firestorage(ファイヤーストレージ)の評判と実態|15個のオンラインストレージを試したアイミツが徹底比較!

firestorage トップページ

更新日:2018年12月26日 | 公開日:2018年12月26日

オンラインストレージは、各サービスの生い立ちによって、ファイル転送サービス系と、ファイル保管サービス系の大きく2つに分けられます。今でこそオンラインストレージ全体が進化し、サービスそのものの大きな違いはなくなっていますが、Dropboxが前者の老舗にあたるとしたら、後者の老舗が純国産オンラインストレージであるfirestorage(ファイヤーストレージ)です。

まだクラウドやオンラインストレージという言葉自体が、今ほど認知されていない数年前、firestorage(ファイヤーストレージ)はメールで送れない大きなデータを送る転送サービスの代名詞のひとつでした。このfirestorage(ファイヤーストレージ)も発展を続け、現在は4つの個人向け会員プラン(未登録会員含む)と5つの法人向けプランを持っている総合的なオンラインストレージとなっています。それでは純国産サービスであるffirestorage(ファイヤーストレージ)を徹底調査してみましょう。

<総評> 「firestorage(ファイヤーストレージ)」は無料会員登録すると満足できる機能が利用

firestorage(ファイヤーストレージ)は、ファイル転送系から発展したということもあって、未登録の方でも、メール添付で送れないサイズのファイルをサイトのトップページから簡単な操作でアップできます。ただ、アップしたファイル名の変更やダウンロード先URLの再確認や削除、ダウンロードされた時刻の確認やパスワードの変更・確認などの細かい設定ができないため、特にビジネスユーザーには物足りなさが残っていました。
しかし、無料会員登録することでこれらの機能が利用できるだけでなく、転送・操作ミス時での対応も可能になり、そのうえ、ファイルグループやメールグループ、メールアップロードなどの便利な機能、firestorage(ファイヤーストレージ)の海外版、関連アプリのfiretoolsphotostrageが利用できるなど、ビジネスで活用できる充実した性能が装備されたのです。

この無料会員の上位プランとして、ライト会員(月間1,018円)、正会員(月間2,047円)という有料会員が続きます。アップロード容量が最大10GB(正会員)までアップし、ファイル転送やストレージ保存、関連アプリなどの機能もランクアップ。さらに、このほかに5プランがラインナップする法人会員があります。基本的に独自回線を使用し、ユーザー数制限なし、大容量保存、低価格、高セキュリティの法人会員も見逃せないものとなっています。

他のオンラインストレージと比べてどうなのか

firestorage(ファイヤーストレージ)は数多くあるオンラインストレージのなかで、データ転送の機能に特に秀でています。未登録でも最大1ファイル2GBのアップロード容量を持っているという点は有名ですが、転送に関するほかの機能は細部にいたるまで充実し、ビジネスニーズに幅広く対応する内容を備えています。

さらに有料会員になると、アップロード容量が最大10GBになることをはじめ、転送機能のみならず、ファイル保管としてのストレージ機能も充実しています。なかでも法人会員プランでは速度とセキュリティに優れ、国産サービスならではの専用回線使用や、TB単位の大容量、無制限のユーザー数など、その会社のメインサーバーとなりうるクォリティを誇ります。

1.「firestorage(ファイヤーストレージ)」の4つのメリット

firestorage(ファイヤーストレージ)のメリットは、大きく分けると3つとなります。まず無料会員に登録するとデータ転送機能をフルに利用でき、拡張機能が利用できること、さらに有料会員ではストレージ容量がアップします。それではfirestorage(ファイヤーストレージの3つのメリットについて詳しく述べていきましょう。

1-1. 無料会員でも操作性・利便性に優れたデータ転送機能を享受できる

firestorage(ファイヤーストレージ)の魅力は、なんといっても操作性・利便性に優れたデータ転送機能です。無登録でも容量・ファイル数無制限(ただしアップロード容量は1ファイル2GBまで、保存期間は最長7日)、送りたい相手へリンク先URLの通知や短縮URLの作成ができるほか、最近ではスクリーンショットを貼付けてアップできる機能、リンク先URLのQRコード発行といった機能が加わり、LINEとの連携を深めるなど、現在でも転送サービスとして人気を博しています。

ただ、アップしたファイル名の変更やダウンロード先URLの再確認や削除、ダウンロードされた時刻の確認やパスワードの変更・確認などの細かい設定が未登録ではできませんが、無料会員になることで、これらの機能が使用可能になります。

1-2. 無料会員でもビジネスニーズに対応する拡張機能が利用できる

無料会員登録することで、利用できる機能はさらに拡張され、ビジネスニーズにも応えるものとなります。転送・操作ミスへの対応が可能で、最長7日だった2GBのストレージ保存は、30日ごとのログインで事実上無期限となります。そのほかの機能として、ファイル管理がしやすくなるファイルグループや、一括転送に便利なメールグループ、メール添付でアップロードが可能となるメールアップロードなどがあります。

また、全文英語表記も可能で外国とのファイル交換がスムーズになるfirestorage(ファイヤーストレージ)海外版の利用や、アップロードやダウンロードのための機能拡張アプリfiretools、写真の管理・共有のためのアプリphotostorageが利用できるなど、ビジネスでも活用できる充実した性能が利用できるようになります。

1-3. 有料会員は大容量の転送とストレージ保存ができる

有料の正会員になると、1ファイルのアップロード容量が最大10GBとなり、ビッグサイズデータの転送が可能になります。また、ダウンロードスピードも高速化されるので、画像・映像やCADなどを大量に送受信する業務では、特に作業効率が大きな向上が期待できます。またストレージ保存の容量もアップして100GB、保存期間無期限となり、転送のみならずデータ保管の面からも十分な性能となっています。

1-4. 独自回線となる法人会員は、圧倒的な転送速度と高いセキュリティを誇る

firestorage(ファイヤーストレージ)の法人会員の大きな特徴は、会員単位での独自回線となることです。これによって圧倒的に高速のストレスフリー通信が可能になります。複数社共有プランもありますが、それでも快適な高速通信が確保されています。

また、独自回線は不正アクセスなどのセキュリティ面からも安全性の向上が期待でき、データの暗号化や24時間監視体制、バックアップなどほかの複数の対策とともに、高いセキュリティリスク管理が行なわれています。

2. 「firestorage(ファイヤーストレージ)」の2つのデメリット

月間800万人以上ものユーザーが利用し、特にデータ転送に強みを発揮しているfirestorage(ファイヤーストレージ)ですが、短所とも言えるべき点を2つに分けてご紹介します。

2-1. モバイル端末での使用があまり得意ではない

firestorage(ファイヤーストレージ)をスマホで利用していて、ダウンロードできない、ダウンロードファイルが開かないといった声が聞かれます。もともとffirestorage(ファイヤーストレージ)は、PCのブラウザによる利用を前提に作られたオンラインストレージのため、スマホやタブレットといったモバイル端末での利用はそれほど得意な領域ではありません。実際にその種の端末は、基本的にサポートの範囲外となっています。ただ、メールアップロードやLINEを使ったQRコード読取機能など、日々モバイル対応の改善が行なわれていて、今ではそういうトラブルもほとんど見受けなくなっています。

2-2. 無料会員が使えるストレージ容量が少ない

無料会員の使用できるストレージ容量が2GBと少ないことが、短所としてあげられます。しかも30日ごとにログインしないと削除されるという制約もあります。進化が速いオンラインストレージの世界では、無料でもっと大容量、かつ無期限で使えるサービスが続々登場しています。データ保管の方でも充実を見せているfirestorage(ファイヤーストレージ)ですが、この無料で利用可能なストレージ容量の少なさはマイナス要因と言わざるを得ません。

3.徹底調査でわかった「firestorage(ファイヤーストレージ)」を使うべき人・会社

無料会員でも充実したデータ転送機能が利用できるfirestorage(ファイヤーストレージ)ですが、どんな人・会社に向いているのでしょうか。

3-1. 外部とメールで送れない容量のデータのやり取りをひんぱんに行なう人・会社

複数の画像や図面など、メールでは送れない容量のデータを頻繁に外部と共有する必要がある人・会社は、firestorage(ファイヤーストレージ)の真骨頂であるデータ転送の機能がフルに活きてきます。たとえば発注主と制作会社と代理店、複数の製作会社同士、設計側と施工側など、プロジェクトの進捗中はひんぱんにデータのやり取りが行なわれます。そういう人・会社には無料会員での利用がおすすめです。

3-2. 大容量データの転送と保管を両方行いたい人・会社

大容量データのやり取りが多いうえ、そのデータも保管しておきたいという人・会社には正会員が向いています。firestorage(ファイヤーストレージ)の特徴であるデータ転送機能は最上位で、かつストレージ保存機能も100GBと大容量です。月額2,047円の正会員は、小中規模の企業、プロジェクトにおすすめといえます。

3-3. FTPサーバーの代わりを探している人・会社

業務拡張などにより、ユーザー数の増加や管理、メンテナンスやセキュリティなど、今までのFTPサーバーでは問題が出てきている人・会社には、規模の大小にかかわらず、大容量で専用の高速回線が使え、セキュリティ対策が施されている法人会員が向いています。現状のサーバーのブラッシュアップよりも大幅なコストダウンと効率化が可能です。

4.徹底調査でわかった「firestorage(ファイヤーストレージ)」を使うべきでない人

他のオンラインストレージと違い、オリジナリティの高いfirestorage(ファイヤーストレージ)は、その機能から使いいくいと感じる人・会社があります。では、どんな人・会社にはfirestorage(ファイヤーストレージ)が向いていないのでしょうか。

4-1. PCではなく、さまざまなモバイル端末からの利用が多い人・会社

firestorage(ファイヤーストレージ)は、PCブラウザでの利用を想定して始まったオンラインストレージです。モバイル機種ごとのパフォーマンスの差も見受けられ、その名残が完全に払拭されたわけではありません。そのため、スマホやタブレットからの利用ではが多い人・会社はあまり向いていないといえます。

4-2. データ転送や保管だけではなく、オンライン上での共同作業を行う人・会社

firestorage(ファイヤーストレージ)はデータ転送能力に加え、十分なストレージ機能を備えました。ただ、いくつかのほかのオンラインストレージに見られるような、いつでもどこでも多くのメンバーと共同作業するタイプの同期機能は充実していません。共同作業のような発展した形のオンラインストレージ利用を考えている人・会社にはあまり向いていません。

5. 「firestrage(ファイヤーストレージ)」の料金プラン

firestorage(ファイヤーストレージ)の料金プランには、4つの会員プランと5つの法人プランがあります。会員プランには未登録会員(無料)、無料会員(登録)、ライト会員(有料)、正会員(有料)となっています。
プラン1からプラン5まで分かれている法人プランは、全プランで大容量転送・大容量保存・登録ユーザー数無制限となっており、さらに法人向け専用の独自回線が採用され、高速なアップロード・ダウンロードが実現しています。また法人向けにしかない機能(独自サブドメインやロゴの挿入など)も装備され、セキュリティ対策は最高レベルです。
また、法人プランには英語表記対応や数種のバックアッププラン、既存アカウント管理システムといったオプションプランが用意されています。

5-1. 未登録会員(無料)

誰でも利用できるデータ転送サービスの定番firestorage(ファイヤーストレージ)ですが、登録せずに利用することが可能です。これが、未登録会員となります。アップロードは1ファイル2GBまで、保存期間が最長7日という制限があります。またストレージ保存ができませんが、リンク先URLの通知や短縮URLの作成や、新機能であるスクリーンショットやQRコード発行などの基本機能は無料会員とほぼ同じです。

5-2. 無料会員(要登録)

このプランは未登録会員の機能に加えて、さまざまな機能が拡張されたおすすめのプランです。登録するだけで会員となる上、メールに添付してモバイル端末からでもアップロードできるメールアップロード、ウェブサイトにアクセスしなくても、デスクトップのアイコンをクリックするだけで利用できるアプリfiretools、画像の共有・管理を簡単に行なえるアプリphotostrage、海外とのスムーズなデータの送受信が可能な海外版(無料会員と2種類の有料会員がある)などの機能が利用可能になります。

5-3. ライト会員

料金は月額1,018円、1ファイルのアップロード容量が5GBに増え、25GBのストレージ保存(無期限)、SSL(データ暗号化の一種)サポートによる強化されるセキュリティ、アップデートやダウンロード関連の操作性・効率性が向上する各種機能など、無料会員の機能に加えてさらに諸機能が利用できます。また、firetoolsやphotostrageの機能も拡張されます。firetoolsではフォルダごとのアップロードと自動ダウンロードができるようになり、photostrageではアップロード可能な枚数が2,000枚、可能な1ファイルのサイズが32MBにアップします。なお、メールサポートでは、10〜23時ならば原則1時間以内の回答という素早い対応が行なわれます。

5-4. 正会員

正会員の料金は月額2,047円です。ライト会員との違いは料金のほかに、ライト会員の各機能に加えて、ダウンロードスピードが高速になり、1ファイルのアップロード容量が最大10GBに、ストレージ保存(無期限)の容量も100GBと増大する点です。ただ、10GBのアップロードにはffirestorage(ファイヤーストレージ)のJS版アップグレードが必要です。これはFlash Player不要の仕組みとなっているため、モバイル端末に対応していますが、ブラウザはGoogle ChromeとFirefoxの最新版でのみ可能となっています。
なお、firetoolsやphotostrageの機能はライト会員に準じます。

5-5. 法人プラン1

容量は9TB、ユーザー数は無制限で、サーバーと回線(1Gbps)はともに専用です。契約タイプは月間で、初期費用(税抜)は100,000円、料金(税抜)は月額89,800円となります。

5-6. 法人プラン2

容量9TB、ユーザー数は無制限で、サーバーと回線(1Gbps)はともに専用です。契約タイプは年間で、初期費用(税抜)は100,000円、料金(税抜)は年間950,000円で、月間換算すると79,167円です。法人プラン1の年間契約プランとなり、月間プランに比べ12%割引となります。

5-7. 法人プラン3

容量9TB、ユーザー数は無制限で、サーバーは専用、回線は複数社共有でスピードは10Gbpsです。契約タイプは年間で、料金は初期費用もセットになったコミコミ100万円以内プラン・年間925,000円(税抜)で、月間換算すると77,083円です。

5-7. 法人プラン4

容量18TBとプラン最大容量。ユーザー数は無制限で、サーバーと回線(1Gbps)はともに専用です。初期費用(税抜)は150,000円、料金は年間1,400,000円で、月間換算すると116,667円です。

5-7. 法人プラン5

容量1TB、ユーザー数は100までで、サーバーと回線はともに複数社共有で、回線スピードは上り10Gbps、下り2Gbpsとなっています。契約タイプは月間で初期費用(税抜)は50,000円、料金(税抜)は49,800円です。

6. 「firestorage(ファイヤーストレージ)」の評判・導入実績・効果

firestorage(ファイヤーストレージ)のデメリットのひとつであるモバイル端末での使用についての評判を調べてみると「ダウンロードしたがうまく開けない」という声が多いようです。原因としてはスマホの種類やブラウザーのバージョン、ダウンロードすると拡張子が変わってしまうことなどが挙げられています。また、利用者の側も含めて別の原因もあるようです。

