-2. 高度なセキュリティ機能を搭載

法人にとって最も重要な資産は情報です。オンラインストレージを利用する上で、不正アクセスをはじめとする情報漏えいのリスクは絶対に避けなければいけないものですが、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)では、高度なセキュリティ機能を標準装備しています。

主なセキュリティ機能として、同時ログイン(同じアカウントでの二重ログイン)制限により、第三者からの不正ログインを防止、ログイン履歴の一覧表示、暗号化したデータをさらに保護する暗号キーの使用、パスワードの暗号化、デバイス認証、IPアドレス制限、ワンタイムパスワードの採用などあらゆる角度からのセキュリティ対策が施されています。

1-3. きめ細やかなファイル共有機能

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)では、簡単なファイル共有を可能にするために、ドラッグ&ドロップによるファイル操作を提供しています。ドラッグ&ドロップによって複数のファイル移動やアップロードを行えることで、効率化されたファイル共有が行えます。

また、専用のビューア機能を利用することで、モバイルから共有されたファイルのプレビューが可能です。共有されたファイルには、コメント付け、タグ付けが可能であり絞り込み検索によって、素早く必要なファイルを見つけることができます。

さらに、プレビュー、コメント、ダウンロードなど細かくアクセスレベルを設定することによって、セキュリティ上も安心できる共有機能が特徴です。

2. 「Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)」の2つのデメリット

2. 「Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)」の2つのデメリット

高度なセキュリティ、管理者の負担軽減、簡単な操作画面などDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)には多彩な機能があり、企業にとっては使いやすいオンラインストレージと言えます。

マイナスな面もありますが、どのような点をDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は苦手としているのでしょうか。大きく2つに分けてご紹介します。

2-1. ストレージ容量無制限のプランがない

全てのプランでユーザー数無制限で利用出来るDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)ですが、最上位のプレミアムプランでも使用できる容量は5TBと容量無制限のプランは設定されていません。これは、写真や動画など使用メモリの大きなファイルやデータを大量に保存、共有したい会社にとっては不利な点と言えます。

2-2. サポート体制にタイムラグがある

オンラインストレージ提供会社はさまざまですが、365日24時間体制でサポートを行っているプランを提供している会社は安心できます。ですが、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)では直接電話でのサポートは行っておらず、緊急の場合は対処が遅れてしまう可能性があります。

フォームからの問い合わせ後、発行された問い合わせ番号順に受付されますが、問い合わせに緊急度のレベルを設定しているため、業務へ深刻な影響が出る場合の対応は2時間以内に対応してくれます。それ以外の業務への影響が小規模な問い合わせは回答まで2営業日が必要となります。

3.Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)を使うべき人・会社

3.Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)を使うべき人・会社

ここまでDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の特徴とメリット・デメリットを紹介してきました。では、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は具体的にどのような人・会社に向いているオンラインストレージなのでしょうか。

3-1. 高度なセキュリティを求める人・会社

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の特徴の一つとして高度なセキュリティ対策が挙げられますが、特にDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)では、ファイル共有に対してのセキュリティ対策を重視しています。

不正アクセス監視サービス、通信の暗号化、保存データの暗号化、パスワードの流出を防ぐための設定、アクセス制限など豊富なセキュリティ対策が標準装備されています。また、データセンターは国内にあり、365日24時間体制で監視されています。企業にとって最も重要なセキュリティ対策が充実していることから、情報漏えい、不正アクセスなどを危惧する企業に最適なオンラインストレージと言えます。

3-2. 管理者の負担を軽減したい人・会社

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の最大の特徴は、管理者機能が充実していることです。管理者にとって大きな負担となるのは、ユーザーID管理、パスワード管理、ストレージ管理、セキュリティ対策などです。

これらの作業が軽減されるツールで誰でも簡単に操作できるActive Directoryを導入することで、管理者の作業が大幅に軽減されています。組織単位で制御の委任ができるこのツールに管理作業を任せることができるため、ITにあまり詳しくない管理担当者や、通常の業務に忙殺されている管理者の負担を大幅に軽減できます。

3-3. 多くの人とファイルやデータの共有を行いたい人・会社

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の魅力は、すべてのプランでユーザー数無制限の定額制で利用できるところにあります。

多くのオンラインストレージでは、ユーザー数に合わせた従量課金制を設定していますが、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は1ユーザー当たりの月額料金ではなく、何人利用しても料金が変わらない月額定額制を採用しています。

また、ゲスト招待機能もあるため多くの人とファイル共有やデータ転送をする人・会社には、とても有効なサービスと言えます。

4.Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)を使うべきでない人・会社

4.Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)を使うべきでない人・会社

セキュリティ対策、簡単な操作性、豊富な管理者機能とビジネスユースに特化して設計されたオンラインストレージであるDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)ですが、導入には不向きな人・会社もあります。どのような人・会社にはマッチしないのでしょうか。

4-1. 迅速で万全なサポートを受けたい人・会社

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)のサポートは、フォームでの受付、受付順にメール返信となっており、電話対応は不可となっています。サポートを受けたい内容にもよりますが、設定の手順や使い方などは緊急を要さない問い合わせと位置付けられているため、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)から届く返信は2営業日とされています。

さらに、業務への深刻な影響である問い合わせに関しても返信は2時間以内と、緊急事態の際の問い合わせに対してもある程度の時間を要します。これは、電話での迅速な対応を求めたい人・会社にとっては大きなマイナスとなります。

