セキュリティに定評のあるオンラインストレージ5選|評判・機能などを徹底調査!

サイバーセキュリティのイメージ

更新日:2019年01月15日 | 公開日:2019年01月15日

セキュリティ面も整っており、ビジネス利用においても地位を確立した感のあるオンラインストレージ。

しかし、数多くあることはもちろん、機能性や特徴はそれぞれ違いがあり、どのオンラインストレージもセキュリティの充実度をアピールしているため、自社にあったものを選ぶことが難しくなっています。

そこで今回は、セキュリティに定評のあるオンラインストレージを厳選してピックアップしました。ビジネスでオンラインストレージの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

オンラインストレージとは

オンラインストレージとは

オンラインストレージとは、利用者にファイルを保管するためのストレージ(外部記憶装置)容量を貸し出すインターネット上のサービスです。

インターネットに接続する環境を用意すれば、ハードディスクと同じようにファイルの閲覧、コピー、変更、修正、保存、削除などが自由に行えます。また、ファイルの保存先としてはもちろん、バックアップ先として使用することが可能です。

サービスには有料と無料のものがあり、利用するにはサービスを提供する会社に登録することが必要となります。個人向け・法人向けなどの各種プランがあり、プランによって利用できるストレージ容量や人数・機能が決まってきます。

なお、オンラインストレージは、インターネット接続で利用できるクラウド上のディスクドライブのことを指すため、別名クラウドストレージとも呼ばれ、クラウドサービスの一環として位置付けられています。

セキュリティの重要性

セキュリティの重要性

どんな人や会社にとっても、データは資産であり財産です。ビジネスにおいては生命線と言えるかもしれません。

過去には、2011年に世界規模のハッカー集団のサイバー攻撃により、ソニーグループが7,700万件以上の顧客情報が漏えいし、被害は2兆円以上と報道されました。最近では、Facebookの5,000万人分のユーザー情報が流出していた可能性があることも明らかになりました。これらの事件から、オンラインストレージをビジネス利用する場合においても、セキュリティは最も重視するべき点と言えるます。

不正アクセス、ハッキング、ウイルス感染など、セキュリティリスクはインターネット利用の宿命といえますが、これ以外にもデータに関するセキュリティリスクはたくさん存在します。一例としては、人による情報漏えいのリスク、自然災害などが挙げられるでしょう。

セキュリティリスクを軽減させるには、さまざまなケースへの対策を行う必要があります。データの暗号化やアクセス制限、ログ管理など、ネットワーク関連の多くのセキュリティはもちろん、ミスしにくい操作性、災害なども想定したデータのバックアップ体制など、多岐にわたった対策を講じる必要があります。

セキュリティに定評のあるオンラインストレージ5選

それでは、セキュリティ面を重視して厳選した5つのオンラインストレージを紹介します。

1.OneDrive(ワンドライブ)

OneDrive トップページ

OneDriveの公式サイトはこちら

Microsoft Office365と連携しているOneDriveは、特にWindowsユーザーなら誰でも使いやすいオンラインストレージです。

特徴

Microsoft Office365と併用して利用するユーザーが多く、全世界で2億人以上の利用者がいると言われています。

Windows8.1、Windows10にあらかじめ組み込まれているため、Windows8.1以降のWindowsユーザはインストールする手間がなく、Microsoftアカウントでログインできます。エクスプローラーの中にあるフォルダにアクセスし、ファイルをドロップするだけと、操作性はいたってシンプル。新たに操作を覚える必要のない、操作性・利便性の高さが大きな特徴です。

また、他のWindowsユーザー、Macユーザーもアプリをインストールすれば、同じようにフォルダが作成され、同期可能。パスワードや2段階認証、有効期限など各種の共有設定機能や、ランサムウェアの検出と復旧、ファイルの復元などのセキュリティも充実している有料プランも用意しています。

料金プラン

無料で利用できる5GBまでのプランを含め、6つのプランが用意されています。

各プランの詳細
容量 料金
OneDrive 5GB 0円
OneDrive 50GB 50GB 月額249円
OneDrive for Business プラン1 1TB 年額6,480円
Office365 Solo 1TB 年額1万2,744円
OneDrive for Business プラン2 無制限 年額1万3,080円
Office365 Business Premium 1TB 年額1万6,320円

こんな人・会社におすすめ

前述のように、Microsoft社が提供し製品と連携しているオンラインサービスのため、Office365やWindowsを利用している人・会社にはおすすめです。

また、容量無制限のオンラインストレージを希望する方、スマートフォンなど様々なデバイスからファイルを共有したい方にもおすすめです。

2.Smooth File 6(スムースファイル)

Smooth File 6 トップページ

Smooth File 6の公式サイトはこちら

Smooth File 6は、海外も含めて、簡単で安全なファイル転送・ファイル共有・ユーザー間転送を実現したオンラインストレージです。

特徴

企業間・拠点間・海外でのセキュアな「大容量ファイル転送」と「ファイル共有」を実現するプロット社が提供する国産のサービスで、最後の「6」という数字はバージョンを表しています。

ソリューションの形態には、3つのタイプがあり、すべてユーザー数は無制限で、日本語、英語、中国語、韓国語の4ヵ国語対応(一部未対応)となっています。3タイプのうちのSmooth File 6がクラウド型になります。

セキュリティの高さには定評があり、SSL暗号化通信・ウイルスチェックをはじめ、ユーザーごと・グループごとでの柔軟で詳細な権限・制限設定機能、詳細なログ機能を搭載。ほかにも上長承認機能やファイル無害化機能など、最適なセキュリティ機能が網羅され、オプションで追加できる機能も充実しています。

料金プラン

容量別に8つのプランを用意しており、利用するには、初期費用5万4,000円(5GB、10GBプラン)、10万8,000円(それ以外のプラン)が必要となります。
月額費用に関しては、下記の表でまとめています。

各プランの詳細
容量 料金
5GBプラン 5GB 月額2万7,000円
10GBプラン 10GB 月額3万7,800円
50GBプラン 50GB 月額6万4,800円
150GBプラン 150GB 月額8万1,000円
250GBプラン 250GB 月額10万8,000円
500GBプラン 500GB 月額13万5,000円
1TBプラン 1TB 月額20万5,200円
2TBプラン 2TB 月額27万5,400円

こんな人・会社におすすめ

ユーザー数無制限、4ヵ国語対応なので、海外も含めて幅広い取引をする人・会社におすすめです。

大容量のファイルを安全に転送できる機能は、製造業や図面や画像を扱う建設業、画像/映像/音楽などを扱うクリエイティブ系の人・会社に高く評価されています。

3.Fleekdrive(フリークドライブ)

Fleekdrive トップページ

Fleekdriveの公式サイトはこちら

Fleekdrive(フリークドライブ)は、個人向けとは一線を画す、高セキュリティ性を持つ企業向けの国産オンラインストレージです。

特徴

ビジネスでの利用を前提に開発された、企業向け国産オンラインストレージで世界190ヵ国で利用されています。

インフラレベル、アプリケーションレベルにおいても、個人向けのオンラインストレージとは一線を画すセキュリティの高さが大きな特徴です。具体的には、ファイルの暗号化、ウイルスチェック、高度なIPアドレス制限、シャドーITのリスクを軽減するサブドメイン運用などのセキュリティ機能のほか、コピー&ペースト、印刷禁止などのPDFセキュリティ、国内2箇所のデータセンターで3つ以上のハードディスクに保管されるバックアップなどが施されています。

料金プラン

プランは、Team、Business、Enterpriseと3タイプを用意しています。

各プランの詳細
容量 料金
Team 100GB 月額500円
Business 2TB 月額1,500円
Enterprise 無制限 月額4,000円

こんな人・会社におすすめ

ファイル転送・共有機能に優れ、高セキュリティが特徴の国産オンラインストレージで、業種を問わず幅広い人・会社におすすめです。

実際に、190ヵ国で導入されており、リアルタイムかつ確実な同期を実現しています。

4.Box

Box トップページ

Boxの公式サイトはこちら

Boxは、容量無制限、使いやすいコラボツール、万全なセキュリティ対策を誇る世界最大シェア法人向けオンラインストレージです。

特徴

ファイル共有がしやすい、容量無制限、シンプルで使いやすいツールなど、多くの魅力的な特徴がありますが、最大の特徴は、やはり企業が最も重要視しているセキュリティ面の充実です。

豊富なアクセス制限機能、履歴を追うことができるログ監視機能など、管理者によるアクセス権限の設定は、グループ単位、ユーザー単位で簡単に設定可能。各ユーザーには所有者、編集、削除、リンクを取得、プレビュー、ダウンロード、アップロードと7種類の細かいアクセス制限を付与できます。

また、規制が極めて厳しい業界基準で作られたツールの提供や、9ヵ国のデータ保護要件への対応など、グローバルなコンプライアンス、プライバシー要件も満たしています。

料金プラン

4つの料金プランを用意しており、うち3つは容量無制限で利用できる内容となっています。

各プランの詳細
容量 料金
Starter 100GB 月額500円
Business 無制限 月額1,800円
Business Plus 無制限 月額3,000円
Enterprise 無制限 要問い合わせ

こんな人・会社におすすめ

高セキュリティを意識して設計されているため、セキュリティ面を最も重視する人・会社にはおすすめです。

また、700種類以上のモバイルアプリからデータを共有ができるので、さまざまなデバイスで使用したい方にも向いています。

5.セキュアSAMBA(セキュアサンバ)

セキュアSAMBA トップページ

セキュアSAMBAの公式サイトはこちら

セキュアSAMBAは、使いやすい操作性を兼ね備えており、豊富な導入実績を持つ純国産のオンラインストレージです。

特徴

Windowsのエクスプローラを採用しているため、とにかく操作が簡単で使いやすくなっています。ユーザーが導入にあたって、新しい操作を基本的に覚える必要がないことは大きな特徴です。

また、サポート体制も充実しており、導入前、申し込み段階、導入後の運用など、タイミングを問わず専任担当が、土日祝を除き、電話やメールでサポートを行っています。

加えて、プランをカスタマイズできることも特徴です。人数、容量、オプションなど自由にカスタマイズでき、自社にとって最適な形で無駄なく導入可能です。

料金プラン

料金プランは容量の応じて4つ用意しています。

各プランの詳細
容量 初期費用 月額費用
SMB-S20 20GB 1万円 5,000円
SMB-S100 100GB 1万円 1万5,000円
SMB-S500 500GB 3万円 3万5,000円
SMB-S1000 1TB 5万円 5万5,000円

こんな人・会社におすすめ

セキュリティ面はもちろん、サポート体制を重視する人や会社にはおすすめです。

導入前から導入後の運用においても万全の体制でサポートしてくれるので、トラブルが起きた時でも安心です。

まとめ

セキュリティは、オンラインストレージをビジネスで利用する上で、最重視すべき要素と言えるでしょう。オンラインストレージの選ぶ際は、機能面や価格はもちろんですが、トラブル対策としてセキュリティにも注目していただければと思います。

セキュリティレベルは、各オンラインストレージやプランによって異なります。もし、選定に迷われているのであればアイミツまでお問い合わせいただければと思います。

経験豊富なコンシェルジュが、あなたにとって最適なオンラインストレージの提供会社をご案内させていただきます。

その他のオンラインストレージに関する詳しい記事はこちら
  • {link:https://imitsu.jp/matome/online-storage/2930251386219776title:【2019年最新】オンラインストレージ13個を厳選比較|今1番おすすめのオンラインストレージはこれだ!}
コンシェルジュ
条件に合ったオンラインストレージ会社を紹介!