次にデータ転送サービスではなく、オンラインストレージとしての総合的な評判はどうでしょうか。そのために、法人会員での導入例と評判を紹介します。

「データ交換の容量も頻度も増えるにつれ、ファイル管理が難しくなり、社員がまちまち利用していたサービスを一本化。管理もできるようになり、自社ロゴの表示や独自サブドメインで、対外的な信用度が高くなりました」(WEBサイト制作)

「ファイル自体は大容量ではないのですが、不特定多数の人から安全にファイルを受け取れる仕組みが必要だったので導入しました。シンプルな操作性が決め手です。よいサポートのおかげで新業務をスムーズにスタートできました」(保険業)

「自社のFTPサーバーから変更しました。サーバー管理の手間とコストを大幅に削減することができ、処理速度などでもストレスを感じることがなくなりました」(ゲームソフト制作)

「社外と大容量コンテンツをデータ交換する際、複数のサービスではIDが増え情報漏洩の危険も増加するので、ひとつのIDで複数サービスにログインできる仕組みを導入。セキュアなデータ授受の環境作りを実現できました」(広告制作)


など、良い評判も多くあります。firestorage(ファイヤーストレージ)の場合は、その機能をよく理解した上での利用が良い結果を生むのではないでしょうか。

7. まずは「firestorage(ファイヤーストレージ)」の無料体験を!

firestorage(ファイヤーストレージ)のデータ転送は未登録でも使用可能なサービスです。その未登録会員で行なう最も基本的な操作方法と、続けて無料会員の登録方法を紹介しましょう。

7-1. firestorage(ファイヤーストレージ)のトップページにアクセス

まずは{link:http://firestorage.jp/title:firestorage }(http://firestorage.jp/)のトップページにアクセスし、「ファイルをアップロード」にチェックを入れます。

7-2. ファイルアップロードと保存期間を選択

アップロードボタンが表示されたら「ファイルをここでアップロード」を選択します。firestorage(ファイヤーストレージ)は、Flashを使用しているためバージョンが古い場合はアップデートが必要になります。
次に、保存期間を選択します。最大で7日間となっています。もしそれ以上保存する場合はストレージ保存してください。ストレージ保存は1ヶ月間ログインがないと削除されますが、ログインがあれば無期限でファイルを保存する事が可能です。そして必要に応じてそのデータを公開し、ダウンロードURLを発行します。

7-3. アップロードするファイルを選択

アップロードするファイルをここにドラッグ&ドロップするか、もしくはアップロードボタンをクリックします。同時に20ファイルのアップロードが可能です。アップロードボタンをクリックする前に「さらに高度な機能を使う」にチェックを入れると、複数ファイルをひとつのURLにまとめたり、パスワードの設定、コメントの挿入、アップロード終了時の効果音設定などの機能が利用できます。

7-4. ダウンロードURLが発行される

アップロードが完了すると、ダウンロードURLが発行されます。このURLを相手先にメールなどで知らせて完了です。

7-5. 無料会員登録の方法

ここから無料会員の登録方法です。トップページ(https://firews.com/jp/)にアクセスし、上部の「無料会員登録」または中央の「会員登録をする」をクリックします。

7-6. メールアドレスを入力

無料会員登録画面が表示されたら、登録したい「メールアドレス」を入力し、「規約及び個人情報の取り扱いについて」 同意するにチェックを入れ「無料登録する」をクリック。

7-7. 認証メールの確認

「送信完了」の画面が表示されます。ログイン先のURLと、ログインの際に利用するユーザーID、パスワードが書かれた認証メールが、登録したメールアドレスに受信されますので、内容をチェックし、そのURLにログインして登録完了です。

8. まとめ

国産のデータ転送系サービスの老舗として、1ヶ月に800万人が利用しているfirestorage(ファイヤーストレージ)。その特筆すべき特徴は充実したデータ転送機能が無料会員になることで誰でも利用できてしまうコストパフォーマンスの高さです。さらに有料会員になるとデータ保管の面でも満足できる機能が備わり、それに加えて専用回線による高速通信が目を引く法人会員までラインナップしているという、注目すべき総合的なオンラインストレージといえます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