4-2. 少人数でオンラインストレージを利用したい人・会社

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の特徴でもある、ユーザー数無制限で利用できる月額定額制の料金設定は、少人数で利用する場合には割高になる可能性があります。

決まった人数や少人数で利用する場合は、1ユーザー当たりの料金設定がされている他のオンラインストレージを利用した方がコスト削減となる可能性が高くなります。このことから、少人数でオンラインストレージの利用を考えている人・会社には不向きと言えます。

5. 料金

5. 料金

前述のように、ユーザー数無制限、月額定額制のオンラインストレージDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)には、4タイプの料金プランがあり、プランによって使用できるストレージ容量が変わります。

5-1.ベーシックプラン

ストレージ容量は100GBで社内外のファイル送受信に最適なベーシックプランは、ユーザー数無制限、月額10,000円の定額制です。ワンタイムパスワード、ゲスト招待の機能は利用できませんが、最上位プランとほぼ変わらない高度なセキュリティ対策が施されています。

5-2.スタンダードプラン

最も人気のあるスタンダードプランは、ストレージ容量300GBでユーザー数は無制限、定額3万円で利用できます。多くの取引先とチーム単位でのファイル共有や編集に最適なプランで、無制限でゲストを招待できるゲスト招待機能やきめ細やかな共有フォルダへのアクセス権が設定できます。また、ワンタイムパスワード、タグ入力及び検索が可能となっています。

5-3.ビジネスプラン

ストレージ容量2TB、ユーザー数無制限で月額9万円と十分なストレージを使用できるビジネスプランは、管理者の業務負担を軽減する副管理者を設定可能で、管理者のログ監視機能が利用できます。また、社内全体でファイル共有環境を統一できるため社内LANであるNASのクラウド化が実現できます。

5-4.プレミアムプラン

既存システムをAPI連携させることにより業務の効率化が図れるプレミアムプランは、ストレージ容量5TB、ユーザー数無制限で月額18万円です。災害対策のためのバックアップも可能な十分なストレージ容量を使用できるこのプランは、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の最上位プランとなっています。

6. Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の評判・導入実績・効果

6. Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の評判・導入実績・効果

海外のオンラインストレージが台頭していく中、国内のデータセンターを使用した国産のオンラインストレージは、その安全性や操作性の高さから国内企業から注目を集めています。Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は、2015年にリリースされて以来、中小から大企業まで業種職種を問わず多くの企業に採用されているオンラインストレージです。

ここでは、どのような企業が導入しているのか、導入事例をご紹介します。

導入実績として最も多い業種が、情報通信事業(IT関連企業)で、ついで製造業、サービス業、学術研究、技術サービス業、建設業となっています。情報通信業では、顧客情報、契約書などの機密情報、請求書や納品書の受け渡しやバックアップといった安全かつ高速に転送できるファイル転送機能が評価されています。

製造業からは、機密性の高いデータの受け渡しやバックアップ、大量にあるカタログの電子化、カタログ、マニュアルの共同制作などNASのクラウド化による拠点間のファイル共有機能を評価されています。

またサービス業では、発売前の新商品情報、デザインデータ、動画の受け渡しやバックアップといったセキュアなファイル共有や移動中での隙間時間を有効活用する手段としてDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)を活用しています。

多くの企業が機密情報の受け渡し、バックアップ、ファイル共有にDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)を活用しています。このことから、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の高度なセキュリティ性、操作性の良さは高く評価されているようです。

実績として、伊藤忠ファッションシステム株式会社、アルケア株式会社、タクトシステム株式会社、一般社団法人テレコムサービス協会、医療法人平成会など多岐にわたる業種で導入されています。

7. まずはDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の無料体験を

7. まずはDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の無料体験を

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の4タイプのプランすべてで、無料体験が可能です。どのプランがビジネスにマッチしているのか確認するうえで、まずは30日間の無料体験をおすすめします。

7-1. 公式サイトを開く

Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)の公式サイトから利用料金をクリック。

7-2. 無料体験の申し込みをクリック

利用料金ページが表示されたら、好みの無料体験プランの「無料試用版のお申し込み」をクリック。

7-3. 必要事項の入力

「30日間無料トライアルのお申込み」ページが表示されたら必要事項を入力し、「無料トライアルを始める」をクリック。

7-4. メールを確認後、ログイン

申し込み後、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)から送られてくるメールにある会社IDと管理者アカウントを確認し、ログインします。PC、スマートデバイス、さまざまな機器からログイン可能です。

7-5. アプリケーションをダウンロード

ログイン後、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)のアプリケーションをダウンロードし、表示に従って設定し、無料体験をスタートします。

8. まとめ

8. まとめ

企業向けオンラインストレージDirect Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は、標準装備された高度なセキュリティ性とユーザー数無制限の定額制など、他のオンラインストレージにはないサービスであり、大小問わず多くの企業から高い評価を得ています。

また、国内産のオンラインストレージであることから、企業から出される機能に関する要望や法改正などにも柔軟に対応できる点も人気の理由の一つのようです。

オンラインストレージの多くは海外のものですが、Direct Cloud Box(ダイレクトクラウドボックス)は国産ならではの細やかな対応や日本人に合わせたUIなど、注目すべき点を多く持ち合わせているため、おすすめの法人向けオンラインストレージサービスといえます。

4タイプのなか、どのプランでも30日間の無料試用が可能なのでぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

“オンラインストレージ”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono