低単価で高品質?今、オフショア開発をするのならベトナムがアツい!オフショア開発ならここにまかせろ

交通渋滞

更新日:2017年09月27日 | 公開日:2015年09月07日

ソフトウェアやアプリを開発する際に、オフショア開発を利用するメリットは大きいです。
人件費はもちろん開発費や光熱費など、日本国内の単価とは比べ物になりません。
あなたがコストを抑えて開発事業をしたいのならば、抑えておくべき項目ですよ。

◆ベトソフトウェア

◆ANS

◆アレクシード

◆エボラブルアジア

◆フランジアジャパン

◆まとめ

いかがでしたでしょうか。
ベトナム拠点でのオフショア開発のメリットがあなたに多く伝わりましたよね。
ハッキリ言って国内で開発するのと変わらないレベルの品質を、低コストで実現が可能になります。
システムやアプリを開発するのには、膨大な時間とお金がかかります。
あなたにとっても失敗ができない事業です。
でしたら、オフショア開発を利用して少しでもリスクを軽減させるように心がけてください。
オフショア開発は、リスク軽減の一つの手段ですよ。
あなたが心配しているような言葉の問題が、まったく無いと言えば嘘になります。
しかし、日本人が在籍していたり、日本語が使えるのが当たり前の企業をここで紹介してあります。
あなたの心配は最小限です。
大幅なコストカットを望むのであれば、是非前向きに検討していきましょう。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください