劇的なコスト削減!インドでのオフショア開発をするなら、あなたが頼るべき企業はここ!

王宮

更新日:2017年09月27日 | 公開日:2015年09月07日

人件費や開発費を減らすことを考えると、国内での努力には限界があります。
そこでオフショア開発です。
発展途上国を上手に利用することで、大幅なコスト削減をすることができます。
ただし、オフショア開発には様々な問題点がつきものですよね。
問題点をクリアにし、労働単価を下げるために、あなたが利用するべき企業の紹介です。
上手に利用してください。

◆Nihon technology

◆アプリープランニング

◆アクティシステム

◆日印ソフトウェア

◆日本ネスト

◆まとめ

オフショア開発という視点で見れば、インドはとても身近な国です。
技術力が高いこと、そして日本への受け入れ態勢がしっかりしていること、の2つは非常に心強いですよね。
現にインドでのオフショア開発で成功した例はいくつもあります。
技術力が伴っていて、労働単価が安いのですから、日本国内で開発するよりも余程成功のビジョンが見えやすいですよね。
さて、今回ここで紹介した中でも、とくにあなたにお勧めしたいのは、日印ソフトウェアです。
長年の実績もさることながら、完全に日本語だけで事足りてしまう点は見逃せません。
まずは、あなたの要望を日印ソフトウェアに伝えてみてください。必ず相談に乗ってくれますよ。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